高橋優の歌う「同じ空の下」に励まされる

NHKの仕事ハッケン伝というテレビ番組が好きで見ています。

何度も見ているうちに、番組内で流れる主題歌が耳に留まりました。なんとなく自然に一部を覚えて、ふと口ずさみます。「明日がそっぽ向いてても~~ウォ~イェ~今日がやるせなくて~も~♪」

口ずさむたびに、歌詞が心にしみました。なんかこの曲、良いよね!

スポンサーリンク

励まされる

というわけで歌詞を検索→「同じ空の下」:作詞・作曲 高橋優

全文をじっくり読んでみると、イイ! ジーンとくる! 共感する!

この曲を作った高橋優さんという方のことは知っていました。ストレートな、熱い歌を歌う方だなという印象で、でもこのような歌に励まされるような時期は自分は過ぎたなと思っていました。

けれど今、励まされています(笑)。

この曲で特にグッときたのは『この手伸ばして一歩踏み出して 「これだ!」って腹括って決めた』という部分です。

過去、私はさまざまな曲に励まされて生きてきました。2013年、自分を励ましてくれた曲として、この「同じ空の下」を記憶に刻みたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

モーニング娘。

シャ乱Qつながりのモーニング娘。を応援

私は中学生のときにシャ乱Q(バンド)にはまっていました。そのため、シャ乱Qの系譜につながるモーニング娘。にも注目しています。

記事を読む

玉置浩二が歌うサザエさんの歌

安全地帯の玉置浩二さんが歌う「サザエさんの歌」

今日youtubeで「あなたへのおすすめ」として示された動画。「玉置浩二(安全地帯)~サザエさんの歌」……(笑)。

記事を読む

玉置浩二サーチライト

玉置浩二の新曲「サーチライト」の歌詞が良い

2013年11月27日に発売になった玉置浩二さんの新曲「サーチライト」。この曲の歌詞に、精神的苦難と闘っていた頃の自分が思い出されてジーンとしました。

記事を読む

クリスハート

歌手クリス・ハートさんが日本のロックバンド「Janne Da Arc」を好きと知ってびっくり

「日本の歌が世界一うまい外国人」として有名なクリス・ハートさん。最近気になって色々調べていたら、日本のロックバンド「Janne Da Arc」が好きだと判明してびっくり。

記事を読む

岡本太郎

岡本太郎に影響され、マクロビオティックも激しいものになる

私が人生で一番影響を受けた人物は岡本太郎。人生も、マクロビオティックも、「自分で選び、自分で決める」という強い姿勢が好きです。

記事を読む

旭川 ライフ

やなせたかしさんを偲ぶ~アンパンマンマーチの歌詞を胸に刻み、悔いのない人生を歩みたい

母と訪れた喫茶店。先日亡くなったやなせたかしさんの話になりましたが、母は、哲学的な歌詞が印象的な「アンパンマンのマーチ」を知らないといいます。そこで……。

記事を読む

モーニング娘。時空を超え

モーニング娘。「時空を超え宇宙を超え」が清浄すぎて切ない~つんく、無事の帰還を待ってるよ!

モーニング娘。の新曲「時空を超え宇宙を超え」を聴いてみました。とにかく透明感があって清浄な感じのする曲です。つんくの病状が良くなることを祈らずにはいられない。

記事を読む

acidblackcherry

Acid Black Cherryが二日後に地元(北海道旭川市)でライブをやることを知った

アニメ「ブラックジャック」のオープニング曲を聞いて以来、なんとなく注目しているAcid Black Cherryというバンド。久々に近況を調べたら、なんと二日後に旭川(地元)でライブが行われるというではないですか!

記事を読む

アンパンマンの「勇気の花の蜜」を「有機栽培の花の蜜」と間違える母

母に、アンパンマンのあんこには「勇気の花の蜜」が入っていると言ったら、有機栽培だと勘違いされました。

記事を読む

acid black cherry

バンド「Acid Black Cherry」は、母には「旭豆の人」と言わないと通じない

私が現在わりと好きなバンド「Acid Black Cherry」。母との会話の中に彼らを出すときは「旭豆の人」と言います。旭豆とは旭川で明治時代に生まれた豆菓子なのですが……。

記事を読む

SE-A611TV

右耳が聞こえなくなっていたパソコン用ヘッドホンをついに新調~手元音量調整機能が便利【パイオニアSE-A611TV】

二年間使っていたパソコン用ヘッドホンがだんだん壊れていって、ついに左からしか音が聞こえなくなり、それでも数ヶ月使いましたがついに買い換えました。音の世界が変わった!

記事を読む

プロスペック歯ブラシ

歯科治療が苦手なのに虫歯発見で青ざめるが、前向きに考える

歯に関する問題は大変ですが、きっと死後に振り返れば、「生きていたからこその体験だった」とほほえましく思い出せるはず……と、死後の自分を想像することで乗り越えようと思っています。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る音楽」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細