無漂白100%表記のコーヒーフィルターに漂白パルプが混入していた~カナエ紙工のフィルターに替えたら美味しくなった

食後にコーヒーを淹れようと思ったのですが、それまで使っていたコーヒーフィルターがちょうど在庫切れ。

コーヒーフィルター 無漂白

↑そこで、昨年、いるカフェというお店で買い物をした際におまけとしてついてきたコーヒーフィルターを使うことに。

スポンサーリンク

いつもより美味しい

コーヒーフィルター 無漂白

そうしたら……。

コーヒーフィルター 無漂白

↑んっ? 美味しい! 今日は美味しく淹れられたなあ! トロミを感じるような、深いコクのある味わいです。

なぜこんなにうまくいったかな? いつもと手順はたいして変えていないつもりなんだけれど……。偶然かなあ? またこんな風に美味しく淹れたいものだ。

翌日も美味しい

そして翌日。

いつもは二日連続でコーヒーを飲むことはないのですが、前日のコーヒーが美味しく入って嬉しかったので、またコーヒーを淹れてみました。

すると……。

コーヒーフィルター 無漂白

おっ? また美味しい! いやあ~、なんだか急にコーヒーが美味しく淹れられるようになったなあ。一体、何が勝因なのだろう。手順は大して今までと変えていないし、豆も同じなのに……。

コーヒーフィルターを替えてから美味しくなった

そこまで考えてハタと思い至ったのはコーヒーフィルターのことです。

あの、おまけのコーヒーフィルターを使い出してから、急にコーヒーが美味しくなったと思わない?

いや、でも、そんな、コーヒーフィルターの違いで味が変わったりするかなあ? どちらも同じ無漂白タイプだし……。

と思って調べてみたところ、少し気になる情報を得ました。

漂白パルプ

なんと、私が「おまけコーヒーフィルター」の前に使っていた、「無漂白100%」と表示されているコーヒーフィルターの原紙に、漂白パルプが10%混入していたというのです。

その事実が判明したのは2008年で、現在、該当商品からは「無漂白100%」の表記がなくなっています。

私が使っていたフィルターは古く(少なくとも2008年より前に購入)、「無漂白100%」との表記があるものですので、漂白パルプが混入されていたものだった可能性が高いわけですね。

では、漂白パルプというものに問題はあるのか?

コーヒーの抽出法を考える」「秘蔵! コーヒーの豆知識」によると、コーヒーフィルターの漂白方法で現在一般的に用いられている「酸素系漂白」は、塩素系よりは安全であるが、化学物質に過敏な人は避けた方が無難であるとのこと。

安心できる無漂白フィルター

コーヒーが美味しくなったのがコーヒーフィルターを変えたことによるものなのかどうか、はっきりとしたことはわかりません。

けれど、とりあえず、次に買うコーヒーフィルターは、あのおまけでもらったフィルターと同一の物にすると決めました。

↑こちら。ドルフィンコーヒーフィルター。無漂白。非木材パルプの「ケナフ」を20%配合。フィルターに、指でつまみやすい「耳(ハーフムーンカット)」がついているのが特徴。

「カナエ紙工株式会社」の商品で、公式サイトの説明によると、シール部分に糊や接着剤は一切不使用とのことで、なんだか安心できます!

このコーヒーフィルターをおまけにつけてくれたいるカフェという店で買い物をしたのは、昨年の一度きり。その一度の縁が、今回の気づきを与えてくれたんだと思うと感慨深いです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

有田焼磁器ドリッパー

有田焼の磁器ドリッパーでコーヒーが美味しく淹れられる!~ドリッパーの安全性を求めて

熱湯を注いだとき、プラスチック(AS樹脂)製のドリッパーから何かが溶け出ているかもしれないと不安に感じ、磁器ドリッパーを購入しました。とても気に入りました!

記事を読む

カナエ紙工コーヒーフィルター

美味しくコーヒーが淹れられる無漂白コーヒーフィルターを生協でゲット【カナエ紙工製】

今まで使っていたコーヒーフィルターに代わり、以前試して美味しくコーヒーが淹れられたカナエ紙工株式会社製のコーヒーフィルターを購入してみました。

記事を読む

玉屋有機アイスコーヒー

有機栽培豆使用の「玉屋有機アイスコーヒー」が美味しい

有機栽培豆使用のアイスコーヒーを初めて買ってみました。手軽に美味しく安全なアイスコーヒーが楽しめて大満足。

記事を読む

砂糖とミルク入りコーヒー

九年ぶりに、コーヒーに砂糖とパウダーミルクを入れてみる~美味しいが、ハンドドリップしたコーヒーの味と香りがわりと台無し

いつもコーヒーはブラックで飲むのですが、母の要望で砂糖とミルクを入れてみることにしました。こういう風に飲むのは九年ぶりです。

記事を読む

手作りガムシロップ

粗糖で手作りしたガムシロップをアイスコーヒーに入れる【レシピ】

今日もデカフェを飲みました。入れるガムシロップは粗糖で手作りです。まろやかで優しい味。

記事を読む

珈琲バニラ

ハーゲンダッツ「珈琲バニラ」は、コーヒー部分がもっと苦くても良い

ハーゲンダッツの期間限定商品「珈琲バニラ」を食べてみました。甘めで万民受けする味ですが、個人的にはコーヒー部分をもっと濃く深煎りっぽくしてほしかったかな?

記事を読む

うちカフェ トーストコーヒー

「うちカフェ」は、「ジャムトースト・コーヒーセット」が150円で楽しめる

我が家の「うちカフェ」で定番メニューの「ジャムトースト・コーヒーセット」の原価を計算してみたら150円でした。やっぱり家で食べるというのはお得です!

記事を読む

デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)はホットでも美味しい~味も良く、眠れるし、デカフェっていいね

初めてデカフェをホットで飲んでみましたが、美味しいですね~。

記事を読む

玉屋有機アイスコーヒー

ひと夏分買ったはずのアイスコーヒーがすでになくなりそう

先日、有機アイスコーヒーをひと夏分買い溜めしたつもりだったのですが……。何かにつけ飲んでいたら、もう残り一本になってしまいました!

記事を読む

カリタクラシックミル

豆を挽いている途中でコーヒーミルが壊れた

コーヒーを淹れようと豆を挽いている最中に急にミル(カリタクラシックミル)のハンドルが回らなくなりました。そこで登場させたのはカリタのドームミル!

記事を読む

シリコンカップで氷

アイスコーヒーに氷を入れたい~冷凍庫に氷を作るスペースが無いのでシリコンカップを使って氷を作る

ブラックのアイスコーヒーが濃いので氷を入れたかったのですが、うちの冷凍庫は物がぎゅうぎゅうすぎて氷を作るスペースがない! そこで講じた苦肉の策は、シリコンカップでの氷作り。

記事を読む

有機デカフェでアイスコーヒーを淹れる。カフェイン抜きでも美味しいものだね!

デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)初体験。すっごく美味しいじゃないですか! これならもうずっとデカフェで。眠りたいので。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る食の安全」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細