福井マンテンホテル駅前のコネクトルーム(ダブルルーム連結)に宿泊~風呂とトイレが二つずつあって便利

福井マンテンホテル駅前に到着

福井駅で「羽二重くるみ」を購入したあとは、早速ホテルに向かいました。↓

福井マンテンホテル駅前 入り口

↑こちら!! 福井マンテンホテル駅前!! ちょっとこぢんまりとした入り口で、ここが本当に入り口なのか不安でしたが、ここで正解です。

福井駅西口から徒歩一分という触れ込み通り、本当に駅から近くて便利

旅行の計画を立て始めた時点(2019年)では「ユアーズホテルフクイ」というちょっと良いホテルに泊まるつもりだったのですが、そこがなんと2020年に閉館してしまい、急遽、新たに選定したのがこの福井マンテンホテル駅前でした。

ビジネスホテルなので、あまり大層なことは期待できないけれど、2016年開業の新しいホテルで、朝食バイキングの評判も良いのでそれなりに楽しみ!

スポンサーリンク

チェックイン~豊富なアメニティ

ホテルに入り、早速チェックイン手続きをします。

朝食つきプランだったのですが、朝食の希望時間を聞かれ、答えると、それが印字された朝食券をいただけました。↓

福井マンテンホテル駅前 朝食券
福井マンテンホテル駅前 チェックイン フロント アメニティ コットン 綿棒 ヘアゴム ターバン メイク落とし 乳液 化粧水

↑また、フロントには、自由に取れるアメニティー(主に女性用のスキンケア用品等)が置いてありました(もらえるのは一種類につき1個まで)。

洗顔フォーム、化粧水、乳液はコーセーの業務用ブランド「QUESTクエスト」、クレンジングオイルウテナの業務用ブランド「Elleriエルリのものでした。)

ビジネスホテルでここまでアメニティーグッズが揃っているのは珍しい気がします。「ヘアターバン」(洗顔時に顔回りの毛をスッキリさせるもの)がアメニティーでもらえるのは初めてです。

スポンサーリンク

おしぼりサービス

福井マンテンホテル駅前 チェックイン おしぼり

↑そしてなんと、チェックイン手続きが終わったら熱々の「おしぼり」をいただけてしまいました。

コロナ対策として手を清潔に保ってほしい意図もあるのかなと思ったりしましたが、2015年(コロナ前)の敦賀マンテンホテル駅前(福井マンテンホテル駅前と同系列ホテル)のクチコミおしぼりサービスが良かった旨が報告されているので、どうやら昔からのマンテンホテルチェーンのおもてなしのようです。

移動を重ねてようやっとホテルに到着して、熱々の清潔なおしぼりで手をぬぐえるのはホッとできて良いです。

コネクトルーム

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑それでは部屋に移動します。今日宿泊するのは……。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑こちら!! ダブルルーム(13平米)が二つ連結されているコネクトルームという部屋です。ダブルベッド(140㎝×195㎝)なので広々です! ダブルベッドって初めて!

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 間取り図
(画像出典:楽天トラベル 福井マンテンホテル駅前

↑それぞれの部屋は、上図のように、部屋の境にある扉を開ければつなげられ、閉めれば分けることができます

特筆すべきはバス・トイレが二つずつあること!!

これだったら、入浴時間がかぶっても大丈夫だし、トイレを同じタイミングに使いたいときなんかもそれぞれのものがあるんですから安心です。

ツインよりお得だった

宿泊プランを選ぶとき、このコネクトというのを見つけて、「え、これいいやん」とすぐ思ったのですが、どこからどう考えてもツインより高そうなこの部屋が、私が利用したいプランにおいてはツインよりわずかに安かったんですよね。

追記:2021年現在は、コネクトの方が少し高いプランが多いです(二名利用時)。

え~、なんでコネクトの方が安いんだろう。ホテルの人、何か設定ミスでもしてるのかな。それともコネクトルームって何か訳ありなのかな。

などと若干不審に思いながらも、バス・トイレが二つずつあるという点に惹かれてコネクトルームを予約したのでした。

実際に見てみると、やっぱり、バス・トイレが各々おのおのの分あるというのはすごい!

