消費しきれない甘夏をジャムにしてみた~美味しいが、煮詰めすぎてガチガチに【甘夏1】

現在、月に二回、市内の自然食品店から野菜の宅配をしてもらっています。

その中身はお任せで、自分で選ぶことはできません。

そうなると、「あんまりうちでは消費しないなあ」というものもたまに入ってくるわけで、それでも大抵のものは頑張って消費するのですが、どうしても手つかずのまま時間が過ぎてしまったものがありました。↓

甘夏ジャム

↑それがこちらの柑橘類。嫌いなわけではないのですが、意外と手がのびない。

スポンサーリンク

1ヶ月経過

「あ~そのうち、食後にでも食べよう」なんて思っているうちに、1ヶ月が経過してしまいました。

最初はキュッと締まって固かった皮も、徐々にシボシボに。

これはそろそろアカン、傷んで食べられなくなる。でも一気には食べられないし……。

ということで、まとめてジャムにしてしまうことにしました!

甘夏マーマレード

参考にしたのはこちらの甘夏マーマレードレシピ。

では早速取りかかろう!

……と、その前に、あまりにも傷んでブヨブヨになっていた甘夏は一個廃棄。もったいないことをしました。もっと早くジャム作りに取りかかっていれば良かった。↓

甘夏ジャム マーマレード

ビンの煮沸消毒

甘夏ジャム マーマレード

↑まず、うちにあったジャムの空き瓶をすべて煮沸消毒します。できあがったジャムはここに詰めます。

皮の下処理

甘夏ジャム マーマレード

↑甘夏一個分の皮を刻みます。合計158g。これがマーマレードの「具」になるわけですね。

(清見みかん、ジューシーオレンジの皮は今回は使わないことにしました。清見みかんの皮は薄すぎ、ジューシーオレンジの皮は厚すぎだったため)。

皮を煮る

甘夏ジャム マーマレード

↑刻んだ皮を圧力鍋に入れ(私が使用しているのはアサヒ軽金属のスーパー活力なべ)、ひたひたになる程度の水を注いだらフタをし、高圧にセットし強火にかけます。元気にシュンシュンと蒸気が吹いたら火から下ろします。

甘夏ジャム マーマレード

↑内圧ピンが下がり、フタを開けたところ。歯茎ですりつぶせるくらいのやわらかさに煮上がっています。

甘夏ジャム マーマレード

↑これを30分水にさらしたら、ザルで水気を切ります。

実の下処理

甘夏ジャム マーマレード

↑実を薄皮からはがしていきます(種も取り除きます)。一房(ひとふさ)、一房の作業になるため、けっこう大変でした。

甘夏ジャム マーマレード

↑傷みかけのぶよぶよな実だったため、実の形はほとんど残らず、ほぼ果汁だけになってしまいました。あとで実をつぶす手間が省けるので、良いといえば良いのですが。

この、実の重さが586g

粗糖の量

「皮の重さ158g」+「実の重さ586g」=744g

レシピではこの重さの65%量の砂糖を入れることになっていましたが、今回、私はもう少し甘さ控えめにしたかったので50%量、「744X0.5=372g」の粗糖を入れることにしました。

(私が今回使ったのは、創健社の古式原糖。)

煮ていく

甘夏ジャム マーマレード

↑それでは! ホーロー鍋(野田琺瑯 NOMAKU キャセロール)に「実+皮」を入れます。綺麗なオレンジ色!!

甘夏ジャム マーマレード

↑そこに粗糖投入。鮮やかなオレンジ色が、一気に茶色に

……う~ん、できればオレンジ色のままが良かったなあ(笑)。でもまあ、仕方ない。

気を取り直して、強火で煮ていきます!↓

甘夏ジャム マーマレード

↑浮いてきたアクは、すくって取り除きます。

止め時(どき)がわからない

……と、ヘラでかき混ぜながらどんどん煮詰めていったのは良かったのですが、どこまで煮詰めて良いのやら、その止め時がわからない

あんまり煮詰めすぎてもいけないだろうし、かといってシャバシャバすぎても……。

と思いながら、10分ほど煮詰めたのがこちら。↓

甘夏ジャム マーマレード

↑普通のカレールウくらいのとろみ。

こんな感じで良いのかなあ?? ちょっと粘度がつきすぎたかなあ??

