桜井食品「液体ソース焼そば」をカップ焼きそばと同じ工程で作ってみる~ペヤングのカップ焼きそばを食べる代わりに【北海道産小麦使用】

YouTubeで、ペヤングの「やきそば激辛MAX END」という、とても辛いらしいカップ焼きそばを食べるチャレンジ動画を投稿している人を複数見かけました。

それを見ていたら、なんだかそのやきそば激辛MAX END」が美味しそうに見えてきて、どんな味なのか、私も食べてみたくなりました

しかし……体のことを考えると、どうしても、そんな焼きそば、食べるわけにはいかない

う~ん。でもなんか、カップ焼きそば、食べたいなあ……。

スポンサーリンク

自然派の焼きそばでどうにかする

自然派のメーカーからは、「カップ焼きそば」は販売されていません

出ているのは、インスタント袋麺の焼きそばのみ。

じゃあ、その、自然派インスタント焼きそばで、なんとかカップ焼きそばっぽさを追求してみようかな??

ということで取り寄せたのがこちら!↓

桜井食品 焼そば

桜井食品 液体ソース焼そば!!

桜井食品 焼そば

↑原材料はこちら。麺の小麦粉は北海道産で、かんすい不使用。化学調味料不使用。

規定の調理法…フライパンを使う

桜井食品 焼そば

↑袋の裏に書かれている作り方の手順はこちら。

1.フライパンに湯を沸かして麺をゆでる。

2.水がほぼなくなったら液体ソースを加えて炒め合わせる。

3.皿に移して完成。

上記のようにフライパンを使って作るという方法は自然派焼きそばにおいては定石で、過去二回、自然派焼きそばを作ったとき(創健社の「ソース焼そば」健康フーズの「ソース焼そば」)も、フライパンを用いて調理しました

しかし、市販のカップ焼きそばにおいては、フライパンなんて使いませんよね??

カップ焼きそばは、カップに入った麺にお湯を注ぎ、3分経ったら湯切りして、液体ソースをかけて混ぜる。

この、カップ焼きそばの作り方に似せるために、今回私は、自然派焼きそばをフライパン無しで作ることにしました。

カップ焼きそばっぽく調理

桜井食品 焼そば

↑袋に入っていたのはこちらの「麺・スープ・ふりかけ(青のり+紅ショウガ)」。

麺をゆでる

桜井食品 焼そば

↑まず鍋に湯を沸かし、麺を4分間ゆでます。(カップ焼きそばにおける、「カップに入った麺にお湯を注ぐ」の工程

桜井食品 焼そば

↑ゆでている最中はフタをします。フタの上に液体スープをのせて温めます。

湯切り

桜井食品 焼そば

↑4分経ったらフタを開け……。

桜井食品 焼そば

↑ザルにあけます(カップ焼きそばにおける「湯切り」の工程)。

ソースと混ぜる

桜井食品 焼そば

↑自然派焼きそばの一般的な作り方においてはここでフライパンに移すところを、皿に移します(カップ焼きそばにおいて「カップの中に湯切りした麺がある」状態)。

桜井食品 焼そば

↑液体ソースを回しかけて……。

桜井食品 焼そば

↑全体をよく混ぜます(カップ焼きそばにおける「液体ソースを入れて混ぜる」工程)。

桜井食品 焼そば

↑ふりかけをかけたら完成!

食べてみる

桜井食品 焼そば

↑こうして、必死に「カップ焼きそば感」を演出しながら作った自然派インスタント焼きそば。

果たしてお味は……!

食べてみると……おっ。

色が薄めだから味も薄いのかと思ったら、意外とそんなことない! 濃いめのちょうど良い味! 旨みがあって美味しい! ごま油の香りと、唐辛子のようなピリッとした香辛料が利いている!

この商品のメーカーである「桜井食品」って味付けが上手なんだなと思いました。「桜井食品」の株が私の中で上がりました(笑)。

母も、「美味しい。また食べたい」と喜んで食べていました。

ペヤングの「やきそば激辛MAX END」の代わり……とまではいきませんが、偶然にもちょっとピリ辛系の味だったこともあり、「辛いカップ焼きそばを食べたい欲求」を満たすことができました。

フライパンを使わない利点

こうして、初めてフライパンを使わずに自然派焼きそばを作ってみたわけですが。

最後、皿で麺とソースを和えながら、「この工程をフライパンの上でやるのと皿の上でやるのと、何が違うんだろう……」と、自分があまり意味の無いことをしているような気がして我ながら首をかしげてしまったのですが、一つ、フライパンを使わないことの利点を思いつきました。

