2015年の元日はお雑煮とお笑い番組~ネタ「肘(ひじ)祭り」の歌に共感

シェアする

元日は、一年に一度のお楽しみ、根菜雑煮(レシピはこちら)を食べました。

お雑煮 ごぼう

↑普段は顆粒状の昆布だしを使っているのですが、雑煮を作るときだけは本物の昆布とかつお節で濃厚な「だし」をとります! このだし汁が本当に美味しい!

元日の一日だけで、このお雑煮を三杯も食べてしまいました(切り餅は五個)。

ひじ神様

そして夜は、久しぶりにお笑い番組(ドリーム東西ネタ合戦)を見ました。↓

流れ星 肘神

(画像出典:2015年1月1日放送 HBC北海道放送1 ドリーム東西ネタ合戦)

↑その中で、「流れ星」というコンビが披露していたネタ「ひじ神様」に、個人的に共感しました。

この「ひじ神様」には「ひじ神様」を讃える歌「ひじ祭り」が登場します。

『腕の骨をつなぐ関節、肘、肘
肘がなければ腕は回らぬ、肘、肘
(ハァ~ありがたや、ありがたや)』

という歌詞なのですが、昨年の夏に急な肘の痛みで大変な思いをした身には、本当にその内容がうなずけて、「そうなんだよ、肘ってありがたいんだよ!」と力説したくなりました。

大笑い

その他の出演陣も、さすがお正月番組だけあって豪華で見応えがあり、笑いのツボが浅い母が息もできないほど座椅子の上で身をよじって笑いころげており、その様子がおかしくて私も笑いが止まらなくなってあまりの笑いで二人で窒息しそうになりました。

笑いすぎでお腹が痛くて苦しかったのですが、母は、「新年早々笑えて良かった。あんなに笑ったのは久しぶり」と喜んでいました。

お笑い番組もたまには良いものですね!

(2016.3追記:2016年の元日もこのドリーム東西ネタ合戦を見たのですが、「流れ星」は出演していなくて残念でした。来年もこの番組があるなら次はぜひ出てほしい~。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする