【4】あらや滔々庵で最初に出された抹茶と麩饅頭が美味しすぎた

いざ入室

あらや滔々庵 部屋 若菜 客室

↑私たちが泊まる「若菜」のドアを開けると、畳の廊下をすぐ左折。そして右折。凝った動線が部屋の奥行きを感じさせます。

あらや滔々庵 部屋 若菜 客室

↑主室まで伸びる廊下の右手に寝室。左手にトイレと風呂・洗面所。こぢんまりとした中にも整然とした雰囲気があります。

あらや滔々庵 部屋 若菜 客室

↑そして主室。……ほぉぉぉ~。チリ一つ落ちていない、清潔感のある部屋です。間接照明が良い感じ。エアコンの調節器が壁に埋め込まれていて、自由に温度設定できます。外がちょっと寒くて体が冷えていたので、温度を上げさせてもらいました。

スポンサーリンク

抹茶と麩饅頭!

あらや滔々庵 部屋 若菜 ウェルカムドリンク 抹茶 麩饅頭

↑そして、熱々のおしぼりとともに運ばれてきたのがこちら! 抹茶と麩饅頭です。おお! これが噂のウェルカムドリンク!!

……私は、一泊目の宿をどこにするか調べている中で、高級宿では到着時に「ウェルカムドリンク」なるものが出されることを知りました。

宿に着いたら飲み物を出してもらえるなんて……もちろん、そんな経験をしたことは一度もありません! いかにも特別待遇! 素敵!

スポンサーリンク

憧れの抹茶

さらに調べると、ウェルカムドリンクとして出されるものは宿によって異なり、「ジュース」か「抹茶」、どちらかになることが多いとわかりました。

私が憧れたのは抹茶です!!

いかにも高級温泉宿という情緒が漂っています。

ですから、宿の条件に「ウェルカムドリンクとして抹茶が出ること」を加え、最終的に決めたのが「あらや滔々庵」だったのです。

楽しみにしていたウェルカムドリンクを前にテンションが上がります!

宿選定の条件

(ちなみに、宿選定時に条件として挙げたのは以下九項目。
①部屋にベッドがある(母の希望)
②部屋食である(母の希望)
③夕食がとにかく美味しい(母の希望)
④できれば部屋に掘りごたつがついている(母の希望)
⑤宿に到着してすぐ出してもらえる飲み物が抹茶である(私の希望)
⑥接客が良い(私の希望)
⑦食事内容が野菜と魚介類で構成されている(肉が出ないor少ない)
⑧母の、「一生に一度は豪華な温泉旅館に泊まりたい」という願いにふさわしい高級感がある
⑨大浴場の脱衣所が禁煙

あらや滔々庵は、「部屋の掘りごたつ」以外はすべて満たしていました。)

美味しい

あらや滔々庵 部屋 若菜 ウェルカムドリンク 抹茶 麩饅頭

↑では麩饅頭から早速いただきます……。お、この麩饅頭、ムッチムチすぎて黒文字(楊枝)で切れない。仕方ないので黒文字に刺してかじりつきました。

……うわ~美味しい! 中のあんこも甘さ控えめで。

朝、梅干しを一つ食べたきり飲まず食わずだったので、余計に美味しく感じます。

あらや滔々庵 部屋 若菜 ウェルカムドリンク 抹茶 麩饅頭

↑抹茶も、熱々で、舌触り滑らかで、美味しい。胃にしみる~。最後の一滴まで飲み干し、やっと人心地がつきました。

ウェルカムドリンクって、良いものですね。到着の疲れがホッと癒されました。

キャリーバッグのタイヤ拭きサービス

器を眺めながらくつろいでいると、担当女性が、先ほどロビーで預けたままだった私のキャリーバッグを持ってきてくださいました。「こちら、車輪を綺麗にお拭きしておきました」とのことで、一度受付に置いていくよう言われたのは車輪を拭くためだったのだとわかって膝を打つ思いでした。

畳敷きの室内に運び入れるのだから当然といえば当然なのかもしれませんがその心配りに感激しました。

これが高級旅館というものか……!! さすがだ……!!(→「あらや滔々庵の主室と寝室チェック」に続く)

金沢のおすすめ温泉旅館
送迎あり。くつろぎの温泉旅館 2,000坪の敷地に全10室
楽天トラベルお客様の声ランキング 高級旅館部門石川県 第1位!
2015年3月9日オープン。加賀五彩をテーマとしたホテル。
小粋な7部屋の料理旅館。能登牛、鮎料理が美味。お一人様OK。
スポンサーリンク