納豆に梅干しとゆで小松菜を加えて手っ取り早く栄養を摂る

なるべく少ない品数で多くの栄養を摂りたいと思ったとき、手っ取り早いのは一品の中に様々な食材を混ぜてしまうことですよね。

たとえば納豆。ねぎとめんつゆだけでシンプルに食べるのも好きですが、栄養を意識した場合は梅干しゆで小松菜を投入します。

ちなみにすった黒ごまを混ぜたこともあるのですが、それだとちょっと黒ごまの風味が勝りすぎてしまうような印象でした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

「梅ネギ納豆ご飯」のレシピ更新~納豆ご飯定食の主食

「梅ねぎ納豆ご飯」のレシピをアップしました。納豆に梅干しと長ネギ、めんつゆを入れてかき混ぜ、玄米ご飯にかけて食べます。

記事を読む

カレーライスに、栄養補給要員としてゆでた小松菜と海苔を投入

カレーライスを食べるとき、トッピングとして、ゆで小松菜と海苔を追加。栄養価アップのための工夫です。

記事を読む

小松菜の塩醤油炒めが好物~醤油の量に注意

私は「小松菜の塩醤油炒め」が好きなのですが、醤油の加減が難しいです。しょっぱすぎる一歩手前が好きなのに、入れすぎて漬物のように塩辛くなることもしばしば……。

記事を読む

ゆでた小松菜をタッパー保存するとき、クッキングペーパーを敷くと長持ちする

今までゆでた小松菜を直接タッパーに入れて保存していたのですが、そこにクッキングペーパーを敷く一工夫をすることでより長持ちさせられることを知りました。

記事を読む

小松菜の味噌汁って美味しいよね

具が小松菜だけの味噌汁って美味しい。胃に染みいる!

記事を読む

小松菜 ぬか漬け

野沢菜漬けが食べたくて、小松菜をぬか漬けにしてみたらすごく野沢菜漬けっぽくて美味しかった【ぬか漬け15】

野沢菜漬けが好きなのですが、ここ10年は食べていません。そこで、野沢菜に似ていて入手が容易な小松菜をぬか漬けにしてみたら、すごく野沢菜漬けっぽくて大満足。

記事を読む

母が職場に持って行っている野菜豊富な弁当(かぼちゃ、ひじき、きんぴら、小松菜)

母の健康を支える弁当の内容を公開。ひじき、かぼちゃ、小松菜にきんぴら!

記事を読む

毎日欠かさないムソーの有機梅干し~嗅ぐだけで病気が治りそうな高貴な香り

私が毎日欠かさず食べているのがムソーの有機梅干し。とても香りが良くて、何度も深呼吸してしまいます。

記事を読む

おにぎりを楽に作る方法~ラップの上で具を包み、塩は上から振りかける

おにぎりは作るのが大変という印象があったのですが、楽な方法を編み出しました。一番のポイントは、塩を、手につけてにぎるのではなくおにぎりの上から振りかけてしまうこと。

記事を読む

納豆にお酢+タレを混ぜる「酢納豆」が美味しくてびっくり~疲労回復・血流改善効果【内堀醸造 有機純米酢】

納豆に醤油とお酢を混ぜて食べると美味しいという噂を聞いて試してみたら、甘酸っぱい濃厚な味わいの美味しい納豆になって、ハマってしまいました! 健康効果も嬉しい!

記事を読む

「納豆にかける魔法のいわし粉」を納豆にかけて食べてみたら納豆ふりかけのような味わいに【九州産煮干し粉末】

納豆にかけると美味しいという「いわし粉」(頭とはらわたを取り除いた煮干しの粉末)を買ってみました。納豆1パックに大さじ1杯が規定量。早速かけて食べてみたところ…。

記事を読む

梅干しを六年放置していたら干からびて塩の結晶ガチガチ状態に~食べられるように試行錯誤してみた

6年前に購入して、未開封のまま手つかずだった梅干しが、干からびて塩吹き・塩の結晶ガチガチ状態に。どうにか食べようと思い、「湯戻し」を試したらなかなか良かった!

記事を読む

「卵納豆ご飯」(納豆+ねぎ+醤油+生卵)を20年以上ぶりに食べた~少ない納豆も卵で増量

日本晴という米を初めて食べるとき、ただの納豆ご飯では面白みに欠けるので、20年以上ぶりに「卵納豆ご飯」にすることにしました。スルスルしたのど越しで美味しかったです。

記事を読む

梅干しの種と一緒に玄米を炊く~種が行方不明にならないように一カ所に固めるのがコツ

梅干しの種が溜まってきていたので、玄米と一緒に炊くことにしました。そしたら、炊きあがった玄米に埋もれて、種が行方不明に。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る健康的工夫」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る納豆の話題」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る料理」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたものレビュー(基本的に自然派・無添加系)、買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細