【大相撲】旭大星が初日から三連敗…でも相撲内容には進化を感じる【2018.7名古屋場所】

2018年名古屋場所三日目。

先場所新入幕で二桁勝利の勝ち越し&敢闘賞受賞の旭大星、今場所は初日から二連敗中……。

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目)

↑十両に上がったときからずっと着けていたオレンジ色の廻しを今場所から紺色のものに新調して、気分も新たに頑張ろうとしているのが見て取れていただけに、黒星続きのスタートはちょっと可哀想。

VS豊山

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目)

↑今日の対戦相手は豊山(ゆたかやま)。初顔合わせです。

豊山は、私の中では若手の実力者というイメージのある力士。

一体どんな相撲になるのかなと思って見ていたら……。

最初は攻め込まれ、のちに攻め込む

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目)

↑旭大星、豊山の強い突きに押し込まれ、俵を伝うようにして身をかわしていきます。

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目)

↑しかし中盤、土俵際に追い込まれたときに豊山を押し戻して攻勢に転じます。

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目 画像内文字は筆者)

↑そして最後、投げを打とうとしますが……。

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目 画像内円と文字は筆者)

↑豊山が一本足でこらえているうちに旭大星の足が先に土俵外に出て、旭大星の負け

……う~ん、三連敗となってしまったか。

成長は感じる

でも、旭大星って、相撲が進化してきていると思うのです

昔は「引いて、隙があればはたき込む」というような相撲が多かったと思うのですが、今は、前に出よう、攻めようという姿勢があります。

今日の取り組みでも、特に中盤から終盤にかけて、その進化っぷりが出ていたと思います。

十両時代は「この相撲では幕内で通用するだろうか……?」と少し不安を感じたのですが、今は、ちゃんと幕内で通用する「重みのある相撲」を取っているように見えます。

未知数の伸びしろ

小さい頃から相撲に親しんでいた力士が多い中、旭大星は18歳で大島部屋に入門して初めて本格的に相撲に触れています

「幼少期から相撲が強かったから力士を目指した」わけではなく、「力士を目指したから高校卒業間近で相撲を始めた」というのが、旭大星の、力士として他の力士とは違う点に思えます。

力士としての素質はあるのか? ないのか? よくわからないけれど、決めたことだから、とにかく頑張る。

その積み重ねでここまで来たのが旭大星なのだと思います。

だからこそ、未知数の伸びしろがあるし、見ていて成長も感じられて、今後どんな風に相撲が強くなっていくか楽しみになります。

大相撲
(画像出典:2018年7月10日放送 NHK総合1 大相撲名古屋場所三日目)

↑初日から三連敗というのは本人にとっても本意ではない滑り出しだとは思いますが、落ち着いて頑張ってほしいです。

↑今年の七夕の短冊に旭大星が書いた願い事「貯金」(笑)。

相撲を頑張ることでこの願いも叶っていくと思うので!!

残り12日間! まだまだこれから! 頑張れ旭大星!

  • 運営者ブログ新着記事