マクロビオティック勉強に役立つ本の紹介

食医石塚左玄の食べもの健康法

食医石塚左玄の食べもの健康法―自然食養の原典『食物養生法』現代語訳 (健康双書ワイド版)
食医石塚左玄の食べもの健康法―自然食養の原典『食物養生法』現代語訳
橋本 政憲 (翻訳), 丸山 博
価格: ¥ 1500 (税込)
出版社: 農山漁村文化協会(2004/04)
「食医石塚左玄の食べもの健康法」を読んだ感想
明治時代の医者で、「食養」「穀物菜食」の元祖・石塚左玄の「食物養生法」を、現代語訳した本です。

石塚左玄と言えば、マクロビオティック創始者の桜沢如一氏の命を救ったことで有名。桜沢氏は、西洋的な食事によってさまざまな病気にかかって死にそうになっていたとき、石塚左玄の理論を知って健康を回復させたのです。

感謝にあふれ、自分の一生を石塚左玄の食事法の研究に捧げると決めた桜沢氏。桜沢氏にそこまで思わせた石塚左玄の理論は一体どのようなものなのか、以前から興味がありました。

マクロビオティックの基礎となっているだけあって、基本的な考え方は似ています。桜沢氏の提唱するマクロビオティック食事法の核となる、(玄米を主食として)「塩気の強い、油気のある菜類を副食として少なく摂」る(p.135)という食べ方が本書で推奨されています。

やはりマクロビオティックは間違いなく石塚左玄の流れをくんでいるのだなと思わされます。

しかし、大きな違いもあります。マクロビオティックでは万物を「陰と陽」で考えますが、石塚左玄は「カリ塩とナトロン塩」の多寡で分けるのです。

カリ塩とはカリウム、ナトロン塩とはナトリウムのこと。マクロビオティックでいわゆる「陰性」の部類に入るもの(野菜、果物など)が「カリ塩が多い」とされ、「陽性」の部類に入るもの(肉、魚など)が「ナトロン塩が多い」とされます。

人間は、デンプン(米)を一番多く、その補佐としてたんぱく質と脂肪をデンプンに次いで多く、そしてカリ塩(野菜)は少なく、ナトロン塩(肉、魚)はもっと少なく、というのが石塚左玄の主張です。

特に日本は海国で風土に塩気(ナトロン塩)が多いので、日本人は肉を一切食べる必要がないと言っています。

マクロビオティックでは、肉は人間と同じ陽性で性質が近すぎるために、食べるとバランスが保てないという理由で「なるべく食べない」という教えになっているので、石塚左玄の理論とはかなり違った印象を受けます。

石塚左玄の論を、より普遍的な形に洗練させて、誰にもわかりやすいものに組み立て直したのが桜沢氏なのだなと思います。

似ているけれど違うのが、石塚左玄とマクロビオティック。

石塚左玄が唱えた論をなぞるだけではなく、自分なりにさらに研究してオリジナリティーを加え発展させた桜沢氏というのは本当に創意工夫と向上の熱意があった人なのだなと思わされました。

ところで、本書で個人的に一番興味深かったのが「科学的食養による仙俗智才人種表」(p.204)です。「俗人」から「仙人」まで九段階に分かれているのですが、俗人は「ナトロン塩9:カリ塩1」、仙人は「ナトロン塩1:カリ塩9」の食事を摂った人とされています。

ここでのカリ塩は「植物性食品」、ナトロン塩は「動物性食品」のことを指します。つまり、植物性食品で体を養えば養うほど仙人になれるということです。

ちなみに「ナトロン塩5:カリ塩5」は「賢人」だそうです。「4:6」で君子、「3:7」で聖人、「2:8」で仏人です(そして1:9で仙人)。マクロビオティックは極めると仙人食だと思っていましたが、やはり仙人なのですね(笑)。「動物性0:植物性10」とは言わないところが石塚左玄の寛容なところですね。