それは、麺がこびりつかないこと

自然派焼きそばをフライパンで作るとき、最初に油を引くわけではないので、ソースと炒め合わせるときにけっこうフライパンに麺がくっついてしまうんですよね。

あとでフライパンを洗うときにもそのこびりつきを落とすのがけっこう大変だったりしたことを思い出し、そうだ、あのこびりつきが無いのはフライパンを使わない利点だなと思いました。

それって、けっこう大きなポイントだと思います。

今後、自然派焼きそばを作るときは、このフライパンを使わない方法でやろうと思います!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

夜食は桜井食品の自然派焼きそば

桜井食品の国産小麦使用焼きそば。なかなか美味しくてお気に入り。

記事を読む

創健社「ソース焼そば」は、ふりかけの紅ショウガまで自然派なのがすごい【麺は国産小麦粉100%】

創健社の「ソース焼そば」。動物性原料不使用ですが、薄味でもなく、美味しいです。添付「ふりかけ」の紅ショウガは「梅酢に漬けたもの」だそうで、そのこだわりに感心!

記事を読む

健康フーズ「ソース焼そば」は、野菜を加えて作るとインスタントっぽくない立派な美味しさ

自然食品店で買い物した際におまけでついてきた健康フーズの「ソース焼きそば」を作ってみました。作るのにやや手間はかかりますがインスタントっぽくなくて美味しいです!

記事を読む

桜井食品「野菜らーめん」(ノンフライ)は、塩ラーメン風でジャンクな美味しさ。香味油が効いている。

自然食品系インスタントラーメン試食会その2。今回は桜井食品の「野菜らーめん」を食べてみました。ノンフライ麺が美味しいです。

記事を読む

チーズ入りオムライスを作ってみた~卵とチーズの相乗効果で美味しくなるかと思いきや…

溶けるチーズが中途半端に余っていて使い切りたかったので、チーズ入りオムライスを作ってみることにしました。美味しそうかなと思ったのですが、卵とチーズがお互いの良さを打ち消し合う結果に!

記事を読む

【醤油味】桜井食品「有機らーめん」醤油味は北海道産の有機栽培小麦使用で動物性不使用、その上美味しい

桜井食品の「有機らーめん」。麺(ノンフライ)に道産の有機栽培小麦が使われているということにびっくり。もちもちでした。スープも旨味があり美味しかったです。期待以上のヒットラーメンでした!

記事を読む

【味噌味】桜井食品の有機らーめん「味噌味」は濃厚で、ややジャンクな美味しさを楽しめる

桜井食品の有機らーめん味噌味を食べてみました。液体味噌スープ使用で、味噌の風味もしっかりある、濃厚な美味しさです。ノンフライで、有機で、美味しい、三拍子揃った優良ラーメンです。

記事を読む

創健社の「四川風らーめん」はピリ辛味噌~担々麺風味で美味しい

創健社の自然派インスタント麺「四川風らーめん」を食べてみました。担々麺を思わせるピリ辛味噌味で、今まで食べた自然派麺の中で一番とも言える美味しさでした!

記事を読む

力蕎麦

雑煮の余ったつゆで「力そば」(かけそばに餅を入れたもの)を作ってみた

雑煮の余ったつゆで、力そば(かけそばに餅を入れたもの)を作ってみました。雑煮のつゆはだし汁を本格的にとっているので、かけそばにしたときにとても美味しい!

記事を読む

桜井食品「カップなしでご麺」はスープにコクがあって思わずすすってしまう美味しさ

自然派インスタントラーメンにおいて、美味しさにおいてはイチオシ! 桜井食品の「カップなしでご麺」のご紹介です。

記事を読む

カップ麺を食べたら目がかゆくなって充血した~残留農薬、添加物、酸化油脂のせい?

カップ麺ミニサイズを二日連続で食べたら目がかゆくなりました。

記事を読む

母の夜食は自然派冷やしラーメン(二人前)

歯を磨く前に冷やし中華を食べると言って、二人前もゆでて食べていた母……。

記事を読む

【国産小麦の麺】「どんぶり麺 カレーうどん」は、かつおダシの利いた和風濃厚スープが美味しい【ムソー】

自然派カレーうどんとして、創健社の「植物素材カレーうどん」に引き続きムソーの「どんぶり麺 カレーうどん」を買ってみました。動物性素材が入っていますが、その分濃厚で美味しい。

記事を読む

「ベジ玄米ラーメン塩味」は、スープが旨み抜群。本醸造白たまりの威力【砂糖・動物性原料不使用】

オーサワジャパンの「ベジ玄米ラーメン しお」。あっさりしてそうな見た目なのに、スープの旨みが濃厚で美味しい。味の決め手は「本醸造白たまり」(古式しろしょうゆ)!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るインスタントラーメン」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る麺類」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る健康的な間食」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細