母の言い間違い~石田衣良(いら)は「セラ」、THE ALFEEのギタリスト高見沢さんは「岩見沢」

作家の中には手書き派とパソコン(ワープロ)派がいるという話を母としていたとき、母が「あの、セラって人は?」と言いだしました。

「セラ?(世良公則じゃないし……)誰それ」「エラだったか……あの、髪がふわっとしてて50歳くらいの」

「……まさかイラ? 石田衣良?」「そうそう」

……セラでもエラでもな~い!

……他にも、THE ALFEEのギタリスト高見沢さんを「岩見沢」と言ったりして……岩見沢は北海道の地名だから!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

母の言い間違い(ニコラスケイジ、メリルストリープ、劇団ひとり、メントール)

母にかかると、ニコラスケイジはフラスコケイジ、メリルストリープはメイプルシロップ、劇団ひとり、メントールは……?

記事を読む

ハーベスト

東ハト「ハーベスト」、ザラメ砂糖イラストをゴマの粒と思い込んで間違った味を買う

ハーベストをたまに買います。近頃買うのはもっぱらセサミ(ゴマ)味。しかし先日母が買い物かごに入れたのはバタートースト味。珍しいなと思っていたら、母はセサミを買ったつもりだったと判明。その理由は…。

記事を読む

開きピン助 ポンタラ

母が買ってきてくれた「開きピン助」(ポンタラ)が美味しい【北海道産スケソウダラ使用】

母が、私の好物であるポンタラ(助宗鱈を開いて干して味付けした珍味)を買ってきてくれました。久々のポンタラです。乾燥しすぎておらず、しょっぱすぎなくて美味しい!

記事を読む

蟹刺し

毛蟹ギフトの蟹刺しを頼もうと思ったら、刺身状態ではなく生きたまま送られてくると知った

母が蟹の刺身が食べたいと言います。ちょうどスーパーに毛蟹ギフトのチラシがあったので蟹刺しを頼もうと思ったのですが、よく確認したら商品は刺身じゃなく生きた蟹でした。

記事を読む

小麦粉

国産小麦の名前が思い出せない! 競走馬の名前みたいな国産小麦って何?

テレビ番組に出てきた国産小麦のパン。国産小麦といえば私の中ではアレだったのですが、そのアレが思い出せない! 母も思い出せず、「競走馬みたいな名前の…」なんて言っていて、ますますわからない!

記事を読む

マクロビオティック7号食について熱く語る私とドライな母

マクロビオティックの7号食について新たに気づいたことがあったので熱く母に語っていたところ、あからさまに何度も話題を変えられました。

記事を読む

有機野菜の恐怖?~葉に虫がついているかもという先入観

有機栽培野菜にはつきものの「虫」の恐怖。虫じゃなくても、先入観で虫に見えるのがやっかい。

記事を読む

母の、マクロビオティック的聞き間違い~焼き芋の「ネットリ系」を…

マクロビオティックの知識を持つ母が、焼き芋の「ネットリ系」を何と聞き間違えたかというと……。

記事を読む

母の昼食は「枝豆弁当」~ゆでた枝豆オンリー

母は、職場に昼食を持参しています。そしてその内容がすごい。「ゆでた枝豆」だけを持っていったりするのです。名付けて「枝豆弁当」。

記事を読む

母が作る「かぼちゃの煮付け」をレシピ化~曖昧な情報から数値を探る

母が作る美味しいかぼちゃの煮付けをレシピ化しました。

記事を読む

母が、仕事から帰ってきていつの間にか作る夜食うどん

母はよく夜食にうどんを作って食べるのですが、いつの間にか私も夜食にうどんを食べるようになってきました。

記事を読む

金曜日の母(食い散らかして座椅子で寝ている)

土日の二連休を前にした金曜日。仕事から帰ってきた母は、とめどなく間食を繰り広げます。

記事を読む

柿に、逆さに刺さるつまようじ

母が食後に出してくれた柿に、つまようじが逆に刺さっていて笑えました。

記事を読む

生姜

生姜の皮を突起まで綺麗に剥いたのを自慢げに見せに来る母~彫刻的生姜コレクション

台所に立っていた母が「これ」と言いながら持ってきて見せてくれたのは、小さな突起部分まで綺麗に、彫刻的に皮が剥かれた生姜でした。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る雑記」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたものレビュー(基本的に自然派・無添加系)、買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細