【大相撲】正代が新入幕で敢闘賞受賞~正代の都会的な相撲に惹かれる【2016.1初場所】

2016年初場所、千秋楽。

なんとっ! 新入幕の正代が10勝を挙げて敢闘賞を受賞しました!!

相撲
(画像出典:2016年1月24日放送 NHK総合1 サンデースポーツ)

↑初土俵から12場所目での三賞受賞となりました。

これは、初代若乃花(元・横綱)の「9場所」に次ぐ歴代二位の早さで、年六場所制となった1958年(昭和33年)以降では史上最速(*1)なのだそうです。(*1参考:livedoor news)

正代……大器だとは思っていたけれどすごすぎる!!

正代の魅力

「遠藤関のようなきれいな相撲に憧れている」(*2)という発言から注目し始めた正代。↓(引用*2スポニチアネックス

2015年初場所で幕下優勝した「正代」(しょうだい)という力士の憧れが遠藤だと聞いて、まさか正代という四股名は遠藤の名前(聖大)を音読みしたもの? と思ったのですが…。

しかし、正代の相撲を見ているうちに、その相撲っぷりに惹かれて、「注目力士」から「応援力士」に自分の中で格上げ。↓

遠藤つながりで注目し始めた正代(しょうだい)、今日は実力者の常幸龍と対戦しました。途中、強烈な張り手をくらいますが、それを冷静にさばいて勝利。今後も期待できます!

幕内に上がってからは、たとえ遠藤が休場でも正代の取り組み見たさに大相撲中継を見る、そんな存在になりました(昨年の三月場所は、遠藤が途中休場して以降は大相撲中継自体を見る気が失せたのに)。

なぜ正代のことをそこまで自分は気に入ったのか? 正代の相撲の何に魅力があるのか?

考えたところ、正代の都会的で洗練されている相撲が私は好きなのです。

冷静

相撲
(画像出典:2016年1月24日放送 NHK総合1 大相撲初場所千秋楽)

正代って、攻め込まれても慌てる感じがありません。常に自分の状況を把握し、チャンスをうかがって、隙があれば的確に反撃に出ます。

動きに無駄がないです。猛然と闇雲に突進していくのではなく、ピンポイントで、「効く」攻撃を出す感じ。

その、ジタバタしていない冷静な相撲は正代独特のもので、余裕を感じさせる、魅力ある相撲だと思います。

人柄

相撲は冷静で強いのに、緊張しがちな人柄であるというのもまた魅力です。

遠藤つながりで注目し応援していた正代(しょうだい)が、2015年九州場所で十両優勝を果たしました! 緊張しやすいタチのようですが、内面はしっかりしています。来場所もぜひ頑張ってほしい!

本番に強いということですよね。それってつまり、事前に努力をしっかり積んでいるということだと思うので、そんなところにも共感を覚えます。

12日目の大相撲中継の中で、正代が「最近はあまり緊張しなくなった」と言っていたと紹介されていて、あれ、「ドキドキ正代」はもう終わりなのかな? と少し寂しく思っていたのですが、今日、来場所(3月場所)について「もっと、当たり負けしないようにしたい。できれば誰ともやりたくない…」(*3)と発言していたとのことで、「ドキドキ正代」は健在なんだなと思って安心(?)しました。(*3引用:livedoor news)

これからも、「ドキドキしながらもなぜか強い正代」で頑張ってほしいです。

初場所・総括

今場所は琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝ということで本当にめでたく、正代も初入幕で敢闘賞受賞と、一年の始まりにふさわしい華々しさがあり、千秋楽を終えて充実感があります。

遠藤の怪我の状態だけは気になるところですが……。

遠藤のことだから、一人で苦しみを抱えて耐えているんじゃないかと心配です。焦らず、養生して、炎症を落ち着かせてほしいです。

遠藤や正代が幕内の上位・役力士として大活躍する日を想像すると楽しみです。

頑張れ遠藤! 頑張れ正代!

  • 運営者ブログ新着記事