「日本スモウダービー」のゲームをプレイしてみた~遠藤がいないのが物足りない【2015.5】

日本相撲協会公式ツイッターで紹介されていた「日本スモウダービー」というサイト。↓

↑「JRA」(日本中央競馬会)が日本相撲協会とコラボレーションして作った「日本ダービー特設サイト」とのこと。(2015年6月1日までの限定公開)

スポンサーリンク

どんな内容なんだ?

「遊んでみてください」ということだからゲームなんだろうけれど、どんな内容なんだ? まさか、力士が競走馬になって、どの馬が勝つか予想するような感じなのか? だとしたら、擬人化ならぬ擬馬化される力士がちょっと可哀想なような……。

と思いながらサイトに行ってみると、何やら、私の想像とは違う様子。

馬が力士なのではなく、あくまでも騎手が力士なんですね。それで、その力士とプレイヤー(私)がそれぞれ馬に乗り、競争するという趣向。

日本スモウダービー
(画像出典:日本スモウダービー)

↑「マイスモウジョッキー」というメニューがあり、自分(力士)の見た目(髪型や廻しの柄など)を色々とカスタマイズすることもできます。

日本スモウダービー
(画像出典:日本スモウダービー)

↑私が、何より可愛いなと思ったのがこのですね! たてがみで大銀杏を結っているところが相撲ファンのツボを突く! そして、力士とおそろいの廻しを締めているのも良いですねえ。

レース四種類

現在遊べるレースの種類は四つ。易しい方から、「小結関脇ダービー」「大関ダービー」「横綱ダービー」「ロボダービー」。一つずつクリアして次に進んでいく仕組みです(一度クリアすればそのレースはいつでも選べるようになる)。

選べる対戦力士は八名(照ノ富士、逸ノ城、豪栄道、琴奨菊、稀勢の里、鶴竜、日馬富士、白鵬)。

肝心な遠藤がいないのはどういうことじゃい!! と思いましたが、三役以上の力士しか採用されていないようなので仕方ないのかな……でも物足りない!!(笑)

面白かった

ゲーム自体は、操作も簡単で、短い時間で楽しめました(競争に勝つためにクリック連打が必要な部分があって、そこはちょっと大変だったかな?)。

競馬の中に相撲の世界観が面白おかしく盛り込まれていて、私がプレイするゲーム画面を見ていた母は声を出して笑っていました(笑)。(その後、母もプレイしていましたが無事クリアしていました)

「横綱ダービー」クリアの時点でクリア記念の壁紙がもらえたのは嬉しい驚きでした!

ところで、この「日本スモウダービー」、2015年5月26日の時点でまだ隠し要素があり、5月28日に選べる対戦力士が一人増える模様……。

日本スモウダービー
(画像出典:日本スモウダービー)

↑これ……遠藤かな? 満を持して遠藤の登場なのかな??

……と思いたかったのですが、うっすら見える力士の体型からして、遠藤とは違う感じです(遠藤より胸元に肉がついている)。

一体誰なんだろう……。28日、改めて確認したいと思います!

(追記:その後、隠しキャラを確認しました!↓)

2015年6月1日までの限定公開サイト「日本スモウダービー」。28日に公開された隠し力士の正体は「曙」(あけぼの)! 格段に強くて苦戦しましたがなんとか勝利。そしてムービーに豊真将が?

(追記2:半年後(2015.11)、「相撲×競馬」ゲームの第二弾サイトが公開されたので行ってみました!↓)

日本相撲協会とJRAがコラボレーションしたゲームサイトの第二弾「ジャパンスモウカップ」をプレイしてみました。リズムゲームで、3面までは簡単なのですが、ラストのシークレットラウンドが難しすぎる!

  • 運営者ブログ新着記事