【大相撲】白鵬に「何か歌え」と言われた大翔丸が「長渕剛の巡恋歌」を歌ったというのが意外

遠藤と同じ追手風(おいてかぜ)部屋の新十両大翔丸(だいしょうまる)。↓

↑大阪府出身、1991年生まれの23歳。高校、大学ともに遠藤の一年後輩。大学四年生時には「アマチュア横綱」になっています。

スポンサーリンク

長渕剛

そんな大翔丸。日刊スポーツの記事によると、おととい(2015年4月28日)、両国国技館でおこなわれた「力士会」に初参加した際、横綱の白鵬から「何か歌えよ」と促(うなが)されたのだそう。

そこで大翔丸が咄嗟に歌い始めたのが長渕剛(ながぶちつよし)の巡恋歌(じゅんれんか)

『「♪す~きです、す~きです、心から~あ~いしていますよとぉ~」』『しかし、数秒間歌ったところで、白鵬から「もういいよ」とダメ出しされ、笑いに包まれた。』

……とのことなのですが、長渕剛の巡恋歌って……どういう曲??

長渕剛といえば私の中では「とんぼ」「乾杯」が有名なのですが、「巡恋歌」というのはパッとはわかりません。

そこで調べてみたところ……。

ああ~、聞いたことがあるかもしれない! ちょっとやさぐれた感じの失恋ソングで、哀愁のある印象的なメロディーが心に残ります。

渋いチョイス

しかし……。この曲、発表されたのが1978年(*1)で、1991年生まれの大翔丸が選ぶ歌としてはけっこう渋い!(参考:*1wikipedia

それに、いかにも優しそうな柔和な顔をした大翔丸が「長渕剛」を歌うというのが、意外!

どうして「巡恋歌」なんだ??(笑) 大翔丸のお父様が長渕剛ファンだったりするのかな?

白鵬も、もっとわかりやすい最近の曲が出てくるかと思いきや、「長渕剛の巡恋歌」なんて歌われて面食らったんじゃないでしょうか(笑)。

おとなしいと見せかけておいて、実は爪を隠している……。そんな大翔丸の一面が垣間見えた気がしました。

横綱をおびやかす存在になってくれることを期待しています! 頑張れ大翔丸!

  • 運営者ブログ新着記事