マクロビオティック料理レシピ

「 粉もの・点心 」一覧

生姜お好み焼き

生姜お好み焼き

生姜お好み焼きのレシピ。卵不使用。生姜のピリッとした辛さが効いた、生姜メインのお好み焼き。具にニラを必ず入れるのが、美味しさのポイント。

そば粉としそのお好み焼き

そば粉としそのお好み焼き食養療法対応

そば粉、長芋、水を混ぜて作った生地に具を入れて焼きます。トロッとしていて美味しい! そば粉特有のぬめりも生きています。具にしそを入れると爽やかでいいですよ! そば粉のお好み焼きの場合、生姜は入れない方が良い感じがします。

そば粉のおやき(そばパン)

そば粉のおやき(そばパン)食養療法対応

桜沢如一著『新食養療法』の第一期食(マクロビオティックを開始してすぐの食事)として掲載されている、主食と副菜を兼ねた優秀な一品。むっちり、どっちりとしただんごパンです。けっこうお腹にたまりますよ。

そばがき

そばがき食養療法対応

桜沢如一著『新食養療法』にも、第一期食(マクロビオティックを開始してすぐの食事)として掲載されている一品。そばがきに塩をふり、長ネギと大根おろしを5グラムほど添えて食べるだけで、他に副菜もつけず一食として良いのだそうです。桜沢氏からの信頼も厚い、日本の伝統的な食べ物です。そば粉さえあれば簡単に作れるので、ぜひお試しください!

キャベツたっぷり野菜お好み焼き

キャベツたっぷり野菜お好み焼き食養療法対応

薄力粉、だし汁、野菜だけで作ります。玄米餅を入れるとボリュームも満点。ごま油を使うことがポイント。香ばしさが断然違います。とろとろでとても美味しい! 醤油をつけていただきます。

スープ餃子

スープ餃子

餃子が半端に余ったときには、スープ餃子にしてみてください。焼き餃子とはまた違うツルンとした食感が楽しめます。

油揚げとニラのジューシー餃子

油揚げとニラのジューシー餃子

香ばしさとコクを兼ね備えたマクロビオティック定番アイテム「油揚げ」を、餃子に詰めてみました。火を通してもボリュームが減りませんし、扱いも楽。調味料をよく吸ってジューシー。とっても美味しいですよ!

餃子の皮の作り方

餃子の皮の作り方

餃子の皮は手作りがやっぱり一番美味しいです。むっちりしていていくら食べても飽きません! 焼き餃子、水餃子、薄くすればワンタンにも使えます。

長芋のとろとろアツアツお好み焼き

長芋のとろとろアツアツお好み焼き

長芋が大量に入っているにも関わらず、絶妙なところでぎりぎり固まっている不思議なとろとろのお好み焼きです。しょうがとキャベツをたっぷり入れるのがポイント。醤油でさっぱりといただきます!

モロヘイヤ味噌おやき

モロヘイヤ味噌おやき

皮から手作り。ナスも大根もとろとろで、味噌の香りも良く、とても美味しい! モロヘイヤのぬるぬるが具にまとまりをもたらしていて、予期せずして良い感じ。