と頭をひねりながら、熱いうちにビンに移していきますが……。↓

甘夏ジャム マーマレード

↑なんか……固いかも……

固い

甘夏ジャム マーマレード

↑小鉢に少し移して冷ましてみたら、なんだかジャムがガチガチです。

パンに塗れない

……す、すごく固いけど、まあ食べられないことはないだろう。

と、トーストパンにジャムを塗ろうとしますが、塗れない。

甘夏ジャム マーマレード

↑固まりを置くことしかできない。

まあ、でも、置くタイプのジャムと思えば……。

と、開き直って食べてみたら、あら、味は良い

美味しい

びっくりするくらい、「マーマレード」っぽい、あのちょっと苦みのある美味しい味になっていました。

こういう、いわゆるマーマレードって、食べたのがすんごく久しぶりな気がする。

もう少し皮を水に浸ける時間を減らして苦みを増やしたかったな、とか、粗糖の量ももっと減らして良かったな、とか、味の改善点はいくつか感じましたが、基本的に美味しいマーマレードができて感激しました。

しかし……。

一番の問題は味じゃないですよ。固さですよ。

煮詰めすぎた

明らかに煮詰めすぎたようです。どのポイントで火からおろすか、見極めが難しかったです。

鍋の中の様子だけ見れば、こんな感じで良いかと思ったのですが、少し冷めると思った以上に固まりました。

滑らかに塗り広げることが全然できない。飴のようなジャムになってしまいました。

いやあ、これ、うまく消費できるのかなあ……と思いつつも、ビン2つに詰めて、冷蔵庫にしまってあります。

先のとがったスプーンでほじって、なんとか使っていきたいなあと思っています。

(追記:結局、水でのばして粘度をゆるめました。↓)

煮詰めすぎてガチガチになった手作り甘夏マーマレードに水を足して、ゆるめることに成功しました。おかげでパンに塗り広げられるようになりました!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

煮詰めすぎてガチガチの甘夏マーマレードに水を足してのばす~パンに塗れるようになった【甘夏2】

煮詰めすぎてガチガチになった手作り甘夏マーマレードに水を足して、ゆるめることに成功しました。おかげでパンに塗り広げられるようになりました!

記事を読む

甘すぎ「甘夏マーマレード」に甘夏の皮と実を新たに一個分加えて甘さを軽減させることに成功【甘夏3】

手作り甘夏ジャム(マーマレード)の甘みが強いので、新たに甘夏一個分の皮と実を足して甘さを薄めてみました。これが大成功で、美味しいジャムになりました!

記事を読む

賞味期限切れのジャム(未開封)を食べてみたら、全然大丈夫だった

パン屋さんでおまけにもらったパンを食べるのにジャムを塗ろうと思ったのですが、棚から発見されたのは未開封とはいえ二年前に買ったジャム。賞味期限は二週間前に切れていましたが、二週間なら…いける!?

記事を読む

ツナサンドのツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き挑戦~コンビニの味に近づいた【ツナマヨレシピ】

ツナサンドの具に使うツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き、ボウルで5分間、ツナの形がなくなるまで混ぜてみました。すると、コンビニツナサンド風というか、プロっぽい味に!

記事を読む

レタスたっぷりの分厚いサンドイッチを作る~ラップでギューギューにくるんで固定し、包丁で二つに切る

サンドイッチは、具が多いとグラグラして崩れやすくなるためあまり分厚く作れなかったのですが、ラップでギューギュー巻きにしてから切れば、どんな分厚いサンドイッチも簡単綺麗に出来る!

記事を読む

春の陽気に誘われて食パンを焼いた~有機の砂糖不使用いちごジャムをつけて食べたら美味しすぎた

春の陽気に誘われて久々に食パンを焼きました。焼きたてに有機苺ジャムをつけて食べたら美味しくて止まらない!

記事を読む

砂糖不使用有機ジャム

【砂糖不使用】アヴィ・サンフェルムの有機ジャムが美味しい!~特にオレンジジャムがお気に入り

「安全・砂糖不使用・美味しい」という三拍子が揃った、お気に入りのジャムがあります! オレンジ、いちご、ブルーベリー。トーストに塗って食べるととても美味しい!

記事を読む

「酪農家限定バター」を入れて食パンを焼く~甘くて良い香り。トーストに塗っても美味しい

長野県の低温殺菌牛乳と沖縄県産海塩使用の「酪農家限定バター」を入れて食パンを焼いてみました。甘くて良い香りです。トーストに塗っても、サラッと軽くて美味しかった。胸焼けしない!

記事を読む

ホームベーカリーの食パンを12枚切りにする

食パンカットガイドS SCG1を使い、ホームベーカリーで焼いた食パンを12枚切り(サンドイッチ用)にしました。とてもうまくいきましたよ! 写真つきで方法を紹介。

記事を読む

ホームベーカリー

ホームベーカリーのフタを開けるときの緊張感~パンが無事に膨らんでいるか否か

良い材料を使い、何時間もかけて焼き上げても、失敗するときはするのがパン。いつも、ホームベーカリーのフタを開けるときは緊張します。

記事を読む