マクロビオティック料理レシピ

小豆入り玄米ご飯 マクロビオティック料理

小豆入り玄米ご飯(圧力鍋:スーパー活力なべ使用)食養療法対応

小豆は脂肪分も少なく、小粒で陽性なので、常用するのに適しています。そんな小豆を、日々食べる玄米に混ぜて炊けば、別に煮る手間もなくとても楽! 豆の香ばしさが加わって、玄米も美味しくなります。 
材料(3合分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

玄米…3合
有機小豆…大さじ3
…小さじ1/2
昆布…1枚
・水…玄米3合の規定量(スーパー活力なべの場合、一晩浸水の玄米で720cc。48時間浸水で630cc)
作り方
  1. 玄米は一晩から48時間浸水しておく。浸水が終わったらザルに上げて水を切り、鍋に入れる。
  2. 規定量の水を入れ、小豆、塩、昆布を加えて炊く。(スーパー活力なべの場合は、オモリを高圧にセットして強火にかけ、揺れ始めればオモリが揺れ続ける程度に弱火にし、15分加圧)
ワンポイントメモ
・小豆は、玄米1合につき大さじ1杯加えるのが標準的です。

・小豆を加えても、水を増やす必要はありません。

・【参考】玄米の炊き方(スーパー活力なべ使用)はこちらで解説しています。(マクロビオティックQ&A実践編内)
このレシピを印刷する