【祝・大関昇進】朝乃山が、勝利のために、手を折りたたんだまま頭から土俵外に突っ込んで行く姿に感銘を受ける【2020.3春場所】

2020年大相撲春場所!

今場所は、ウィルスの影響で開催が危ぶまれていましたが、無観客での実施を日本相撲協会が決断してくださり、ありがたい限りでした。

理事長の初日挨拶にもあったように、大相撲には「大地を鎮め、邪悪なものを押さえこむ」(*1)力があると思うので、こういう時節だからこそ、開催することに意味があると思います。(引用:*1令和2年三月場所協会御挨拶

いつもと勝手が違う中、頑張っている力士たち、大相撲関係者の皆さんに感謝。

スポンサーリンク

無観客の大相撲

それにしても無観客の大相撲ってどんな感じなんだろう……けっこう前代未聞だよな……と思っていましたが、実際に見てみると、案外、普段の大相撲と変わらない雰囲気だと思いました。

周囲からの声援や熱気はないけれど、力士の全力の取り組みには何も変わりがなかった。

シンとしているので神妙さが増して、取り組みも含めて全体的に儀式感が強まっており、「やっぱり大相撲って神事なんだなあ」と感じさせられます。

ただやっぱり、面白い取り組みがあったときなんかは、「もしお客さんがいればここで大盛り上がりだったんだろうなあ。そのお客さんの反応、見てみたかったな」なんて思うときもありました。

朝乃山の体勢がカッコイイ

そして、あっというまに日程が過ぎ、千秋楽が明日に迫った21日。

日本相撲協会公式ツイッターをチェックしていたところ、一枚の写真に目が留まりました。↓

↑それがこの、朝乃山が鶴竜に投げを打っている一枚。

朝乃山のダイナミックな体勢がカッコイイなあと思ったんです。

特に、つま先立ちの、まっすぐ伸びた左脚! 筋肉のつき方も綺麗で惚れ惚れします。

そして、土俵に手を着くのを避けるように曲げられた左肘

これ、朝乃山、もしかしたら頭から突っ込んでいったのかなあ……。

どんな取り組みだったのか気になって、録画を確認してみました。

手を引っ込める

大相撲
(画像出典:2020年3月21日放送 NHK総合1 大相撲春場所十四日目 画像内円と矢印は筆者)

↑すると朝乃山、投げを打って土俵に向かって落ちていくとき、反射的に左手が地面に向かって伸びかけたのです。

そりゃそうですよね。転びそうになったら咄嗟に手を出して、顔や頭を守る体勢を取りたくなりますよね。

しかし!! 朝乃山はそこからがすごい!!

大相撲
(画像出典:2020年3月21日放送 NHK総合1 大相撲春場所十四日目 画像内円と矢印は筆者)

伸ばしかけた腕を瞬時に引っ込め、鶴竜もろとも土俵外へ突っ込んでいったのです。

手が先に地面に着いたら、負け。

それをわかっているから、人間としての原始的な防御反応に抗(あらが)って、腕を引っ込めた。

大相撲
(画像出典:2020年3月21日放送 NHK総合1 大相撲春場所十四日目)

↑しかも最後の最後まで、目はカッ!!! と見開かれたまま

……いやあ~、こういう、勝利のために痛みや恐怖をねじ伏せて戦う力士の姿って、雄々しくて、前々から好きなんですが、今日の朝乃山にもシビれました!

頑張ってほしい

朝乃山といえばトランプ大統領が来日したとき(2019年五月場所)に優勝した力士として私の中では有名なのですが、今場所は大関昇進をかけて頑張っていますよね

今日の鶴竜戦で勝てなかったことで「大関昇進の目安とされる直前3場所で33勝」には届かなくなってしまったのですが、千秋楽の内容如何ではまだ可能性があるっぽい(参考:時事ドットコム

大関といえば、今年の1月に豪栄道が引退してしまい、寂しかったので、ぜひ朝乃山に新大関になってもらって盛り上げてほしい

今日、勝てなかったけれど、最初、軍配は朝乃山に上がったし、闘志を感じさせる良い相撲内容だと思いました。

大関としての力は十分にあると思うんだけどな!!

とにかく、明日、千秋楽で勝ってほしいですね。

頑張れ朝乃山!

追記:朝乃山、大関昇進確実!

大相撲
(画像出典:2020年3月22日放送 NHK総合1 NHKニュース7)

↑千秋楽で見事に勝った朝乃山。

今場所、11勝4敗という成績を残し、大関昇進が確実だと報じられています! いやめでたい!!

これを足がかりとして、ぜひぜひ横綱まで上り詰めていただきたいのですが……(気が早い)。

クセのない、オールマイティー感あふれる、安定した相撲が魅力の朝乃山。

なんだかあっという間に大関まで上がってきた感があって、今後にも期待大!

富山県の雄(ゆう)として、めいっぱい頑張ってほしいです!

  • 運営者ブログ新着記事