吉田都さんの「ロメオとジュリエット」、カーテンコールで二人が蘇るのが救い

バレリーナ吉田都さんが2010年6月29日に東京文化会館で演じた「ロメオとジュリエット」全三幕がNHKで放送されていたので、二時間二十分ほど、隣で眠りこける母を尻目に、意地で全部見ました。

スポンサーリンク

結末が苦手

ハッピーエンド好きの私は、このロミオとジュリエットという物語の結末がどうも苦手です。

レオナルドディカプリオ主演の映画「ロミオ&ジュリエット」を見たときも、途中までは良かったのですが(手紙の再配達がうまくいかなかったシーンは叫びたくなりましたが)、ラスト、見ていて地団駄踏みたくなりました。

ほら、ジュリエットの指が動いてるやないかい! ロミオ気付けよ! ああーっジュリエット、目が覚めたらもたもたしてないでさっさとロミオに合図しろよ、ああーーっ!!

と、もう目を覆わんばかりです。

ですからこのバレエの「ロメオとジュリエット」も、引き込まれながらも、結末を見たくないな~~とちょっとびくびくしていました。

ラスト……美しく亡くなっていく二人……。

蘇る二人

けれどすぐ幕が閉じ、カーテンコールで再び幕が開いたとき、二人は蘇っていたのです!

さっき倒れていた二人が、もう手を取り合ってにこにこ立っている!!

そうよ! さっきのは演技だったんだからね! 本当は生きているんだからね!

……と、ホッとしました。

吉田都さんの引退公演だけあって、頭上には「SAYONARA」と派手なネオンが降りてきて。花束とキラキラの紙吹雪に包まれ、大勢の人から抱きしめられる都さん。

「ロメオとジュリエット」の悲愴感が最後にはほとんど払拭され、見ていた私は助かりました。

ディカプリオの「ロミオ&ジュリエット」でも、映画本編が終わったあと、おまけのように、ディカプリオとクレアデーンズ(ジュリエット役)が起き上がってニコニコ抱き合っているシーンなんかを流してくれたらちょっと救われたのに……。(←無理な要求)

  • 運営者ブログ新着記事