マクロビオティック羅針盤…理論から実践法まで徹底ガイドするマクロビオティック独学支援サイト
Loading
マクロビオティック料理レシピ
王道の麻婆豆腐 マクロビオティック料理

王道の麻婆豆腐

「醤油、みりん、味噌」という、どこの家庭でも用意しやすい調味料を使って作る麻婆豆腐! ちゃんと王道の味です。美味しくて、作った私がびっくり。「長ねぎ+生姜+にんにく」の三点セットが風味の決め手です。 唐辛子(鷹の爪)でピリッとした辛さを出します。長ねぎを蒸し煮して、甘みを引き出すのもポイント。
(調理時間30分)
材料(三人分)
※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。
・木綿豆腐…1丁(400g)
・長ねぎ…2本
・生姜…大ひとかけ
・にんにく…ひとかけ
・(好みで)鷹の爪(国産)…1つ
ごま油…大さじ1

【調味料】
-野菜コンソメスープ…150ml
(水に、顆粒野菜コンソメを溶かす)
-みりん…大さじ3
-醤油…大さじ2
-味噌…大さじ1/2強
-水溶き葛粉…水:葛粉が各大さじ2
(なければ片栗粉)

作り方
  1. 長ねぎ、生姜、にんにく、鷹の爪はみじん切りにする。醤油、みりん、味噌はあらかじめ混ぜ合わせておく。
  2. フライパンにごま油をひいて熱し、生姜、にんにく、鷹の爪を軽く炒める。次に長ねぎを入れ、全体を炒め合わせたら火を弱めてフタをし、5分蒸し煮する。
  3. 野菜コンソメスープと、混ぜ合わせておいた醤油、みりん、味噌をフライパンに入れて火を強め、ヘラで混ぜ合わせる。
  4. スープがふつふつと煮立ったらサイの目切りにした豆腐を入れてさらに2分煮立たせる。最後に水溶き葛粉を回し入れ、再び40秒ほど煮立たせてとろみがつけば完成。
(2010.03.12)
ワンポイントメモ
・鷹の爪は、小さくてもけっこう辛いので、入れすぎに注意してください。一つで十分です。(入れなくても美味しいです)

・みりんは、食べやすい甘めの味が好きなら大さじ3、もう少しあっさりした味が好きなら大さじ2にします。私は大さじ3入れています。

・生姜と長ねぎは多めが美味しいです。

・刻んだしめじを具に加えると、また違った味わいが楽しめます。(長ねぎと一緒に蒸し煮します)
しめじ入り麻婆豆腐
↑しめじ入り麻婆豆腐。作ったときのエピソードは日記『母のリクエストに応えて「しめじ麻婆豆腐」』参照

・過程3では、フライパンに水を150ml注ぎ、そこに顆粒野菜コンソメを1/2袋振りかけて混ぜることを以て「野菜コンソメスープを入れる」という表現にしました。
【関連レシピ】
カレー味噌麻婆豆腐
和風根菜マーボー豆腐

【関連日記】
麻婆豆腐を身近な調味料で作る(2010.03.12)
このレシピを印刷する
  |  マクロビオティック羅針盤HOME  |  マクロビオティックQ&A  |  マクロビオティックコラム  |  マクロビオティック卒業後コラム  |  
  |  マクロビオティック本の紹介  |  食養療法の紹介  |  マクロビオティック料理レシピ  |  マクロビオティック食材・コスメ  |  運営者ブログ  |