「1:9」で仙人になれるのなら、マクロビオティック実践者は簡単に仙人になれちゃいそうですね。

シェアする

マクロビオティック本一覧
桜沢如一氏の著作
東洋医学の哲学

東洋医学の哲学 おすすめ

集中して、一行ずつじっくりじっくり楽しめます。大事なエッセンスが網羅されており、ページ数が多い分それについての解説も長く、理解の手助けになります。

詳細ページへ

生命現象と環境

生命現象と環境

マクロビオティックを実践する中で犯してしまう間違い(食欲を抑えられず甘い物を食べたり)を肯定してくれ、気が楽になります。

詳細ページへ

永遠の少年

永遠の少年

多大なる陰(苦労)を背負ったとしても、逆にそれが陽になるのだから、陰は怖くない。いや、むしろ陰よ来たれ。そんな風に、人生に対し強気になれる一冊です。

詳細ページへ

無双原理・易

無双原理・易 おすすめ

マクロビオティックの基本となっている「無双原理」が、易や分光学の観点から学術的に解説されています。

詳細ページへ

食養人生読本

食養人生読本

マクロビオティック(食養)が無味乾燥な戒律ではないということがはっきりと書かれています。ユーモアにあふれていて、思わず笑ってしまいます。

詳細ページへ

ゼン・マクロビオティック

ゼン・マクロビオティック おすすめ

理論と実践が網羅されていてわかりやすく、かつ、哲学的面白さもあります。マクロビオティックを学ぶなら何はなくともこの一冊は持っていた方が良いです。

詳細ページへ

病気を治す術、病人を治す法

病気を治す術、病人を治す法 おすすめ

他人の判断や見解に頼ることなくマクロビオティックの原理を自分自身で学び、体得していくことの大事さが説かれています。

詳細ページへ

健康の七大条件

健康の七大条件

桜沢氏が提唱してきた「健康の六大条件」に、新たに加わった条件「ケッシテうそをつかない」=「正義」について主に語られています

詳細ページへ

宇宙の秩序

宇宙の秩序

無双原理哲学を宇宙からの壮大な視点で解き明かした一冊です。マクロビオティックを根っこから理解したい人向き。

詳細ページへ

新食養療法

新食養療法 おすすめ

「胃腸病」、「心臓病」、「腎臓病」、「脳溢血」など、120項目に渡る病気の、食物による対症療法が説明されています。具体的な「食物療法用品」(番茶、ゴマ塩、芋パスター等)の解説や作り方、効能も載せられているので、実用的です。

詳細ページへ

魔法のメガネ

魔法のメガネ

陰とは何か、陽とは何かという、マクロビオティックを実践する上で最も大切な「物事(食物を含め)をすべて陰陽で判断する方法」が説かれた本です。易しい言葉で、エッセンスのすべてが書かれています。

詳細ページへ

マクロビオティックで解き明かす道の原理

マクロビオティックで解き明かす道の原理

マクロビオティックに生きる柔道の精神について書かれています。とても霊的真理に満ちた内容で驚きました。マクロビオティックの奥に、こんなスピリチュアルな世界が隠されていたなんて!

詳細ページへ

千二百年前の一自由人

千二百年前の一自由人

伝教という仏僧の生き方に感動した桜沢氏が、今のままではダメだ、もっと頑張らなくてはと自分や読者を叱咤激励します。他、桜沢氏からの手紙、マクロビオティックから見た発生学について。

詳細ページへ


久司道夫氏の著作
地球と人類を救うマクロビオティック

地球と人類を救うマクロビオティック

ウェスティンホテル大阪で出されたマクロビオティックメニューの紹介や、ごま塩の詳細な作り方(イラストまで入っています)など、内容は多岐に渡ります。環境に恵まれ、食に恵まれた私たちが、世界を救うための食のリーダーとして立ち上がらなくて何とするでしょう。自覚を持ち、できることからでいいから正しい食のあり方を広めていきたい。そんな風に思わされました。

詳細ページへ

マクロビオティック食事法(上)

マクロビオティック食事法(上)

栄養学から見たマクロビオティックの記述が詳細です。マクロビオティックを現代栄養学の観点からも考えたい方にうってつけだと思います。

詳細ページへ

THEマクロビオティック

THEマクロビオティック

593ページもあって読むのが大変です。医学事典のように、食事療法に特化した内容です。『病気と症状』というページが300ページ以上もあります。読んでいて、自分は医者になろうとしているのだろうか、なぜこんなにたくさんの病気について勉強しているのだろうとなかば疑問になってくるほどです。

詳細ページへ

マクロビオティック健康法

マクロビオティック健康法 おすすめ

久司氏の主張が過不足なくまとめられた一冊です。実用的でもあり、思想的でもあります。久司氏のマクロビオティック理論を深く知りたい方は、この本をまずおすすめします。癌の進行の仕方が興味深かったです。

詳細ページへ

マクロビオティックが幸福をつくる

マクロビオティックが幸福をつくる

マクロビオティックの基本的理論を理解した上でさらに「その理論がどうして成り立つのか」と疑問を持った人に対して地球や宇宙の起源から解説するような高度な内容になっています。

詳細ページへ

マクロビオティック「自然療法」

マクロビオティック「自然療法」 おすすめ

アメリカで刊行された本の日本語訳版です。医学的な内容で、自分や他人の病気を見抜くのにとても役立ちます。食物療法をご自分で独学で実行なさりたい方に最適だと思います。

詳細ページへ

久司道夫のマクロビオティック入門編

久司道夫のマクロビオティック入門編 おすすめ

何も考えなくても、何も知らなくても、とりあえずこの本に書いてある食べ物を指示通りに食べれば自然と「マクロビオティック」になります。初心者にもわかりやすく、とても実用的な一冊。やる気が出ますよ。

