【14】あらや滔々庵を出発~一人一泊4万3千円の価値はあったか

納得

一人一泊、4万3千円もの価値はあるのか……。

泊まるまではあったそんな「疑念」は、あらや滔々庵に実際に宿泊してみて、お金をかけた分だけの価値を感じられる宿というのがあるんだという「納得」に変わっていました。

一人につき、浴衣は二着、バスタオルは三枚。何度も取り替えられた冷水ポットとグラス。夜寝る前に出てきた銘菓。

高級料亭のような食事。入り放題の客室露天風呂。

洗面所の、高級な基礎化粧品(アミノリセ)(笑)。

ここまでの贅沢は必要ない。けれど、この贅沢にお金を払うのであれば4万3千円は妥当。そう思える内容でした。

スポンサーリンク

また泊まりたい

あ~、また泊まりたいな。お金さえあれば何度でも泊まりたい。居心地の良い宿でした。母の「一生に一度は豪華な温泉旅館に」という希望を叶えるため、探しに探して決めたのがあらや滔々庵で良かった、自分の選択は大正解だったと思いました。

スポンサーリンク

送りのバス

宿から加賀温泉駅までの送りのバスは、始発が9:10。そこから30分おきに11:10が最終と言われており、私たちは10:40を希望していました。

朝食後、ゆっくりおしゃべりする暇もなく、私たちはメイクなど最後の身支度にとりかかりました。

できれば最後、ちょっとでもお湯に浸かれたら良かったのですが、残念ながらその時間もありません。↓

あらや滔々庵 朝 露天風呂

↑名残惜しい、源泉が満ちた露天風呂。

部屋を出る直前に、このお湯に「ありがとう」と触って別れを告げました。相変わらず熱かったです(笑)。

10:40。宿が用意してくれたマイクロバスに乗り込み、慌ただしく出発します。手を振る仲居さん、女将さんに私も手を振り返します。お世話になりました! また来たい!

加賀温泉駅へ

あらや滔々庵 マイクロバス 送迎

↑マイクロバスは一路、加賀温泉駅へ。窓からは、青空にそびえる白山連邦が見えました。

あらや滔々庵 マイクロバス 送迎

↑15分ほどで駅に到着。ああ~別れがたきあらや滔々庵。泊まれて本当に良かったよ。ありがとう。いつかまた~!

運転手さんに別れの挨拶をし、私たちは足早に駅へ向かいました。

駅弁が美味しそう

あらや滔々庵 加賀温泉駅

↑福井駅までの切符を購入後、余った少しの時間で加賀温泉駅内のお土産売り場を物色。「ますのすし」「日本海名産かにすし」「柿の葉ずし」など駅弁のクオリティーが高すぎます。

欲しい……と食指が動きかけましたが、この日の夕食(ホテル日航金沢の会席料理:予約済み)を美味しく食べるため、ここは我慢、我慢……。

あらや滔々庵 加賀温泉駅

↑特急しらさぎに乗って、福井駅へ向かいます! 目指すは憧れの平泉寺白山神社!!(→「平泉寺白山神社までの旅路~えちぜん鉄道に乗って」に続く)

金沢のおすすめ温泉旅館
送迎あり。くつろぎの温泉旅館 2,000坪の敷地に全10室
楽天トラベルお客様の声ランキング 高級旅館部門石川県 第1位!
2015年3月9日オープン。加賀五彩をテーマとしたホテル。
小粋な7部屋の料理旅館。能登牛、鮎料理が美味。お一人様OK。
スポンサーリンク