米の食味ランキングで「基準米」である「日本晴」を食べてみる~給食の白ご飯のような懐かしい味

有機栽培 山形県 つや姫

↑先日購入した有機栽培米(五分づき)二種(「山形県産のつや姫」と、「滋賀県産の日本晴(にっぽんばれ)」)。

どちらも初挑戦の銘柄で、まず試してみたのは「つや姫」でした。↓

有機栽培の五分づき「つや姫」を買ってみました。「つや姫」を食べるのは初めてだったのですが、もっちもちで、弾力がすごくて、甘くて、美味しかったです。びっくりしました。

この「つや姫」を食べきったので、もう一つの「日本晴」を食べてみることにしました!

スポンサーリンク

つや姫と日本晴

私は元々、米の銘柄や、それがどのくらい美味しいのかなどについてあまり詳しくありません。

つや姫」も、名前をちょっと聞いたことがあるくらいで、どんな評価を得ている米なのかはまったく知らないまま、調べもせずにただ「食べたことがないから」という理由で買いました。

しかしこれがとても美味しかったことから、びっくりしてどんな米なのか調べたところ、なんと「コシヒカリ以上の極良食味(*1)と評され、日本穀物検定協会のランキングで平成26年度産が特A(最高)ランクを獲得するなど、美味しい米として有名な米だったことがわかりました。(参考:*1wikipedia

そ、そ、そうだったんだ! 「つや姫」って、特Aランクの極良食味米だったんだ!!

いや~、そういうことを知らなくても、食べたら美味しいってわかったもの。すごいなあ「つや姫」。

しかしそこでふと気がかりが生じました。

つや姫」が特Aなのはわかった。……じゃあ、「日本晴」は……。

基準米

というわけで「日本晴」について調べたところ、なんとこちら、米のランキングを決める際の基準米として採用されている銘柄なのだとか。

日本晴」と比べたときに、

同等の味であれば「A'」。

良好であれば「A」、特に良好であれば「特A」。

やや劣れば「B」、劣れば「B'」。

という評価がつけられるそうなのです。(参考:wikipedia

つまり、
特A(つや姫)>A>A’(日本晴)

ということになり、日本晴」は、特別に美味しい米というわけではないっぽいと推測できました。

炊いてみる

……これ、食べる順番間違ったかな。「つや姫」を後に食べた方が良かったのかも。でも、有機栽培米なんだし、どんな銘柄であろうが美味しいはず。

などと思いながら炊く作業に移りました。

有機栽培 日本晴

↑米の状態はこちら。炊きあがりは……。↓

有機栽培 日本晴

↑こちら! ……なんとなく、モチモチというよりはサラッとした雰囲気の見た目。

有機栽培 日本晴

↑では早速食べてみよう!

有機栽培 日本晴

↑いただきます!

懐かしい

一口食べてみて、「あっ」と思いました。

これ……このご飯の味、なんだかすごく懐かしい!

給食の白ご飯とか、小学校に上がる前に家で食べていたご飯がまさにこんな味だったことを思い出しました。

いや~、さすが「基準米」だけある。日本の米の原風景だよ! この味は!!

なんでも、「日本晴」は『昭和後期の日本で最も多く栽培された品種』で、『1970年(昭和45年)から1978年(昭和53年)までの間、日本全国の作付面積の第1位を占めたのだそうです。(参考:wikipedia

そうかあ。知らなかった……。

現在は、「つや姫」を始めとして色々と食味に優れた米が登場しているけれど、そこに至るまでには米作りに携わる方たちがかなりの研究努力を重ねたんだなと、この、米の原点とも言える「日本晴」を食べて感じずにはいられませんでした。

幼い時代の味を懐かしみながら食べていきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

【有機栽培米】山形県産「つや姫」がもちもちで甘くて美味しすぎた

有機栽培の五分づき「つや姫」を買ってみました。「つや姫」を食べるのは初めてだったのですが、もっちもちで、弾力がすごくて、甘くて、美味しかったです。びっくりしました。

記事を読む

「卵納豆ご飯」(納豆+ねぎ+醤油+生卵)を20年以上ぶりに食べた~少ない納豆も卵で増量

日本晴という米を初めて食べるとき、ただの納豆ご飯では面白みに欠けるので、20年以上ぶりに「卵納豆ご飯」にすることにしました。スルスルしたのど越しで美味しかったです。

記事を読む

主食は玄米だが、おやつには胚芽米ご飯(炊きたてに醤油をちょっとたらしたのが好き)

日頃の主食は玄米ですが、おやつとして食べるのは胚芽米が好きです。

記事を読む

母が、おやつとして炊いた胚芽米ご飯を食べまくる~最後はかつおぶし、海苔、めんつゆのねこまんま

おやつとして炊いた胚芽米。仕事から帰ってきた母が食べまくって、炊飯器が空っぽになってしまいました。

記事を読む

夜食に納豆ご飯とわかめの味噌汁

夜食に「納豆ご飯+わかめの味噌汁」を食べました。納豆ご飯のご飯には「胚芽米」を使用。玄米と違い、白米はフワフワで顎が楽ですね。

記事を読む

ごぼう汁の主食に玄米ではなく「胚芽米ご飯」を試してみたら合わなかった

野菜を炒めてからどろどろに煮込んだ濃~い汁物「ごぼう汁」には、白米よりも玄米ご飯の方が合うことがわかりました。

記事を読む

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

ちらし寿司を作るとき、寿司飯の底までまんべんなく具を混ぜる方法

ちらし寿司を作るとき、寿司飯に具材をのせて混ぜるのですが、いつもどうしても具が混ざっていない部分が残ってしまっていました。しかしこれを解決する方法を発見! 寿司飯に、容器の底が見えるくらいの穴を空け、そこに具を詰めて混ぜるのです。

記事を読む

母の夜食に「梅干しおにぎり」を作る【胚芽米】

疲れてソファーで横になっていた母が梅干しおにぎりを食べたがったので作りました。

記事を読む

オーサワのベジきのこカレーをおやつに食べる~サラッとピリ辛で美味しい

自然派、オーサワのべじきのこカレーをおやつに食べました。サラッとしていてピリ辛で美味しいです。

記事を読む

納豆巻きの納豆量~納豆が多ければ良いというものでもない

納豆巻きの納豆は多い方が美味しいのかと思っていたのですが、多すぎると寿司飯の存在感がなくなって「納豆巻き」ではなくただの「納豆」になることがわかりました。

記事を読む

今日のおやつは「かんぴょう椎茸太巻き」(レシピ)

今日は母がおやつに「かんぴょう椎茸太巻き」を作ってくれました。レシピへのリンクあり。美味しいです!

記事を読む

おはぎを食べ飽きない理由3つ

おはぎをここ一ヶ月で作りまくっているのですが、なぜこんなに飽きないのか、理由を三つ考えてみました。

記事を読む

クロマグロの禁輸案否決に思う~日本人はそんなにマグロを食べているのか実感がない

クロマグロの禁輸案が否決され、ホッとしましたが、そもそも日本人はそんなに言われるほどマグロを食べ過ぎているのでしょうか? 私自身があまり食べないので、ピンとこないんですよね。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細