抹茶を家で手軽に点てる方法

抹茶 家庭での点て方

七年ほど前、茶道に憧れ道具を揃え、抹茶を点てては楽しんでいました。しばらく遠のいていましたが、最近また飲みたくなって、道具を棚から引っ張り出して「プチお茶会」を開いています。

スポンサーリンク

手軽に

以前は茶杓(抹茶をすくう竹製の匙)や棗(なつめ)(抹茶を入れておく容器)などを使ってできるだけ本格的な雰囲気に沿って点てていましたが、今は、買ってきた抹茶の袋に直接小さじ(調理用)を入れてすくったりして、ずいぶん手軽にやっています。

ただ、どうしても茶筅(ちゃせん)だけは必要ですね。

抹茶の点て方

それでは、うちでの抹茶の点て方をご紹介します。

器を温める

抹茶 家庭での点て方

↑まず茶碗に熱湯を少量注ぎ、茶碗を回して全体を温めます。

茶筅を湿らせる

抹茶 家庭での点て方

茶筅をお湯で湿らせたら、茶碗の湯を捨てて水気をキッチンペーパーなどでよく拭き取ります。

抹茶を入れる

抹茶 家庭での点て方

↑抹茶小さじすり切り一杯分を、茶碗に茶こしでこして入れます。

茶こしで漉さずに点てることを試してみたこともありますが(そのときの記事はこちら)、そうするとダマができてしまったので、面倒でも漉すことをお勧めします。

お湯を注いで点てる

抹茶 家庭での点て方

↑沸騰する前のお湯(湯気が立ち、小さな泡が少し出てくるくらいのもの)を120mlほど注ぎ、手首を固定して肘から先の動きで斜めジグサグに素早く点てていきます

点て方については蓬莱道茶舗サイトで解説されていたものを参考にさせていただいています。

表面の泡を切る

抹茶 家庭での点て方

↑最後に、表面の泡を茶筅の先で「の」の字に切り、真ん中からそっと抜いて完成です。


【お湯の温度、量】
ちなみに、一般的に、

注ぐお湯の温度は70~85度

お湯の量は約70ml

抹茶は2g(茶杓二杯)程度

とされています。

抹茶小さじすり切り一杯分が、ちょうど2gほどです。私はここに120mlのお湯を注いでいるので、標準より薄めの仕上がりなのかもしれません。でも美味しいですよ。このへんの、抹茶とお湯の量に関しては、個人の好みでいいんじゃないかなと思います。

また、お湯は、水道水の場合、一度沸騰させてカルキ臭を抜いてから使うと良いとされています。


【水の硬度】
そして、できれば軟水を用いるのが良いようです。(参考:丸久小山園:抹茶の点て方

うちでは、蒸留水器で作った蒸留水を使っています。(蒸留水器について詳しくは「蒸留水器で水道水の放射性物質を除去する」参照)

蒸留水は驚きの硬度0。スーパー軟水なので抹茶も美味しく入ります!


どんなに口の中が甘ったるくなっていても、抹茶を飲めばすっきりさっぱり。その怒濤の爽やかさが好きです。

それに、抹茶って、テーブルに出すとその場の空気がぐっと高級になりますよね。おやつタイムを楽しく演出するのにぴったりのアイテムです。

抹茶と茶筅さえあれば、あとは家庭にある道具でなんとかなる。その、意外な手軽さも魅力です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

抹茶

抹茶を茶こしで漉してから点てる必要はあるのか?~漉さずに点てる実験

抹茶といえば茶こしで漉してからお湯を注いで点てるのが通例ですが、本当に抹茶を漉す必要ってあるのでしょうか? 常々疑問だったので実験してみました。

記事を読む

ハーゲンダッツ ジャポネ

ハーゲンダッツ「ジャポネ」は、抹茶アイスの新境地!

ハーゲンダッツ「ジャポネ」を食べてみました。抹茶パフェを彷彿させる和スイーツの味わいで、抹茶好きの私は気に入りました!

