マクロビオティック料理レシピ

たたききゅうりの梅味噌納豆のせ マクロビオティック料理

たたききゅうりの梅味噌納豆のせ

板ずりしたきゅうりはパリッと歯ごたえがよく、浅漬けのようなほどよい塩加減。梅味噌納豆が爽やかです。
材料(二人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・きゅうり…4本
…(板ずり用)適量

【梅味噌納豆の材料】
-味噌…大さじ1/2
-粗糖…大さじ1/2
-納豆…2パック
-梅干し…1粒(種を抜いて10~12g)
-みょうが…1個
-青じそ…5枚
作り方
  1. きゅうりを板ずりし、表面の塩を流水でよく洗い流したら、すりこぎで叩いてひびを入れる(叩くことでやわらかく食べやすくなり、味なじみも良くなります)。適度な大きさに切り、皿に盛っておく。
  2. 納豆、梅、調味料を容器にすべて入れよくかき混ぜたら、みょうが、青じその千切りを入れてさらに混ぜる。
  3. きゅうりの上に梅味噌納豆をのせてできあがり。
ワンポイントメモ
・板ずりの方法……きゅうり一本につき小さじ2程度の塩をふりかけ、まな板の上でゴロッゴロッと転がします。塩がきゅうりからにじんだ液で緑色になるくらい、体重をかけて転がしてください。板ずりすることできゅうりのぼつぼつを取って色を鮮やかにし、下味をつけます。
このレシピを印刷する