【大相撲】正しい四股の踏み方~足を上げるだけではなかった

2014年10月5日にNHKで放送された「テレビスポーツ教室」という番組で、「四股(しこ)の踏み方」が紹介されていました。

玉ノ井親方による指導!

四股の踏み方 NHKスポーツ教室
(画像出典:2014年10月5日放送 NHKEテレ1 テレビスポーツ教室)

↑指導してくれたのは、元・大関「栃東」(とちあずま)の玉ノ井親方

四股の踏み方 NHKスポーツ教室
(画像出典:2014年10月5日放送 NHKEテレ1 テレビスポーツ教室)

↑まず、「両足を開き腰を落とす」腰割りという姿勢を取ってから……。

四股の踏み方 NHKスポーツ教室
(画像出典:2014年10月5日放送 NHKEテレ1 テレビスポーツ教室)

体重を片足にのせ、足を上げる。そして、足を下ろす。

体重を片足に

ポイントは、体重を片足にのせるというところ。

体重をぐっと片足にかけ、上体が斜めに傾くことで自然に足が上がるのが正しい四股。

四股は、まっすぐの体勢で足だけ上げているのだと思っていたので、目から鱗でした。

つまり脚の筋肉だけでなく、もっと体全体を使った運動なんですね。

力士っぽい

これ、実際にやってみると、なかなか楽しいです

足だけ上げようとすると大変ですが、「片方に体重をかけて自然にもう片方の足が上がるようにする」という玉ノ井親方の指導通りにやってみると、それなりに力士っぽくできるんです(笑)

場所も取らず、思い立ったら何気なくすぐできるし、1~2回やっただけでも汗が出るので、室内での筋力トレーニングとしては良いものなのではないかと思いました。

↑こちら、2018年の夏巡業で四股を踏む豊山(画像クリックで再生されます)。やはり片足にしっかり体重をのせてから、もう一方の脚を上げていますね。

(次回、「鉄砲のやり方」に続く)

  • 運営者ブログ新着記事