マクロビオティック料理レシピ

油抜きインスタントラーメン マクロビオティック料理

油抜きインスタントラーメン

油揚げ麺を使用したインスタントラーメンは、胃腸の強くない人(私がその一人)がそのまま作って食べると胃もたれの原因になったりします。

そこで、麺だけを一度熱湯で煮て、油抜きをしてからラーメンに仕立てます。胃に優しい、さっぱりしたラーメンのできあがり! 野菜を増やせば栄養もアップ。
(調理時間12分)
材料(一人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

創健社の醤油らーめん…1袋
・スープ用の湯…500ml(創健社の醤油らーめんの場合)

【具】
・ゆでた小松菜やわかめなど適量
作り方
  1. 鍋に湯を沸かし(分量外)、麺だけを規定の分数ゆでる。(創健社の醤油らーめんの場合3分)
    油抜きインスタントラーメン
    ↑麺だけをゆでているところ
  2. 麺をゆでている間に、別鍋でスープを作る。小鍋に、スープに必要な規定量の湯(創健社の醤油らーめんの場合500ml)をわかし、 添付のスープを入れて溶かす。好みでゆでた小松菜やわかめなどの具を加えて温める。
    油抜きインスタントラーメン
    ↑スープに野菜を加えて一煮立ちさせているところ
  3. 麺を規定分数だけゆでればザルにあけて湯切りし、どんぶりによそう。
    油抜きインスタントラーメン
    ↑ゆであがった麺は湯切りして……。

    油抜きインスタントラーメン
    ↑どんぶりへ。
  4. 上から、別鍋で作ったスープをかけ、完成。
    油抜きインスタントラーメン
ワンポイントメモ
・インスタントラーメンは、国産小麦使用で化学調味料無添加のものをなるべく選びましょう。

・最後、黒胡椒を振るとより美味しくなります。

・「麺の油抜き」(麺だけを一度ゆでる)をするようになってから本当に胃もたれしなくなり、安心してインスタントラーメンを食べられるようになりました。 油っこいのが苦手な方に特におすすめの技です。

【応用例】
なめこわかめラーメン
なめこわかめラーメン
↑スープに、湯通ししたなめことわかめ、長ねぎを加えます。なめこのぬめりとボリボリした食感が良いです。湯通しなめこを入れる際は、水を規定量より50mlほど減らしてスープを作ると味が薄まりません。

ねぎわかめラーメン
ねぎわかめラーメン
↑乾燥わかめと刻み長ねぎでシンプルに食べるのも、ラーメン本来の味が楽しめておすすめ。

(2010.2.7)
【関連コラム】
ジュース、カップ麺の代替食研究
マクロビオティック実践記より)
マクロビオティック開始から一年一ヶ月後の記録です。カップ麺の 代替品を探して、自然派のインスタント麺に行き着きました。

【関連日記】
豆乳カレーラーメンと夜中のマイケルジャクソン
豆乳カレーラーメン(創健社のインスタントラーメン)もしっかり油抜きして食べました。
このレシピを印刷する