詳細ページへ

マクロビオティック健康診断法

マクロビオティック健康診断法

体の外側の状態から内臓の状態を診断する方法が解説されています。唇の中央部分の輪郭がくっきりしていない人は胃と膵臓機能に弱さがある、など。

詳細ページへ


マクロビオティック料理レシピ本
毎日のマクロビオティックレシピ140

毎日のマクロビオティックレシピ140 おすすめ

易しいレシピばかりなので手も出しやすいですし、かなり使える一冊です。食品の陰陽についても、簡潔に、しかしかなり突っ込んで説明されています。レシピを知るだけでなく、理論を学べるので、料理がより楽しくなります。

詳細ページへ

リマクッキング

リマクッキング

かなり厳格にマクロビオティックのルールが守られた、きまじめなレシピ集です。見ているだけで体が浄化されてくるようです。

詳細ページへ


その他の健康関連書籍
医者いらずのにんじんジュース健康法

医者いらずのにんじんジュース健康法

前半がビタミンやミネラルの説明(にんじんの効能についてもここで語られる)、後半が種々の病気に対する処方箋(主に野菜ジュースのレシピ)という構成になっています。

詳細ページへ

空腹力

空腹力

空腹が体の免疫力を上げるという納得の書。半日断食の方法などが具体的に記されていて実用的です!

詳細ページへ

乳がんと牛乳

乳がんと牛乳

牛乳がなぜ乳がんの原因となるのか、具体的なデータや研究結果を元に解説されています。

詳細ページへ

がん患者は玄米を食べなさい

がん患者は玄米を食べなさい

玄米のぬか層にはがん細胞を自己死に導くRBF、RBAという成分が入っているそうです。それを溶出させるためには玄米を乾煎りしてから炊かなければいけないという驚きの事実を本書によって知りました。

詳細ページへ

食医石塚左玄の食べもの健康法

食医石塚左玄の食べもの健康法

マクロビオティックの源流となる石塚左玄の理論においては、万物をカリ塩とナトロン塩の多寡で分けます。陰陽で分けるマクロビオティックとの違いが面白い。

詳細ページへ


マクロビオティックおすすめ本
ゼン・マクロビオティック

ゼン・マクロビオティック おすすめ

理論と実践が網羅されていてわかりやすく、かつ、哲学的面白さもあります。マクロビオティックを学ぶなら何はなくともこの一冊は持っていた方が良いです。

詳細ページへ

無双原理・易

無双原理・易 おすすめ

マクロビオティックの基本となっている「無双原理」が、易や分光学の観点から学術的に解説されています。

詳細ページへ

東洋医学の哲学

東洋医学の哲学 おすすめ

集中して、一行ずつじっくりじっくり楽しめます。大事なエッセンスが網羅されており、ページ数が多い分それについての解説も長く、理解の手助けになります。

詳細ページへ

宇宙の秩序

宇宙の秩序 おすすめ

無双原理哲学を宇宙からの壮大な視点で解き明かした一冊です。マクロビオティックを根っこから理解したい人向き。

詳細ページへ

病気を治す術、病人を治す法

病気を治す術、病人を治す法 おすすめ

他人の判断や見解に頼ることなくマクロビオティックの原理を自分自身で学び、体得していくことの大事さが説かれています。

詳細ページへ

新食養療法

新食養療法 おすすめ

「胃腸病」、「心臓病」、「腎臓病」、「脳溢血」など、120項目に渡る病気の、食物による対症療法が説明されています。具体的な「食物療法用品」(番茶、ゴマ塩、芋パスター等)の解説や作り方、効能も載せられているので、実用的です。

詳細ページへ

マクロビオティック健康法

マクロビオティック健康法 おすすめ

久司氏の主張が過不足なくまとめられた一冊です。実用的でもあり、思想的でもあります。久司氏のマクロビオティック理論を深く知りたい方は、この本をまずおすすめします。癌の進行の仕方が興味深かったです。

詳細ページへ

マクロビオティック「自然療法」

マクロビオティック「自然療法」 おすすめ

アメリカで刊行された本の日本語訳版です。医学的な内容で、自分や他人の病気を見抜くのにとても役立ちます。食物療法をご自分で独学で実行なさりたい方に最適だと思います。

詳細ページへ

久司道夫のマクロビオティック入門編

久司道夫のマクロビオティック入門編 おすすめ

何も考えなくても、何も知らなくても、とりあえずこの本に書いてある食べ物を指示通りに食べれば自然と「マクロビオティック」になります。初心者にもわかりやすく、とても実用的な一冊。やる気が出ますよ。

詳細ページへ

毎日のマクロビオティックレシピ140

毎日のマクロビオティックレシピ140 おすすめ

易しいレシピばかりなので手も出しやすいですし、かなり使える一冊です。食品の陰陽についても、簡潔に、しかしかなり突っ込んで説明されています。レシピを知るだけでなく、理論を学べるので、料理がより楽しくなります。

詳細ページへ


運営者ブログ最新記事