マクロビオティック料理レシピ

キャベツの醤油焼きうどん マクロビオティック料理

キャベツの醤油焼きうどん

塩と醤油でシンプルに味つけたシャキシャキの野菜炒めに葛あんでとろみをつけ、うどんをからめました。メインの食事にもいいですし、小腹が空いたときのおやつにもぴったりですよ。
材料(3人分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

・乾うどん…250g
・キャベツ…600g(半玉)
・ニンジン…300g(大1本)
・しめじ…1パック

【調味料】
-醤油…大さじ2
-…小さじ1
-水溶き葛粉 …
葛粉・水:各大さじ2
(なければ片栗粉)

ごま油…小さじ2
作り方
  1. ニンジンは細切り、キャベツはざく切りにする。しめじは石づきを取ってほぐしておく。
  2. フライパンにごま油をひいて熱し、にんじんだけを炒める。全体に油が回ったら弱火にしてフタをし、5分間蒸し焼きする。
  3. ニンジンが柔らかくなったらキャベツとしめじを入れて火を強め、しんなりするまで炒めていく。塩と醤油で味つけたら、全体に水溶き葛粉を回しかけ、とろみが出るまでさらに軽く炒める。
  4. たっぷりの湯でうどんをゆであげ水を切り、フライパンの中に入れて野菜と炒め合わせたら完成。
ワンポイントメモ
・最初にニンジンを蒸し焼きにするのは、ニンジンがボリボリのままになってしまうのを防ぐためです。

・とろみをつけることでうどんに味がなじみやすくなります。

・味が薄ければ醤油を足してください。

・鰹節や胡麻、海苔を散らしても美味しいです。

(2009.2.23)
このレシピを印刷する