デスク回り

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム デスク

↑ベッド横の壁際には鏡つきデスク。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム お茶セット

↑もうすでに、見える状態でお茶セットが置かれています。お茶が、ティーバッグではなく粉末緑茶(煎茶)(伊藤園)というのがなんとなく合理的というか、面白い感じ。

電気ケトルはティファールのもので、一応メーカー品なので安心感がありました。

ドライヤー

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム ドライヤー

↑引き出しっぽい収納にはドライヤー(パナソニック イオニティEH5212P)。ターボモードあり。

冷蔵庫

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 冷蔵庫

↑デスク下には引き出し式の冷蔵庫。けっこう容量があるので色々入れられそうです。

ベッド回り

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム ベッド

↑ベッドの、枕元周辺には、デジタル時計、コンセント・照明スイッチ、小物置きがあります。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム デジタル時計 ベッド

↑時計はアラームつき。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム デジタル時計 ベッド

↑上部を押すと光るタイプなので暗闇でも安心。

入り口ドア前

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 入り口前

↑部屋の入り口ドア前はこんな感じ。手荷物置き場があるのが、さすが最近建てられたホテルだけあって気が利いているなと思います。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム ハンガー

↑ハンガーは三つ。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム スリッパ

↑スリッパは使い捨てではない、プラスチック製のもの

今どき珍しいなあと思いますが、履き心地だけで言えば、こういうスリッパの方がしっかりしていて歩きやすくはあります。

バスルーム

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム バス・トイレ

↑こちら、お風呂とトイレ。ビジネスホテルらしい狭苦しさにあふれています(笑)。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム バス・トイレ

↑しかしながら、必要なものはコンパクトに揃っています。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム バス・トイレ

↑部屋付属のアメニティはこちらの歯磨きセットとカミソリ、ヘアブラシのみになりますが、フロント前のものと合わせれば豪華なラインナップということになります。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム トイレ ウォシュレット 暖房便座

↑トイレは暖房便座でウォシュレットつき!!

暖房便座というのが地味に嬉しいですよね。座るとお尻が温かい……。

お風呂はちょっと狭い

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 浴槽 風呂

↑こちらは浴槽。狭くて、頭を洗うのがけっこう大変でした。排水口の水はけもあまり良くなくて、髪の毛がすぐ詰まって流れが滞り、何度もその詰まりを取る作業をしなければなりませんでした(特に、私は髪が長いので、余計に詰まりやすい)。

だからまあ、お風呂に関しては「最低限のレベル」という感じです。洗髪しないのなら評価もまた違うかもしれません。

低刺激シャンプー類

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム シャンプー コンディショナー ボディソープ

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、すべて、低刺激のスピカココというブランドのものでした。肌荒れしにくそうで良いですね。

夕飯は外食~おろしそば、海鮮丼

ホテルで少しゆっくりした後は、夕飯を食べに出かけました。

なるべく駅の近くで、福井らしいものが食べられる店が良いと思って旅行前に色々と調べ、決めた二軒です(どちらも、福井駅徒歩一分の複合施設「ハピリン」内にあります)。↓

夕食後におやつタイム~羽二重くるみ、チーズおかき

夕飯後、ホテルに帰ってきて、ホッと一息のお茶タイムを開催することにしました。

おやつは、今朝羽田空港で買った、銀座あけぼのの「チーズおかき」と、ホテルチェックイン前にプリズム福井で購入した羽二重くるみ」。

チーズおかきから食べる

銀座あけぼの チーズおかき 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑まずはチーズおかきから。大袋の中が個包装になっているのが良いです。

銀座あけぼの チーズおかき 原材料 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑原材料はこちら。もち米が国産というのが素晴らしいんですよね。

銀座あけぼの チーズおかき カロリー 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑一袋(11本)全部食べても290kcalというのが意外と低い! ポテトチップスなんかは一袋(60g入り)で400kcal近くあるので、それに比べるとだいぶヘルシーだなという印象です。

銀座あけぼの チーズおかき 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑食べてみると、おかきが分厚く香ばしく、しっかりもち米の香りもして美味しい! チーズもたっぷり入っていて、濃厚で、どこをかじっても「チーズ+おかき」のコンビネーションを楽しめるのが良いです。

羽二重くるみ

次はいよいよ福井の人気銘菓「羽二重くるみ」をいただきます。↓

金花堂 はや川 羽二重くるみ

↑外装。風情のある字体です。

金花堂 はや川 羽二重くるみ

↑ころんと手のひらサイズ。小さすぎないのが良いです。

原材料~胡桃は福井県産

金花堂 はや川 羽二重くるみ 原材料

↑原材料はこちら。

この、原材料に含まれる「くるみ」はなんと福井(勝山市)県産の和胡桃なのだそうで、国産の胡桃だなんてすごいですね。初めて食べます。

しっとりシュー生地

金花堂 はや川 羽二重くるみ レビュー

↑個包装を開けると甘い香りが漂います。

金花堂 はや川 羽二重くるみ レビュー

↑激賞されている方の多い「羽二重くるみ」、一体どんな味なのか、興味津々で食べてみると……。

おっ……! なんだか、全体的にシュークリームに似た味わい!

