マクロビオティック料理レシピ

「 味噌 」一覧

菜の花のごま味噌和え

緑と黄色の花のコントラストも鮮やかな菜の花を、ごま味噌であえて丸ごといただきます。苦み走った春の味! 体がとてもさっぱりしますよ。

豆腐チーズ(豆腐の味噌漬け)食養療法対応

豆腐チーズ。滑らかな口触りや風味が確かにスモークチーズに通じています。中までしっかりと味噌の塩気がしみて、少量で十分に楽しめます。よく味わうとやっぱりチーズというより豆腐ですが、豆腐に味噌をつけただけのものとは一線を画しているんですよね。

うどの酢味噌和え

うどの酢味噌和え、好物です! 一本分くらいならぺろっと食べてしまいます。あの独特の、爽やかな香り。シャキシャキッとした歯ごたえ。いいですよね~。今回の酢味噌は砂糖を使わないマクロビオティックバージョン。スキッとした美味しさです。味噌の旨味が生きている!

てっかみそ(鉄火味噌)食養療法対応

マクロビオティックの代表的な食養料理です。ゴマ油の香ばしさと豆味噌のコク、根菜の甘みがマッチして、とても美味しいんですよ! 体がだるいときにシャッキリさせてくれます。ふりかけに、おにぎりの具に、毎日使ってください。

ねぎ味噌食養療法対応

腎臓癌、および膀胱癌に効果があるとされています。療養法としては、毎食小さじ1杯ずつ、ご飯に添えて食べます。とってもご飯のすすむ、ネギの甘さと味噌のしょっぱさ、辛さがマッチした一品です。常備菜としてもおすすめ!

立科麦味噌しょうがラーメン

「有機立科麦みそ」の濃くてしっかりした味を生かそうと思って考えたレシピなのですが、これが大ヒット! 我がふるさと北海道の味噌ラーメンの風味そのもの。家で再現できるなんて感激だ~。

モロヘイヤ味噌おやき

皮から手作り。ナスも大根もとろとろで、味噌の香りも良く、とても美味しい! モロヘイヤのぬるぬるが具にまとまりをもたらしていて、予期せずして良い感じ。

鉄火味噌おにぎり食養療法対応

おにぎりの具に、鉄火味噌とすり胡麻、梅干しを入れたおにぎりです。鉄火味噌をおにぎりの具にしてみたら意外と美味しくて、以来、気に入ってよく食べています。すり胡麻をたっぷり入れるのがポイント。胡麻と混ざった鉄火味噌が美味しいんです!

ごぼう汁(具を油炒めした味噌汁)食養療法対応

毎日食べる、健康を維持・向上させる要の汁物。この汁において必須野菜である「ごぼう」をレシピ名に採用。生姜とともに野菜をごま油で炒めて、だし汁で煮て、味噌を溶き入れるだけの簡単レシピ。体が温まるし、とても美味しいんですよ。

長芋とわかめの甘辛味噌炒め

こってりしていて美味しい炒め物です。じっくり火を通した長芋はホクホク! わかめと甘辛味噌だから、どこか「酢味噌あえ」っぽい風味もあったりして、おつまみにもぴったり。