記事を読む

奥歯にえのき茸が挟まらないようにする方法~みじん切りにする

約20年前に治療した奥歯のクラウン(銀歯)が外れたので歯医者で再装着してもらったところ、えのき茸が挟まるようになってしまいました。困りましたが、みじん切りにすることで挟まらなくなることを発見!

記事を読む

ざるそばの薬味のネギを、辛みが無く、口に臭いが残らないものにする方法

美味しいざるそばを食べるために自作そばつゆを作ったのですが、それ以外に薬味のネギにも一工夫。水にさらして水気をしぼることで、蕎麦屋のネギのように、口に臭いが残らず食べやすいものにできます。

記事を読む

モンベル野点セット

登山で抹茶を楽しめる「野点セット」は軽く丈夫な山仕様(モンベル製)

登山メーカーモンベルの会報誌が送られてきて、面白グッズを探していたら「野点(のだて)セット」なるものを発見。山で抹茶を点てようという発想がすごい。

記事を読む

大根葉

大根葉は買わずとも増やせる【大根葉を水耕栽培する方法】

水耕栽培した大根葉が増えすぎたので収穫してゆでました。買ってきた大根の頭を切って水に浸けておくだけで葉が伸びて収穫できるのでお得感があります。

記事を読む

おにぎりを楽に作る方法~ラップの上で具を包み、塩は上から振りかける

おにぎりは作るのが大変という印象があったのですが、楽な方法を編み出しました。一番のポイントは、塩を、手につけてにぎるのではなくおにぎりの上から振りかけてしまうこと。

記事を読む

ちらし寿司を作るとき、寿司飯の底までまんべんなく具を混ぜる方法

ちらし寿司を作るとき、寿司飯に具材をのせて混ぜるのですが、いつもどうしても具が混ざっていない部分が残ってしまっていました。しかしこれを解決する方法を発見! 寿司飯に、容器の底が見えるくらいの穴を空け、そこに具を詰めて混ぜるのです。

記事を読む

マルチカッターVシリーズ

ねぎの小口切りを簡単に作る方法~スライサーを使う

いつもはまな板の上で包丁を使っておこなっていたねぎの小口切りを、なにげなく薄切り用スライサーを使って作ってみたら、これがとても便利!

記事を読む

全粒粉スパゲティ

全粒粉スパゲティを消化不良にならないようゆでる方法~麺を水に「2時間~一晩」浸けておく

健康を考えて全粒粉スパゲティを食べたいのですが、どうも全粒粉スパゲティは消化不良を起こしやすくて困っていました。しかし、試行錯誤のうちに良い方法を発見!

記事を読む

煎茶を飲みたそうにしていた父に煎茶を淹れた

昨日煎茶を飲めずがっかりしていた父のために、今日、淹れてあげました。

記事を読む

うずらの卵

うずらのゆで卵をつるんと剥く方法を試してみた

八宝菜に入れるうずらのゆで卵。殻を剥くのが一苦労なので、ネットで見つけた「つるんと剥く方法」を試してみました。結果、時間短縮に成功!

記事を読む

雑煮に入れる玄米餅は、蒸し器で蒸すと簡単で美味しいできあがり~うっかりゆですぎてお湯に溶けるのを防ぐ

雑煮に入れる玄米餅。ゆでるのは軟らかくなるまで時間がかかり、ゆですぎるとお湯に溶けてしまうので、今年は初めて「蒸し」に挑戦。ちょうど良い歯ごたえの餅に蒸し上がりました!

記事を読む

生ぬか

ぬか漬けに使う「生ぬか」の保存方法~小分けにして冷凍庫【ぬか漬け9】

ぬか床を作って余った「生ぬか」。「足しぬか」として使うときに便利なように、100gずつ小分けにして冷凍保存してみました。これでうまく鮮度が保たれるかな?

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る食のお役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るお茶の話題」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたもの買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細