マクロビオティック料理レシピ

具だくさん太巻き マクロビオティック料理

具だくさん太巻き

中身がぎっちり詰まって、食べごたえ抜群の太巻き。手間も時間もかかりますが、その分満足感も大きいごちそうです。
材料(太巻き五本分)

※野菜は国産・有機栽培が前提
※リンク先で食材の詳細を説明しています。

寿司飯…米3合分
・ほうれん草…1束
・三つ葉…2束
有精卵…5個
無漂白かんぴょう…30g
干し椎茸…7枚(水で戻しておく)
甘酢生姜…生姜一個分(70g)
・焼き海苔…5枚

【かんぴょうと干し椎茸の煮汁】
-干し椎茸の戻し汁…400ml
-醤油…50ml
-みりん…50ml
-粗糖…大さじ3

【だし巻き卵の調味料】
-だし汁…50cc
-粗糖…大さじ1
-…小さじ1/2
-顆粒昆布だし…少々(1g)
作り方
  1. ほうれん草と三つ葉はゆでて水を絞っておく。干し椎茸は水で戻しておく。かんぴょうはさっと洗い、爪でつまむとあとが残るくらい固めに下ゆでする(水からゆでる)。甘酢生姜は千切りにする。
  2. 鍋に【かんぴょうと干し椎茸の煮汁】(材料参照)を張り、かんぴょうと干し椎茸を入れたら落としぶたをして中火で煮る。かんぴょうに味がしみればかんぴょうは取り出すが、干し椎茸は引き続き煮汁がほとんどなくなるまで煮付ける(かんぴょうと干し椎茸を煮るのに1時間ほどかかる)。煮上がった干し椎茸は薄切りにする。
  3. 溶いた卵に【だし巻き卵の調味料】(材料参照)を混ぜ、だし巻き卵を1本作る。できただし巻き卵はまず横から包丁を入れ二等分し、次にそれぞれ縦に包丁を入れ三等分する。計6本の直方体になる。
  4. キッチンペーパーの上に巻きすをのせ、焼き海苔の表が下になるように敷いたら、その上に寿司飯を広げる(寿司飯の作り方はこちら)。ご飯をのせる際、海苔の手前1㎝、向こう2㎝を残すようにする。
  5. 寿司飯の手前1㎝を残して具を彩りよく並べていく。手前から巻きすをぐるっと一気に奥の方まで巻き、左手で巻きすの向こう端を押さえながら右手で手前に引き、きゅっきゅっと上から固定し形作る。まだ巻けていない部分は、右手の巻きすを少し上げ、ずらしながら巻いていく。
  6. 巻き終わりを下にして巻きすで形を整えたら、包丁で切り分けて完成。
ワンポイントメモ
・包丁を寿司酢で濡らすと切り分けやすいです。

・甘酢生姜は手作りするのがお勧めです。→甘酢生姜のレシピ

・卵が気になる方は抜いていただいて大丈夫です。

・うちでは最近具にきゅうりを加えています。風味に新鮮な感じが加わって美味しいです。太さを1/6(細いきゅうりの場合は1/4)にカットしたきゅうりを他の具と一緒に並べて巻いていきます。
このレシピを印刷する