【26】帰宅して、夕飯に金沢土産の「特選ますのすし」を食べる

お土産購入

こうして! 二泊三日の充実した北陸旅行を終え、私たちは北海道への帰路へついたのでした。

13:45発の「しらさぎ10号」に乗り、金沢駅から小松駅へ。そこからタクシーで小松空港。(小松空港では父へのお土産に炭火焼き豚と純米酒を買いました。↓)

北陸旅行で、小松空港にて父に買ったお土産~炭火焼き豚と純米酒「神泉」
「金沢・福井旅行」のお土産で、父のために買ったのが、石川県小松市内で製造された「焼き豚」と「神泉(純米酒)」。どちらも好評でした!

(ちなみに、小松空港で買ったお土産が入れられたポリ袋には謎のキャラクターが描かれており、調べたところ「カブッキー」と判明しました。↓)

小松空港のポリ袋に描かれていた行者姿のキャラクターは「カブッキー」と判明
金沢・福井旅行の帰り道、小松空港でもらったポリ袋に謎の人物が描かれていて疑問でしたが、弁慶をモデルとしたキャラ「カブッキー」と判明。
スポンサーリンク

旭川は寒かった

小松空港から羽田で乗り継いで旭川空港へ。

旭川空港

↑旭川に着いたのは夜の八時を過ぎた頃でした。とても寒~い!!

スポンサーリンク

特選ますのすし

そして帰宅。ホテル日航金沢で朝食ビュッフェを食べて以降、飛行機内でホットコーヒーをすすっただけで他に何も飲み食いしていないのでお腹がぺこぺこ。

そんな私たちの、旅行をしめくくる夕飯がこちら!!↓

ますのすし

↑朝に金沢百番街で買った、「特選ますのすし」~!

ますのすし

↑ますはしっとり。酢飯はムチムチ。笹のほのかな香りもまた良いんですよね。

通常の「ますのすし」より「ます」が厚く立派だったと思います。母と二人で一つを食べて、お腹いっぱいになりました!

兼六園の石塔

そしてこれは後日談なのですが、私が兼六園で見た石塔。

帰ってきてからよく調べてみると、あれは兼六園一番名物の「ことじ灯籠」ではなく、「海石塔」(かいせきとう)という別物だったことが判明。↓

兼六園 海石塔

……まあ良いのですが、今思うと、せっかくなので「ことじ灯籠」も写真に収めておきたかったです。私がファンの、相撲の遠藤関も「ことじ灯籠」がデザインされた化粧まわしをつけていますし……(笑)。↓

遠藤 化粧まわし ことじ灯籠

(画像出典:2015年1月19日放送 NHK総合1 大相撲初場所9日目)

というわけで、ちょっと消化不良な感じの兼六園観光になってしまったのですが、心残りがあるからこそ、「また次回」という楽しみが生まれるとも言えます。

いつか再訪できるときが来れば、そのときは「ことじ灯籠」をバッチリ見たいと思います。

(後日、私が間違って撮った「海石塔」がテレビに大きく映されて、ちょっと慰められました。↓)

兼六園の「海石塔」がテレビに大きく映ったことで、旅行時の「あちゃー」が昇華される
金沢・福井旅行で兼六園に行った際、有名なことじ灯籠と間違えて「海石塔」を撮り、そのまま帰ってきてしまいました。あちゃーと思っていたのですが、テレビに海石塔が!

また行きたい北陸

二年以上の準備期間をかけて、入念な計画のもとに実行した今回の北陸金沢・福井旅行。

思い入れが強すぎて緊張し、そのせいで体調不良を引き起こし、ひどく飛行機に酔って車椅子出動騒ぎになったり、一泊目のあらや滔々庵でも一睡もできなかったり、体調面で色々と思うようにいかず苦労もありましたが、体調を崩すほど真剣に思い詰める旅行というのもこの先ないような気がするので、ハプニングも含め良い思い出になりました。

北陸というのは北海道からは本当に遠くて、今回の上陸が人生において最初で最後かなと思っていたのですが、行ってみると、人々は人懐こくて優しいし、海の幸、山の幸も美味しいし、とても良いところで、「またなんとしても訪れたいなあ」と思わせられました。

次回の旅行は2015年、伊勢を予定しています。(追記:伊勢旅行、無事に敢行してきました! 伊勢旅行記のサイトに内容をまとめましたのでよろしければご覧ください。)

金沢のおすすめ温泉旅館
送迎あり。くつろぎの温泉旅館 2,000坪の敷地に全10室
楽天トラベルお客様の声ランキング 高級旅館部門石川県 第1位!
2015年3月9日オープン。加賀五彩をテーマとしたホテル。
小粋な7部屋の料理旅館。能登牛、鮎料理が美味。お一人様OK。
スポンサーリンク