抹茶を家で手軽に点てる方法

抹茶 家庭での点て方

七年ほど前、茶道に憧れ道具を揃え、抹茶を点てては楽しんでいました。しばらく遠のいていましたが、最近また飲みたくなって、道具を棚から引っ張り出して「プチお茶会」を開いています。

スポンサーリンク

手軽に

以前は茶杓(抹茶をすくう竹製の匙)や棗(なつめ)(抹茶を入れておく容器)などを使ってできるだけ本格的な雰囲気に沿って点てていましたが、今は、買ってきた抹茶の袋に直接小さじ(調理用)を入れてすくったりして、ずいぶん手軽にやっています。

ただ、どうしても茶筅(ちゃせん)だけは必要ですね。

抹茶の点て方

それでは、うちでの抹茶の点て方をご紹介します。

器を温める

抹茶 家庭での点て方

↑まず茶碗に熱湯を少量注ぎ、茶碗を回して全体を温めます。

茶筅を湿らせる

抹茶 家庭での点て方

茶筅をお湯で湿らせたら、茶碗の湯を捨てて水気をキッチンペーパーなどでよく拭き取ります。

抹茶を入れる

抹茶 家庭での点て方

↑抹茶小さじすり切り一杯分を、茶碗に茶こしでこして入れます。

茶こしで漉さずに点てることを試してみたこともありますが(そのときの記事はこちら)、そうするとダマができてしまったので、面倒でも漉すことをお勧めします。

お湯を注いで点てる

抹茶 家庭での点て方

↑沸騰する前のお湯(湯気が立ち、小さな泡が少し出てくるくらいのもの)を120mlほど注ぎ、手首を固定して肘から先の動きで斜めジグサグに素早く点てていきます

点て方については蓬莱道茶舗サイトで解説されていたものを参考にさせていただいています。

表面の泡を切る

抹茶 家庭での点て方

↑最後に、表面の泡を茶筅の先で「の」の字に切り、真ん中からそっと抜いて完成です。


【お湯の温度、量】
ちなみに、一般的に、

注ぐお湯の温度は70~85度

お湯の量は約70ml

抹茶は2g(茶杓二杯)程度

とされています。

抹茶小さじすり切り一杯分が、ちょうど2gほどです。私はここに120mlのお湯を注いでいるので、標準より薄めの仕上がりなのかもしれません。でも美味しいですよ。このへんの、抹茶とお湯の量に関しては、個人の好みでいいんじゃないかなと思います。

また、お湯は、水道水の場合、一度沸騰させてカルキ臭を抜いてから使うと良いとされています。


【水の硬度】
そして、できれば軟水を用いるのが良いようです。(参考:丸久小山園:抹茶の点て方

うちでは、蒸留水器で作った蒸留水を使っています。(蒸留水器について詳しくは「蒸留水器で水道水の放射性物質を除去する」参照)

蒸留水は驚きの硬度0。スーパー軟水なので抹茶も美味しく入ります!


どんなに口の中が甘ったるくなっていても、抹茶を飲めばすっきりさっぱり。その怒濤の爽やかさが好きです。

それに、抹茶って、テーブルに出すとその場の空気がぐっと高級になりますよね。おやつタイムを楽しく演出するのにぴったりのアイテムです。

抹茶と茶筅さえあれば、あとは家庭にある道具でなんとかなる。その、意外な手軽さも魅力です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

抹茶

抹茶を茶こしで漉してから点てる必要はあるのか?~漉さずに点てる実験

抹茶といえば茶こしで漉してからお湯を注いで点てるのが通例ですが、本当に抹茶を漉す必要ってあるのでしょうか? 常々疑問だったので実験してみました。

記事を読む

ハーゲンダッツ ジャポネ

ハーゲンダッツ「ジャポネ」は、抹茶アイスの新境地!

ハーゲンダッツ「ジャポネ」を食べてみました。抹茶パフェを彷彿させる和スイーツの味わいで、抹茶好きの私は気に入りました!

記事を読む

モンベル野点セット

登山で抹茶を楽しめる「野点セット」は軽く丈夫な山仕様(モンベル製)

登山メーカーモンベルの会報誌が送られてきて、面白グッズを探していたら「野点(のだて)セット」なるものを発見。山で抹茶を点てようという発想がすごい。

記事を読む

煎茶を飲みたそうにしていた父に煎茶を淹れた

昨日煎茶を飲めずがっかりしていた父のために、今日、淹れてあげました。

記事を読む

【有機JAS】緑茶「さやまかおり」は濃厚な苦みと渋みで口の中がさっぱりするのがいい。コスパも良くお気に入り。【静岡県産】

毎日、夕食後に煎茶を飲むのが楽しみなのですが、そのときの定番茶葉が有機の「さやまかおり」。苦み、渋みが強い濃厚な風味で、口の中がさっぱりします。

記事を読む

深蒸し茶

「深蒸し茶」(有機栽培)が健康に良いと聞いて注文~美味しく淹れる試行錯誤

ためしてガッテンで深蒸し茶の効能について取り上げられていたので、流行に乗って私も注文してみました。有機栽培のものです。旨味があって美味しいです。

記事を読む

おやつに手作りおはぎを食べる

おはぎを手作りしました。あんこを甘さ控えめにしすぎて豆の味しかしなくなってしまった前回の経験を生かし、今回は小豆300gに対し粗糖200gにしました。

記事を読む

セレック (CELEC) ティーポットを新調~V字フィルターで、少ないお湯でもお茶が淹れやすい

二人分淹れるには容量が小さかったティーポットを新調してワンサイズ大きくしました。V字フィルターが優れものでとても使いやすい!

記事を読む

緑茶もたまにはいいね

冬に入ってからはもっぱら番茶を飲んでいたのですが、今日は久しぶりに緑茶を飲んでみましたよ! 

記事を読む

煎茶のカフェインを弱める「さっと出し」をすると、飲んでも眠れる

煎茶を飲むとカフェインで眠れなくなることに困っていましたが、茶葉を入れた急須に熱湯を注いで10秒もしないうちにサッと湯飲みに出して飲むようにしたら眠れるようになったんですよね。

記事を読む

「有機熟成三年番茶」はティーバッグだけど味は鍋で煮出したのと同じ本格派。香ばしくて美味しい【低カフェイン】【オーサワジャパン】

三年番茶は低カフェインで体に優しいためよく飲むのですが、いつも鍋で煮出すのが面倒でした。ガラスポットに移す際にこぼしたり。けれどティーバッグの三年番茶を見つけてそういう面倒が解決! 味も良い!

記事を読む

お茶を茶葉ごと飲んだら体調が良くなったという話を聞いて試してみた結果

お茶を茶葉ごと飲むようになって体調が良くなったという話題をネットで見かけ、私も試してみました。しかし、ちょっと飲みにくい(笑)。

記事を読む

煎茶のカフェインで黒船来航(眠れない!)

おはぎと一緒に煎茶を三杯飲んだら見事に眠れなくなりました。

記事を読む

有機煎茶「緑風の舞」とおはぎで新茶パーティー

先日注文した有機栽培煎茶「緑風の舞」が届いたので、手作りおはぎとともに新茶パーティーを開きました。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る食のお役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るお茶の話題」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細