【大相撲】取組前の儀式で鼻をかんだ安美錦

大相撲にはさまざまな儀式がありますが、そのうちの一つが、力士が土俵に上がる際におこなう「力水」(ちからみず)。

見ていると、少しの差はあれど、すべての力士は同じ動作をします。

力水

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月22日放送 NHK 大相撲名古屋場所十日目 画像内文字、矢印は筆者)

↑直前の取り組みで勝った力士から柄杓の水(力水)を受け取って、その水を口に含み……。

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月21日放送 NHK 大相撲名古屋場所九日目 画像内文字、矢印は筆者)

↑水を口に含んだまま力紙(ちからがみ)を受け取って…。

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月21日放送 NHK 大相撲名古屋場所九日目 画像内文字、矢印は筆者)

↑その力紙で口元を隠しながら水を吐き……。

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月21日放送 NHK 大相撲名古屋場所九日目 画像内文字、矢印は筆者)

↑最後に力紙で口を拭い、捨てる。

……これが一般的な流れで、例外があるとは思っていませんでした。

安美錦

しかし昨日、大相撲中継の録画をなにげなく見ていたら、ベテラン(35歳)で頑張る安美錦(あみにしき)が意外な動きを見せたのです。

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月22日放送 NHK 大相撲名古屋場所十日目画像内文字、矢印は筆者)

↑力紙で口元を隠しながら水を吐くところまでは同じ。そして、最後にその紙で口を拭うのかと思いきや……。

大相撲 力水
(画像出典:2014年7月22日放送 NHK 大相撲名古屋場所十日目画像内文字、矢印は筆者)

鼻をかんだ!?

口を拭うのではなく、間違いなく鼻をかんでいました……(笑)。解説もアナウンサーも何も触れていませんでしたが……。

最後に力紙で鼻をかむ力士、初めて見ました(笑)。そんなの「アリ」なんですね。さすがベテラン、マイペース! といった感じです。

この力紙というのは「半紙を半分に切ったもの」(*)なのだそうで、そんな固い紙で鼻をかんで、うまくかめただろうか……鼻は痛くなかったのだろうか……。と、そんなことがちょっと気になったりしました。(参考:*wikipedia

  • 運営者ブログ新着記事