【大相撲】180度開脚を土俵上で見せた琴恵光(ことえこう)がすごい【2015.11九州場所】

2015年大相撲九州場所二日目(昨日)。

遠藤の所属する「追手風(おいてかぜ)部屋」の力士「大翔鵬(だいしょうほう)」の取り組みをチェックしようと、見ていました。↓

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目)

琴恵光

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目)

↑こちら、大翔鵬。モンゴル出身の21歳。

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目)

↑対戦相手は琴恵光(ことえこう)。九州場所ご当地、宮崎県出身の23歳。

この琴恵光という四股名、響きが仏教用語の「回向」(えこう)を思わせて、なんとなく綺麗だなと思い印象に残っていました。取り組みをきちんと見るのは初めてです。

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目)

↑幕下の取り組みといえど、ご当地出身力士だけあって、熱い応援があります。

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目 画像内文字は筆者)

↑さてその取り組み内容は……というと、大翔鵬が琴恵光を早々に土俵に押しつけるような形となり、大翔鵬が「叩き込み」で勝利。

しかし琴恵光、ここからがすごかった!

開脚

勝負がついた後も、開脚しかかった脚をそのまま左右に滑らせて……。↓

大翔鵬 琴恵光
(画像出典:2015年11月9日放送 NHKBS1 大相撲九州場所二日目 画像内文字は筆者)

脅威の180度開脚!!

ヒエ~、すごーーい!!

土俵上でこんなすごい開脚を披露した力士、初めて見た!!

力士はいつも、稽古の一環として「股割り」という開脚ストレッチをしているわけですが、その意義が見事に発揮されています。さすが力士!!

↑股割り中の遠藤。

というわけで、追手風部屋の大翔鵬が勝ったのがめでたくもあったと同時に、素晴らしい開脚を見せてくれた琴恵光にも今後注目していきたいなと思わされる一番となりました。

この二人が今後、どこまで伸びてくれるか? 見守るのが楽しみです!

追記:祝・新入幕!

2018年7月の名古屋場所で、琴恵光が新入幕を果たすことが決定しました!↓

↑当ブログで「180度開脚を見せた力士」として紹介して以来、ずっと陰ながら注目していたので、「新入幕」の知らせは嬉しい!

琴恵光の経歴を改めてwikipediaで確認したところ、琴恵光はお祖父様が元十両の力士なんですね!

お祖父様の四股名は「松惠山(まつえやま)」。その四股名から一字もらって「琴恵光」なのだそうです。

1991年生まれで、現在26歳。

初土俵から11年かけてじわじわと番付を上げ、満を持しての新入幕!

身長は177㎝と、あまり大柄とは言えませんが、顎がしっかりしていて強そうな顔立ちをしているので期待大!

ぜひぜひ、新入幕の場所を勝ち越してほしいです。頑張れ琴恵光!

  • 運営者ブログ新着記事