【2015】ラグビーワールドカップ、ヘッドギアのロゴマークはカニのハサミだと思っていたが違った

2015ラグビーワールドカップで、ホラニ龍コリニアシ選手がつけていたハワイ柄ヘッドギア。↓

ラグビー ワールドカップ ホラニ龍コリニアシ選手
(画像出典:2015年10月4日放送 NHKBS1 ラグビーW杯2015 画像内円・矢印は筆者)

↑その額にはヘッドギアブランド(カンタベリー)のロゴが入っていたわけですが、初めて見るそのマークを、私はカニのハサミをデザイン化したものだと思いました。

ラグビー ワールドカップ カンタベリー ロゴ

↑カニのハサミ。

見ているうちに……

ラグビー ワールドカップ カンタベリー ロゴ
(画像出典:2015年10月13日放送 ニコニコ動画 ラグビーW杯2015帰国記者会見 画像内円は筆者)

↑しかしその後、ラグビーの試合中や記者会見でよくこのマークを見るにつけ、だんだん、「これ、もしかしたらカニのハサミではないのかもしれない……」と思うようになりました。

赤く塗られた部分に注目するとカニのハサミなのですが、黒い部分に注目すると、くちばしの長い鳥にも見えるのです。↓

ラグビー ワールドカップ カンタベリー ロゴ キウイ

↑これ、もしかしてカニじゃなくて鳥なのでは……

キーウィだった

と思ってカンタベリーについて調べたところ、カンタベリーはニュージーランドのスポーツブランドで、『三羽のキーウィが横に並ぶ特徴的なデザインマークを採用している』(*1)とのことで……。(引用*1:wikipedia

やっぱり、カニじゃなくて鳥だったんだ!!

↑キーウィはニュージーランドの国鳥なので、ニュージーランドのスポーツブランドロゴマークとしては最適ですね。

だまし絵っぽい

でも、いかにも鳥っぽいデザインではなく、赤い部分だけ見ればカニのハサミとか、色々なものに見えるデザインなのが、だまし絵っぽくて洒落ているなと思いました。(ちなみに母は、このマークを「ラグビーボールかと思っていた」と言っていました(笑))

  • 運営者ブログ新着記事