玄米・ごぼう汁基本食健康法ワンポイントQ&A

「玄米・ごぼう汁基本食」だけで一日の食事を済ませても良いか

たとえば「玄米・ごぼう汁基本食」を朝・昼・晩ともに食べ、それ以外は何も食べないというような食生活でも問題はないか。
栄養バランスのとれた食事内容なので大丈夫です。私も実際、半年間そのように暮らしたことがありますが、とても健康でした。

一日に「玄米・ごぼう汁基本食」だけでもOK

「玄米・ごぼう汁基本食健康法」においては、「玄米・ごぼう汁基本食」を一日に一回食べればあとは何を食べても自由。

ということは、玄米・ごぼう汁基本食」だけで一日を過ごすという選択肢ももちろんあります

玄米・ごぼう汁基本食」は健康の礎を築くものとして献立内容を作ってありますので、栄養バランスも良く、それだけで過ごしても健康を維持できます。

実際、私は、玄米おにぎり・ごぼう汁基本食だけで半年間暮らしたことがあるのですが、その期間中は体調がとても良く、人生で一番の健康状態を手にしていました。

栄養価のグラフ

参考として、以下に、「玄米・ごぼう汁基本食」を一日に二回摂ったときの栄養成分値を示します。↓

↑青い線(100%のライン)が栄養所要量(六次改訂)で、赤い棒グラフが「玄米・ごぼう汁基本食」(一日二食分)の栄養成分値です。

タンパク質(91.6%)がやや100%には満たないものの、ビタミンや無機質は一日の所要量を満たすか大きく上回っており、「玄米・ごぼう汁基本食」だけの食生活が栄養価的にも問題ないことがわかります。

(エネルギーと脂質が低めなのは、肥満対策にはもってこいの食事ということを示しています。ここを増やしたい場合は、ごぼう汁の具材を炒めるごま油の量を多くすると良いです。)

「玄米・ごぼう汁基本食健康法」の長所がここに

以上のように、玄米・ごぼう汁基本食」だけでも健康に生きていけるのが、「玄米・ごぼう汁基本食健康法」の良いところです。

食を選ぶ楽しさを残すために、原則として「玄米・ごぼう汁基本食」は「一日一回」としていますが、他に何を食べるか考えるのが面倒なときや、純植物性の食事で健康を保ちたいときなど、「玄米・ごぼう汁基本食」だけで一日を過ごすのも良いと思います。

次項:準備を楽に

次項『「玄米・ごぼう汁基本食」を楽に用意するコツはあるか』では、「ごぼう汁」や「玄米ご飯」の作り置きの方法を説明します。