【大相撲】豪栄道が左肩峰の剥離骨折で休場~頭から土俵に突っ込んで肩で着地【2015.5夏場所】

2015年大相撲夏場所も残すところあと一日。

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月23日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十四日目)

↑そんな折、大関豪栄道(ごうえいどう)休場の報が入ってきて驚きました。昨日までは元気そうな姿を見せていたのに……。

スポンサーリンク

豪栄道が怪我をした瞬間

なぜ? と思っているところに、アナウンサーの説明が。『一昨日の相撲、横綱白鵬を首投げでやぶった相撲で左の肩を俵(たわら)に打ち付けて傷めてしまいました。左の肩峰(けんぽう)剥離骨折です。肩の一番高いところです』

これを聞いて、「ああ!」と合点がいきました。

その、豪栄道が肩を痛めたという取り組みは、当ブログでも紹介しました。↓

左膝の怪我を抱えながら、遠藤が四勝目を挙げました。自らの道を切り開く遠藤、カッコイイ! そして、豪栄道、妙義龍という実力派日本人力士たちも大活躍で波乱が!

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月21日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十二日目)

↑豪栄道が、白鵬(はくほう)の首を抱えて俵の外へ!

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月21日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十二日目)

↑ものすごい勢いで頭から土俵に突っ込んでいきます。

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月21日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十二日目)

↑そして左肩で着地。

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月21日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十二日目)

↑左肩を軸とするように回転しながら土俵の下へ。

これを見ていて、母と、「ブレイクダンスみたいだね」と話していたのです。

すり傷が

豪栄道 左肩 骨折 休場
(画像出典:2015年5月21日放送 NHK総合1 大相撲夏場所十二日目)

↑取り組み後、豪栄道の左肩にはすり傷ができていました。

平気そうな顔をして、翌日も出場していましたが、実は骨折していたんですね。肩からあんな落ち方をすれば確かに骨折もするよと思います。

47ニュースによると、『約4週間の加療を要する見込み』とのことで、来場所(7月)には治るでしょうか? 大事にして、またぜひ土俵の上で活躍する姿を見せてほしいです。

(追記:この怪我から一年四ヶ月後となる2016年秋場所、豪栄道が初優勝を果たしました! こんな日が来て良かった! めでたい!↓)

豪栄道が初優勝しました! 大関昇進以来不調続きの印象が強かった豪栄道ですが、地道に積んだ努力が実ったのですね。時間がかかっても諦めず、辛抱強く頑張る姿勢を、豪栄道の優勝から学んだ気がします。

追記:豪栄道引退

2020年3月追記:2019年末からボロボロと顔なじみの力士の引退が続きましたが、ついに2020年1月末、豪栄道が引退してしまいました。

この、豪栄道の引退というのが、存外に寂しくて、3月場所、いつも豪栄道がいた大関の場所に豪栄道がいないことの切なさを感じています。

豪栄道という力士は、いてくれるだけで、なんとなくその場が大相撲らしくなるというか、そういう存在だった気がしています。

もうあの、豪栄道が取り組み前に使っていたレモンイエローのタオルが見られなくなるかと思ったら寂しい。

本当はもう少し、豪栄道の相撲を見ていたかったです。

ありがとう豪栄道。親方としての今後の活躍を期待してます!

  • 運営者ブログ新着記事