マクロビオティック羅針盤…理論から実践法まで徹底ガイドするマクロビオティック独学支援サイト
Loading
マクロビオティック料理レシピ
かぼちゃだんご マクロビオティック料理レシピ

もちもちかぼちゃだんご

かぼちゃ、片栗粉、塩というシンプルな材料で作る、とても美味しいおやつです。焼きたてを食べるとむっちりもちもちで最高です! 皮ごと使うから栄養もばっちり。子どもの頃から慣れ親しんだ、ふるさと北海道の味です。
(所要時間60分)
材料(15個分)
※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。
・かぼちゃ…中1個
(今回使用したのは種を除いて960g)
・片栗粉…かぼちゃの重さの2割量
(今回は960×0.2=192g)
(計算方法→かぼちゃのグラム数×0.2)
…小さじ1/5(1g)
紅花油(匂いの少ない油)…大さじ1
作り方
  1. かぼちゃを大きめに切り、蒸し器で柔らかくなるまで蒸す。
  2. 蒸したかぼちゃを大きめのボウルか鍋に移し、塩を振ってポテトマッシャー(なければすりこぎ)でなめらかになるまでつぶす。
    かぼちゃだんご マクロビオティック料理レシピ
  3. かぼちゃと塩がよく混ざり、なめらかになったら、かぼちゃが熱いうちに片栗粉を加えて引き続きマッシャーでこねるように混ぜ合わせていく。
    かぼちゃだんご マクロビオティック料理レシピ
    ↑片栗粉を入れたばかりの頃は白っぽい。

    かぼちゃだんご マクロビオティック料理レシピ
    ↑完全に粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  4. かぼちゃと片栗粉がよく混ざって粘りが出たら、直径6p、厚み2pほどに成形する。フライパンを熱して油をひき、中弱火で片面を五分焼いて焼き目をつけたら、ひっくり返して水を大さじ2ほど加えて少し火を弱め、さらに六分蒸し焼きして完成。(焼くときはフタをする)
    かぼちゃだんご マクロビオティック料理レシピ
ワンポイントメモ
・かぼちゃが熱いうちに片栗粉とよく混ぜ合わせるのがコツです。

・焼くときの油はごま油でも構いませんが、匂いの少ない油の方がかぼちゃの香りが生きて美味しくなります。

・砂糖醤油をつけて食べるのがスタンダードです。

・たくさん作ったときは、成形したかぼちゃだんご(焼く前の段階)を一つずつラップにくるんで冷凍保存すると良いです。解凍方法は以下の通り。

【かぼちゃだんごの解凍方法】
1.フライパンに油を熱して凍ったかぼちゃだんごを並べ、フタをして中弱火で10分焼いて焦げ目をつける。
2・ひっくり返して、フライパンに水を大さじ2杯ほど入れ、弱火にしてフタをし、20分ほど蒸し焼きにする。
★水を入れて蒸し焼きにするのがポイント。もちもち感が蘇ります。

【関連日記(ブログ)】
クリスマスにかぼちゃだんごin2011
(2009.9.18)
このレシピを印刷する