和胡桃の入った羽二重餅をシュー生地で挟んでいる(*1)との情報を旅行前に読んでいて、しかし味は想像しきれずにいたのですが、確かに!! 羽二重餅を挟んでいる皮はシュー生地の風味です。(参考*1:旅ぐるたび

でも生地の食感は一般的なシュー生地のサクサクふんわりした感じではなく、分厚いクレープ生地のような、どっちり・しっとりした感じ。

そして中の羽二重餅が軟らかくて甘くて、まるでクリームのようなので、全体としてシュークリームっぽい味わいに感じられるようです。

飴炊きした和胡桃

また、中にポツポツと入っている和胡桃も香ばしくて美味しい。

味のない胡桃ではなく、飴炊あめだきしてあるものなので、味のなじみも良いです。

甘すぎない

私は、甘すぎるお菓子は得意ではないので、「羽二重餅」というものに対しても、甘すぎるんじゃないかなあという不安感を持っていました。

けれどこの「羽二重くるみ」は、シュー生地で挟まれているおかげか甘ったるさが軽減され、無理なく美味しく食べられました。

このお菓子が福井名物として地元の方に好まれているのがわかる気がしました。今回、食べられて良かったです!

部屋着

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 室内着 部屋着

↑おやつタイムのあとはリラックスタイム。入浴を済ませ、ベッド上に用意してあった部屋着を着てみることにしました。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 室内着 部屋着

↑こちら、なんと驚きの上下セット(ツーピース)。ホテル備品の部屋着でツーピースって初めてです(フリーサイズ)。

福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム 室内着 部屋着

↑材質は、テロンテロンのジャージ素材

綿素材だと洗濯するとパリッとするので、清潔感がわかるのですが、こういうジャージ素材っていまいち洗濯後なのかどうかがはっきりしないのが玉に瑕ですね(苦笑)。

フリーサイズなのでブカブカですが、動きやすいですし、ズボンのおかげでお腹が出ず、足元もはだけず、寝ている間に体が冷えにくいのが良いなと思いました。

枕が高い

さて、いよいよ就寝! という段になって問題発生。↓

枕 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑この、枕が高すぎて寝にくい!!

私は今まで、どんなホテルの枕でも、それなりになんとかなってきたのですが、この枕だけはどうにも高すぎて首が痛い。

母も同じだったようで、「枕が高くて眠れない」と騒いでいます。

これはどうしたものか……と思ったとき、思い出しました

そうだ、このホテルには「貸し出し枕」というのがあった!!

貸し出し枕が全部ない

よお~し、これを借りに行こう!!

と張り切って、枕のある2階の湯上り処まで赴いたところ……。↓

貸し出し枕 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑あれっ……。枕、全部無いやんけえええぇぇぇ~~~(叫)。

早い者勝ちなのはわかっていたけれど、ここまで争奪戦になるものだったんですね(泣)。

やっぱり、部屋付属の枕が高いと感じるお客さんが多いのでしょうか。

それにしてもどうしよう。私だけのことならまだしも、母には、なんとか良い環境で寝てもらいたい……。

フロントに聞きに行く

そこで私は、フロントに、予備の貸し出し枕がないか聞きに行ってみることにしました。

すると、そういうものはないとのこと。

けれど、枕が高くて眠れないということを言うと、「では、バスタオルをお貸ししましょうか」との申し出。

バ……バスタオル?? と思いましたが、確かに、それでも、高すぎる枕よりはマシっぽい。

ということでバスタオルをありがたく2枚貸していただいて、部屋に戻りました。

バスタオル枕

貸し出し枕 バスタオル枕 福井マンテンホテル駅前 コネクトルーム

↑そして、このように、たたんだバスタオルを枕の代わりにして、その夜は眠りました。

たたんだバスタオルなんて、何のクッション性もなくて、固くて寝にくいんじゃないかと思っていたのですが、寝やすいとまではいかないまでも、意外と、普通に眠れました

……バスタオルって案外良い枕になるんだな!!

これから旅先で、枕に困ったときは、最終手段としてこのバスタオル枕を使おうと思いました。

貸し出し枕なんてものが無いホテルでも、バスタオルの予備ならありそうです。

母も、このバスタオル枕で無事に眠れたとのことで、良かったです。

(ただ、バスタオル1枚では少し低すぎたとのこと。一人につき2枚借りれば万全だったかもしれません。)

(ちなみに、初めて寝たダブルベッドというものは、すごく広々していてどんなに寝相が良くなくてもOKな安心感があり、贅沢な気持ちを味わえて良かったです。)

(次の記事→「夕飯に名店あみだそばで「越前おろしそば」を食べる」)

(夕飯を飛ばして朝食の記事を見たい方はこちら→「福井マンテンホテル駅前の美味しい朝食」)

運営者:遠藤

金沢・福井旅行記」の運営者です。北海道旭川市在住。平泉寺白山神社参拝を目的として、五年に一度は北陸に訪れるのが目標。

ちなみに、「健康探究ブログ」が現在のメインサイトなので、よろしければチェックしてみてください。

運営者・このサイトについてもっと詳しく