テレビ番組「マツコとマツコ」でDJ KOO(ディージェイ・コー)が用意した菓子折が六花亭

シェアする

マツコとマツコ」という、タレントのマツコ・デラックスさんを模して作られたアンドロイド(人型ロボット)「マツコロイド」の可能性を探るテレビ番組が好きで毎週見ています。

2015年8月15日放送の回では「ベッドに横になっているのがマツコさん本人ではなくマツコロイドだと気づくまで、人はどのくらいの時間がかかるか」というのを検証していました。

DJ KOOさん

マツコとマツコ DJKOO
(画像出典:2015年8月15日放送 マツコとマツコ 札幌放送1)

↑実験台(?)になったのは、ミュージシャンのDJ KOO(ディージェイ・コー)さん。

DJ KOOさんがマツコロイドをロボットと気づくまでは五分ほどかかったわけですが、てっきり本人(マツコ・デラックス)が寝ていると思って番組に出演したDJ KOOさんは、「寝ているマツコさんを起こすことでマツコさんを怒らせたら申し訳ない」ということで、あらかじめ菓子折を持ってきていたそうです。

その菓子折として紹介されたのがこちら。↓

マツコとマツコ DJKOO
(画像出典:2015年8月15日放送 マツコとマツコ 札幌放送1)

↑一目見て、「あっ」と思いました。

これ……六花亭(ろっかてい)の菓子詰め合わせやん!!

六花亭

↑六花亭は、「マルセイバターサンド」で有名な、北海道を代表する菓子メーカー。

六花亭のストロベリーチョコは私もお気に入り!↓

http://www.m-biotics.com/blog/archives/4847.html

「いつか来た道」も美味しかった!↓

http://www.m-biotics.com/blog/archives/4056.html

そんな、私にとってなじみ深い六花亭の菓子をDJ KOOさんも好きだったとは……。

意外! そして、親近感!

しかし、DJ KOOさんは、六花亭の菓子を最初にどうやって知ったのだろう。そして、あまたある菓子メーカーの中から、今回、六花亭の菓子折を選んだのはなぜなのだろう。……色々と気になります(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする