ホーローのヤカンから直接注ぐお湯でコーヒーハンドドリップに挑戦

うちでは、昔はわりとよく食後にコーヒーを淹れて飲んでいたのですが、ここ数年はもっぱら煎茶有機栽培「さやまかおり」)オンリー。

食後のおやつとして、洋菓子ではなく、せんべいとか焼き芋とかを食べることが多くなったのが大きな理由かなと思います。

しかし、数ヶ月前から、「久しぶりにケーキを焼いて食べたいね」なんて話が出ており。

ケーキといえばコーヒーでしょうということで、ケーキを作るタイミングに合わせて約三年ぶりにコーヒーを淹れることにしました。

スポンサーリンク

コーヒーポット

道具は揃っているので淹れるのは簡単……ではあるのですが、一点、私の心に引っかかっていることがありました。

それは、コーヒーポット

うちにあるのは、カリタのステンレス製ポット。

↑こちら、とても注ぎやすくて良いのですが、問題なのはステンレス製ということ。

蒸留水には金属の臭いが移りやすい

うちでは、2011年から飲料水と料理に使う水に蒸留水を用いているのですが、蒸留水は不純物がなさすぎるせいか、金属の臭いが移りやすいのです。

だから、お茶を淹れるために沸かすお湯を作るヤカンも、ホーロー製のもの(野田琺瑯のアムケトル)に買い替えました(ホーロー容器はガラス質で水に臭い移りしないので)。↓

蒸留水で湯を沸かしたいとき、金属のヤカンを使うと匂い移りが起きてしまいます。そこで、ホーローのやかんを購入。日本製・野田琺瑯のアムケトルです。使いやすくて感激!

コーヒーポットもできればホーロー製だったら良かったんだけれど……。

ホーロー製のコーヒーポットを買う、という選択肢もあるけれど、しょっちゅう使うものではないから、あまりお金はかけたくないし……。

ホーローヤカンでどうにかならないか

多少の金属臭は気にせずステンレス製コーヒーポットを使うとか、蒸留水ではなくて浄水器を通しただけの水(蒸留水よりは臭い移りしにくい)を使うとか、色々考えたのですが、一番心惹かれたのがホーロー製ヤカンでコーヒーを淹れるという方法。

宮崎駿さんがやっていた

というのも、先日、テレビで宮崎駿さんのドキュメンタリー番組を見たのですが、その中で、宮崎駿さんがヤカンのお湯でコーヒーをハンドドリップしていたんですよね。

ヤカンから直接注ぐわけですから、細い水流でゆっくり淹れる……なんてことはできないのですが、手早く楽にコーヒーを淹れるには良さそうな方法に見えました。

……私の頭の中は、宮崎駿さんのコーヒーヤカンハンドドリップ姿でいっぱいになり……(笑)。

一度試してみたい!! ということで、ヤカンハンドドリップに挑戦してみることにしました。

お湯の太さ

ヤカンハンドドリップで心配なのは、出るお湯の太さ

コーヒーポットは、限りなく「一滴一滴」に近い、細いお湯を注ぐことが可能です。↓

ヤカン コーヒー ドリップ

アムケトル 野田琺瑯 レビュー

アムケトル(ホーロー製ヤカン)もだいぶ細くは注げるのですが、本職のコーヒーポットには及ばない。

この差が果たして味にどう出るか……。

と思いながらも、まあ、一度やってみよう! ということで……。

ヤカンハンドドリップ

ヤカン コーヒー ドリップ

↑やってみた! すると、ムムム、「サーバー+ドリッパー」で高さがあるから、そこまでヤカンを持ち上げるのに腕が疲れる! お湯を細く出すのが難しい!

やっぱりちょっと、コーヒーポットのときよりコントロールが色々と効きにくく、せわしない感じ。

けれどなんとか……。↓

ヤカン コーヒー ドリップ

コーヒー抽出完了。

飲んでみると……。

あ、美味しい

コーヒーポットで淹れたときと比べても遜色ない味わいです。

ケーキとともに、美味しく飲むことができました。

総合評価

ヤカンハンドドリップを試してみて、メリット、デメリット、両方あると思いました。

メリットは、
お湯がたっぷり沸かせる。(ヤカン満水時2L。コーヒーポットは1L)
蒸留水に臭い移りしない。
わざわざコーヒーポットを出すのではなく、すでに台所にあるヤカンを使えるから気楽。

デメリットは、
重たい。(ヤカン自体の重さが1kg。コーヒーポットは555g)
お湯を細く出すのに限度がある。

……蒸留水使用時のコーヒーポットとして「ステンレス製コーヒーポット」と「ホーローヤカン」を比べた場合、総合的に考えると、微妙なところではありますが、ホーローヤカンに軍配をあげたいかなと思いました。

コーヒーポットの、「お湯を細ぉ~く出せて小回りのきく感じ」はかなり魅力的なのですが、やっぱり、ホーローヤカンだと蒸留水の味・匂いのクリアさを保てるというのが一番大きいです。

ベストはホーロー製コーヒーポットを買うこと

……まあ、ベストは、ホーロー製のコーヒーポットを買うということなんだろうなあ……。

まあ、今すぐということではないけれど、検討しても良いのかなあと思ったりもします。

とりあえずホーローヤカンで凌(しの)いで、「もうどうにも我慢ならん! お湯をメッチャ細~く出したい!!」となったらホーロー製のコーヒーポット、買ってみるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

アムケトル

ホーローのやかん(野田琺瑯のアムケトル)を買った~軽くて注ぎやすい

蒸留水で湯を沸かしたいとき、金属のヤカンを使うと匂い移りが起きてしまいます。そこで、ホーローのやかんを購入。日本製・野田琺瑯のアムケトルです。使いやすくて感激!

記事を読む

カリタクラシックミル

豆を挽いている途中でコーヒーミルが壊れた

コーヒーを淹れようと豆を挽いている最中に急にミル(カリタクラシックミル)のハンドルが回らなくなりました。そこで登場させたのはカリタのドームミル!

記事を読む

カナエ紙工コーヒーフィルター

美味しくコーヒーが淹れられる無漂白コーヒーフィルターを生協でゲット【カナエ紙工製】

今まで使っていたコーヒーフィルターに代わり、以前試して美味しくコーヒーが淹れられたカナエ紙工株式会社製のコーヒーフィルターを購入してみました。

記事を読む

有田焼磁器ドリッパー

有田焼の磁器ドリッパーでコーヒーが美味しく淹れられる!~ドリッパーの安全性を求めて

熱湯を注いだとき、プラスチック(AS樹脂)製のドリッパーから何かが溶け出ているかもしれないと不安に感じ、磁器ドリッパーを購入しました。とても気に入りました!

記事を読む

ティーポットを新調~V字フィルターで、少ないお湯でもお茶が淹れやすい

二人分淹れるには容量が小さかったティーポットを新調してワンサイズ大きくしました。V字フィルターが優れものでとても使いやすい!

記事を読む

砂糖とミルク入りコーヒー

九年ぶりに、コーヒーに砂糖とパウダーミルクを入れてみる~美味しいが、ハンドドリップしたコーヒーの味と香りがわりと台無し

いつもコーヒーはブラックで飲むのですが、母の要望で砂糖とミルクを入れてみることにしました。こういう風に飲むのは九年ぶりです。

記事を読む

タニタデジタルスケール

デジタルはかりが突然故障。代わりに活躍したのはアナログな台はかり

デジタルはかりが突然故障しました。それでもパン作りはなんとかなったのですが、コーヒー豆のグラムが量れず立ち往生。そのとき登場したのは昔懐かしの台はかり!

記事を読む

玉屋有機アイスコーヒー

有機栽培豆使用の「玉屋有機アイスコーヒー」が美味しい

有機栽培豆使用のアイスコーヒーを初めて買ってみました。手軽に美味しく安全なアイスコーヒーが楽しめて大満足。

記事を読む

ホームベーカリーの食パンを12枚切りにする

食パンカットガイドS SCG1を使い、ホームベーカリーで焼いた食パンを12枚切り(サンドイッチ用)にしました。とてもうまくいきましたよ! 写真つきで方法を紹介。

記事を読む

うちカフェ トーストコーヒー

「うちカフェ」は、「ジャムトースト・コーヒーセット」が150円で楽しめる

我が家の「うちカフェ」で定番メニューの「ジャムトースト・コーヒーセット」の原価を計算してみたら150円でした。やっぱり家で食べるというのはお得です!

記事を読む

珈琲バニラ

ハーゲンダッツ「珈琲バニラ」は、コーヒー部分がもっと苦くても良い

ハーゲンダッツの期間限定商品「珈琲バニラ」を食べてみました。甘めで万民受けする味ですが、個人的にはコーヒー部分をもっと濃く深煎りっぽくしてほしかったかな?

記事を読む

手作りガムシロップ

粗糖で手作りしたガムシロップをアイスコーヒーに入れる【レシピ】

今日もデカフェを飲みました。入れるガムシロップは粗糖で手作りです。まろやかで優しい味。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る生活お役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る調理用具」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るキッチン」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細