【22】金沢百番街で「ますのすし」と「森八」の和菓子(どら焼き、もなか)購入

残り三時間半

ホテル日航金沢での朝食を終え、いよいよこの北陸旅行も最終盤。最後の仕上げは金沢観光です!

金沢駅でお土産を買い、武家屋敷跡の「野村家」に行き、時間があれば「兼六園」へ……というのが、この最終日(三日目)のプラン。帰りの飛行機の時間から逆算して、金沢駅に13:00までには戻ってこなければいけません。

残り、約三時間半。さあ、どこまでこなせるか?

まずは、金沢駅内のショッピングモール「金沢百番街」でお土産を買います!

スポンサーリンク

特選ますのすし

金沢駅 ますのすし

↑買う物は旅行出発前に決めていました。母のたっての希望、「特選ますのすし」です!

普通の「ますのすし」は北海道でも「金沢物産展」で手に入れられるのですが、厚切りの身を使用した「特選ますのすし」は通信販売か、現地購入でしか入手できません。

通信販売で買うのも良いのですが、それだと送料がかかるし、鮮度が落ちる! というわけで、現地ならではの特選ますのすし!↓

金沢駅 ますのすし

↑ゲットだぜ!

(このとき買った「特選ますのすし」は、北海道に帰ってから自宅で夕食に食べました。↓)

【26】帰宅して、夕飯に金沢土産の「ますのすし」を食べる
北陸旅行を終えて北海道に帰ってきた私たちの夕飯は、金沢で買った「特選ますのすし」! あと、兼六園で撮影した石塔がことじ灯籠ではなかったと判明。
スポンサーリンク

森八の和菓子

続いては和菓子! 金沢は和菓子が美味しそうなのでぜひ買いたいと思っていて、こちらも出発前に下調べし、美味しそうなお店に目星をつけていました。

金沢駅 森八 百番街

↑購入したのは、「森八」というお店の和菓子。モチモチ生地にあんこを挟んだ「宝達(ほうだつ)」、おおぶりどら焼き「夢香山(むこうやま)」、国産小豆のあんが売りの「蛇玉もなか」。この三種の詰め合わせを作ってもらいました。(森八の和菓子三種を食べた感想はこちら!)

この「森八」は、偶然、「ますのすし」を買った店舗の向かいにあって買いやすかったです。↓

金沢駅 森八 百番街
(画像出典:金沢百番街フロアガイド 画像内矢印と文字は筆者)

お土産を買い終わったら金沢駅構内のコインロッカーに荷物を預けて、いよいよ「野村家」に向けて出発です!(→「長町武家屋敷跡「野村家」を見学」に続く)

金沢のおすすめ温泉旅館
送迎あり。くつろぎの温泉旅館 2,000坪の敷地に全10室
楽天トラベルお客様の声ランキング 高級旅館部門石川県 第1位!
2015年3月9日オープン。加賀五彩をテーマとしたホテル。
小粋な7部屋の料理旅館。能登牛、鮎料理が美味。お一人様OK。
スポンサーリンク