【14】おかげ横丁の若松屋で「チーズ棒」と「ひりょうず」を食べる

シェアする

神宮会館で朝食を食べたあと、部屋に戻って荷物をまとめました。

フロントでチェックアウトの手続きをしてから荷物を預かっていただき、おかげ横丁へ出発です。↓

おかげ横丁 若松屋

↑ちょうど「風の市」というのが行われていて、大量の風鈴がチリンチリンと軽やかな音を響かせていました。

スポンサーリンク

若松屋

さて、これからお楽しみのおかげ横丁巡りなわけですが、短時間で効率よく回るために、「おかげ横丁で絶対に行きたい店」というのを私たちはあらかじめ決めてきていました。

その一軒目が「若松屋」というかまぼこ屋さん。↓

おかげ横丁 若松屋
(画像出典:横丁絵地図 画像内矢印と円は筆者)

↑保存料無添加のかまぼこを食べさせてくれるお店です。練り物系で保存料無添加というのは貴重ですよね!

おかげ横丁 若松屋

↑あったー!! 今までネット上でしか見たことのなかったお店がこうして目の前にあるというのは感慨深い!

スポンサーリンク

買う物は決めてある

おかげ横丁 若松屋

↑お店の前にはかまぼこのショーケースがありました。すでに、買うものも決めてきています。

おかげ横丁 若松屋

↑それは、これ! 「ひりょうず」と「チーズ棒」。ネット上の口コミで評判が良かったため、間違いないだろうと思いました。

おかげ横丁 若松屋

↑お店に入ると、持ち帰り用のかまぼこたちがずらりと並んでいました。

おかげ横丁 若松屋

↑私たちは店内奥の飲食スペースで食べていきます。店員さんに「ひりょうず」と「チーズ棒」を一つずつ注文して、運ばれてくるのを待ちます。

おかげ横丁 若松屋

↑テーブルの上の備品。パンフレットを一部いただきました。

おかげ横丁 若松屋

↑席からの眺め。チリンチリンと風鈴の音が涼しげに響き渡り、なんだか異世界に迷い込んだような気分になります。

チーズ棒到着

おかげ横丁 若松屋 チーズ棒

↑そうこうしているうちにチーズ棒が到着! 割り箸に刺さったチーズ棒をそのまま渡されて、ちょっと困惑! 受け皿とか、何もないんですね(笑)。

おかげ横丁 若松屋 チーズ棒

↑しかしね、そこらへんは抜かりないのよ。こんなこともあろうかと、ラップ皿(折りたたんだラップ)を持ってきていたのよね!! フフ。というわけで、持参のラップ皿の上にチーズ棒を載せ、箸で切って母と分けます。

それでは熱々のところをいただきます! もぐもぐ。あっ、なんだか、とっても予想通り・期待通りの味!

かまぼこの身はプリッと歯ごたえ良く、味が濃いめ。中のチーズがクリーミーで美味しい。

おつまみ系の美味しさです。うんうん、この味が食べたかったんだよね〜。

飲み物持参

しかし、味が濃いので喉が渇いてきた! 店内に飲み物は用意されていないっぽい!

……けれど、ここでも心配ご無用。↓

おかげ横丁 若松屋 チーズ棒

↑こういう事態に備え、ペットボトルの煎茶とミニカップを持参してきていました!!

備えあれば憂いなし……。このチーズ棒は、本当に、お茶がないと厳しいかもしれません。

ひりょうず

おかげ横丁 若松屋 ひりょうず

↑さて、お次はひりょうず。こちら、ネット上の口コミでは若松屋の商品の中で最も評価が高かったです。実際はどんな味なのか……。わくわく。

おかげ横丁 若松屋 ひりょうず

↑中を割ってみると、おお〜っ! 具がたっぷり! 美味しそう!

こちら、若松屋のひりょうず販売ページによると、「豆腐と魚のすり身」をベースに「九種類の具材」(伊勢ひじき、椎茸、にんじん、きくらげ、ごぼう、たけのこ、わかめ、枝豆、うずらの卵)が入っているそうです。

早速口に運んでみると……。おっ、こちらは豆腐の味が生きた薄味系。喉も渇きにくく、食べやすい!

母は、この「ひりょうず」が気に入ったようで、「美味しい」と目を見張って食べていました。

こうして20分ほどを若松屋で過ごした私たち。そろそろ次の場所へ出発です!(→「おかげ横丁「神路屋」の手ぬぐい」に続く)

伊勢のおすすめホテル
伊勢神宮外宮まで徒歩五分。全客室露天風呂つき。
伊勢志摩サミット開催ホテル。全50室がスイートルーム
伊勢志摩の海の幸をふんだんに使った会席料理が自慢。温泉あり。
伊勢市駅から徒歩3分。ビジネス・観光の拠点に最適。
スポンサーリンク

シェアする