マクロビオティック料理レシピ

石狩ちゃんこ鍋 マクロビオティック料理

石狩ちゃんこ鍋

生鮭が入ってボリューム満点。昆布だしと野菜コンソメスープであっさりといくらでも食べられる美味しさ。取り分ける器にすり胡麻をたっぷり入れるとコクが増します。

材料(二人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・生鮭切り身…二枚
・はくさい…1/4株
・糸こんにゃく…400g
・にんじん…1/2本
・大根…6㎝
・長ねぎ…2本
・えのきだけ…小2袋
・ごぼう…1本
・もやし…1袋
・もち…2個
・うどん…1玉
●すり胡麻

【スープの材料】
-水…2L
-だし昆布…4枚
-顆粒野菜コンソメ…7本(各商品の規定量に従う)
-…100cc
-醤油…大さじ3.5
-しょうが…2かけ
-にんにく(薄切り)…大1かけ
-おろしにんにく…大1かけ分
-…少々
作り方
  1. 鍋に張った水にだし昆布を入れて一晩おいたあと、弱火で30分火にかけてから昆布を取り出す。
  2. 顆粒野菜コンソメを入れ、しょうがとにんにくの薄切り、おろしにんにく、その他調味料を加えて煮立たせる。
  3. 魚や食べやすい大きさに切った野菜をスープに入れ、火が通るまで煮たら器に取って食べる。
ワンポイントメモ
・器にすり胡麻を入れておき、そこにスープを入れて混ぜたあと、具をひたして食べると美味しいです。

・最後、余ったスープにご飯やうどんを入れて食べても楽しいです。

・マクロビオティック的に気になるようでしたら、鮭は入れなくても大丈夫です。

・顆粒野菜コンソメは、2Lのスープを作るために必要とされる規定量を入れてください。今回のこのレシピで使用したムソー 洋風スープの素 野菜のおかげの場合は7本になります。
このレシピを印刷する