マクロビオティック料理レシピ

炒り豆腐 マクロビオティック料理

炒り豆腐

ふんわりとした豆腐に、じんわり優しい味の煮汁がしみています。にんじんと小松菜入りで栄養も満点。干し椎茸の旨味もきいています。豆腐って、うっかり賞味期限を逃してしまいがちの食材ですから、この炒り豆腐でドンと使って美味しく食べてください。
材料(4人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・木綿豆腐…400g
干し椎茸…3~4枚
・にんじん…160g(1本)
・小松菜…1束
ごま油…小さじ1

【煮汁】
-昆布だし汁…200ml
-…大さじ2
-みりん…大さじ2.5
-醤油…大さじ2
-…小さじ1/2
作り方
  1. 豆腐はキッチンタオルにくるみ、上から重しをのせて10分ほど置いて水切りをする。小松菜は下ゆでして冷水にさらしてから水気をよく絞り、1㎝幅に切っておく。にんじんは細切り。干し椎茸は水に戻して薄切り。
  2. 鍋にごま油を温め、にんじんと干し椎茸を炒める。全体に油が回ればだし汁と酒を注ぎ、煮立ったら火を弱めてフタをし、にんじんが柔らかくなるまで10分ほど煮る。
  3. にんじんが柔らかくなれば残りの調味料と小松菜を入れ、ざっくり混ぜて、汁気が少なくなるまで煮る。
  4. 炒り豆腐
  5. 水切りした豆腐を大まかに崩しながら入れ、煮汁を含ませるように大きく混ぜながら5分ほど煮る。
  6. 味がなじむまで少しおいて完成。
(2009.2.25)
ワンポイントメモ
・最初に、だし汁と酒だけでにんじんをしっかりと煮るのがコツです。にんじんがボリボリしていると食べにくいですから。
このレシピを印刷する