マクロビオティック羅針盤…理論から実践法まで徹底ガイドするマクロビオティック独学支援サイト
Loading
マクロビオティック料理レシピ
甘い野菜のスープ マクロビオティック料理

甘い野菜のスープ(お茶)食養療法対応

久司道夫氏の定番レシピとも言える、薬として飲むスープ(お茶)です。塩味のない野菜ブイヨンという感じの薄甘い味です。飲み物として飲みます。アトピー性皮膚炎や糖尿病、低血糖、癌やエイズに効くとされています。一日か二日に一度、小さなカップに一杯飲みます。
材料(1200〜1600cc分)
※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。
・キャベツ…100g
・ニンジン…100g
・玉ネギ…100g
・カボチャ…100g
・水…1200〜1600ml
(全材料の3〜4倍量)
作り方
  1. 材料の野菜をなるべく細かいみじん切りにする(3mm角くらい)
  2. 甘い野菜スープの材料切ったところ-マクロビオティック料理
    ↑材料をみじん切りにするだけで30分ほどかかります。

  3. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら野菜を入れる。3分間、フタをしないで沸騰させる。
  4. 甘い野菜スープの材料沸騰したところ-マクロビオティック料理
    ↑アクが出てきますので取ってしまいましょう。

  5. フタをし、とろ火にして、20分から30分煮る。
  6. 甘い野菜スープ完成-マクロビオティック料理
    ↑できあがったスープをザルなどで漉して、汁だけ飲みます。

ワンポイントメモ
・材料の野菜は同量で、水は野菜の3〜4倍量です。今回は野菜が100gずつ、水は1600ml使いました。

・汁だけ飲むのは、お茶のような感覚だからだと思います。お茶もエキスだけ煮出して、茶殻は捨てますものね。でもこのスープに使うのは茶葉ではなく野菜なので、具ももちろん食べられます。飲み物ではなく、汁物としてのスープにするなら、具も一緒に食べてかまわないと思います。 私は、写真撮影のときはスープだけにしましたが、あとは具も一緒に食べてしまいました。

・冷蔵庫で二日間保存可能ですが、飲むときは室温に戻すか温め直すかしてください。

・塩胡椒で味をととのえると野菜のコンソメスープのようになって美味しいですよ。

・甘い野菜スープ250mlに味噌を適量溶いて、玄米ご飯200gを入れて鍋で軽く煮ると、美味しい味噌おじやになります。
甘い野菜スープを使った味噌おじや-マクロビオティック料理
(参考:久司道夫著『マクロビオティック健康法』p.200
久司道夫著『THEマクロビオティック』p.508)
このレシピを印刷する