【有機栽培米】山形県産「つや姫」がもちもちで甘くて美味しすぎた

うちでは普段、主食として玄米を食べていますが、たまにちらし寿司などを作るときは食べやすさを優先して分つき米を使っています。

その「分つき米」。いつもは市内の自然食品店で買っているのですが、うちに買い置きがなくなり、冬道ということもあり車で買いに行くのも大変だということで、今回、ネット注文することにしました。

スポンサーリンク

五分づき

有機栽培 山形県 つや姫

↑ここ数年、気に入って利用しているお米屋さん「京の米職人」で、玄米(滋賀県産コシヒカリ)と一緒に五分づき米二品種を注文。

京の米職人では、購入時、玄米~白米まで五段階の中から精米度合いを選ぶことができます。)

つや姫と日本晴

有機栽培 山形県 つや姫

↑買ってみたのは「山形県産のつや姫」と、「滋賀県産の日本晴」(各2kg)。食べたことのない銘柄に挑戦してみたくてこのチョイスになりました。どちらも有機JAS認定品。

家族全員この米に興味津々で、ちらし寿司など味付けご飯として食べる前にまずはこの米の味を知りたいということで、今日の夕飯の主食を玄米ではなく五分づき米にすることにしました。

つや姫

まずはつや姫から食べてみることに。米2合を炊飯器の内釜に入れます。↓

有機栽培 山形県 つや姫

↑さすが五分づき、胚芽が残っています。

有機栽培 山形県 つや姫

↑チャックつきの米袋で、米を取り出したあとの保管もしやすい。

米を研いで水を入れ、スイッチオン(玄米と違って浸水が必要ないのが楽です)。

炊き上がり

有機栽培 山形県 つや姫

↑炊けた!

有機栽培 山形県 つや姫

↑ふっくら美味しそうです!

美味しい

有機栽培 山形県 つや姫

↑まず、このご飯だけでいただきます。

わくわくしながら食べてみると……。あっ!

すごい弾力! もちもち! そして甘ーい!

すごく美味しい米です。「つや姫」って、その名前だけは知っていたのですが、美味しいんですね! 今まで食べた米の中で一番美味しいかもしれない。

五分づきではありますが、いつも玄米を食べている身としてはもうほとんど白米に近い感じで食べられます。

納豆ご飯

有機栽培 山形県 つや姫

↑そして次は! 納豆をのせて!!

有機栽培 山形県 つや姫

食す!!

もぐもぐ……。うお~、この、つや姫のもっちもち感&甘さが、トロトロの納豆にベストマッチ!!

……食が進みすぎました。

完食

というわけで、炊いた2合は皆であっという間に完食

つや姫、美味しかったです。冷めてももちもちでした。でもこんな食べ方をしていると買った2kgがすぐなくなってしまうので、これからはもっと大事に食べようと思います。

つや姫がなくなったら、日本晴を試してみます。そっちも楽しみだな。(追記:後日、「日本晴」を食べてみました!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

米の食味ランキングで「基準米」である「日本晴」を食べてみる~給食の白ご飯のような懐かしい味

今まで食べたことがないという理由で買ってみた「日本晴」という米。調べたところ、米の食味ランキングで基準米として採用されているのだとか。昔食べたご飯に似た、懐かしい味わいでした。

記事を読む

ちらし寿司を作るとき、寿司飯の底までまんべんなく具を混ぜる方法

ちらし寿司を作るとき、寿司飯に具材をのせて混ぜるのですが、いつもどうしても具が混ざっていない部分が残ってしまっていました。しかしこれを解決する方法を発見! 寿司飯に、容器の底が見えるくらいの穴を空け、そこに具を詰めて混ぜるのです。

記事を読む

食べられる玄米ご飯の量が減ってきた。少食化?

今まで食べていた玄米ご飯の量だと多すぎるようになってきました。当初(2007年)は一食につき230g食べていたのですが、徐々に減って、今は100gです。

記事を読む

玄米いかごはんをお取り寄せ!~味が濃すぎずイカがみずみずしく食べやすい【有機栽培玄米・有機醤油使用】

いかめしの玄米バージョン、「玄米いかごはん」を通販で取り寄せて食べてみました。国産有機玄米、有機醤油使用で無添加の自然派です。食べやすく美味しかった!

記事を読む

有機栽培玄米

備蓄用に、真空パックの有機栽培玄米を20kgまとめ買い

2011年に購入した備蓄用玄米30㎏がなくなりそうなので、新たに20㎏まとめ買いしました。真空パックは長持ちするので備蓄用にぴったりです。

記事を読む

餅つき機で手作りした玄米餅の、あんこ、きなこ、抹茶のせ

餅つき機を使って玄米餅を作り、あんこときなこと抹茶をかけて食べました。

記事を読む

玄米に混ぜて炊く黒米を追加注文

玄米に混ぜて炊いている黒米がなくなったので追加注文。

記事を読む

「がん患者は玄米を食べなさい」に載っていた「乾煎り玄米」実践続行【レシピあり】

「がん患者は玄米を食べなさい」という本に掲載されていた「乾煎り玄米」を実践しています。

記事を読む

主食は玄米だが、おやつには胚芽米ご飯(炊きたてに醤油をちょっとたらしたのが好き)

日頃の主食は玄米ですが、おやつとして食べるのは胚芽米が好きです。

記事を読む

父の白米が炊くのに足りない~浸水無しで炊ける「活性発芽玄米」を混ぜてカサ増しして炊く

父が食べる白米の在庫が少なくなっていたので、浸水無しで炊ける「活性発芽玄米」とミックスしてカサ増しして炊きました。

記事を読む

母が、おやつとして炊いた胚芽米ご飯を食べまくる~最後はかつおぶし、海苔、めんつゆのねこまんま

おやつとして炊いた胚芽米。仕事から帰ってきた母が食べまくって、炊飯器が空っぽになってしまいました。

記事を読む

「卵納豆ご飯」(納豆+ねぎ+醤油+生卵)を20年以上ぶりに食べた~少ない納豆も卵で増量

日本晴という米を初めて食べるとき、ただの納豆ご飯では面白みに欠けるので、20年以上ぶりに「卵納豆ご飯」にすることにしました。スルスルしたのど越しで美味しかったです。

記事を読む

夜食に納豆ご飯とわかめの味噌汁

夜食に「納豆ご飯+わかめの味噌汁」を食べました。納豆ご飯のご飯には「胚芽米」を使用。玄米と違い、白米はフワフワで顎が楽ですね。

記事を読む

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細