煎茶のカフェインを弱める「さっと出し」をすると、飲んでも眠れる

JAS認定・有機栽培茶『緑風の舞』

↑今年の1月に初めて注文して、それ以後ずっと売り切れになっていて買えなかった有機栽培煎茶緑風の舞が、5月の新茶の時期になって販売再開となっていたので早速注文しました!

煎茶は、飲む時間帯や量を間違うと眠れなくなりますが、おはぎなどあんこ系にはとても合うので、やっぱり常備しておきたいアイテムです。

スポンサーリンク

さっと出し

ちなみに、今までさんざん煎茶のカフェインで眠れず困った体験を積んでいましたが、最近、煎茶のカフェイン効力を弱めるために実行しているのが「さっと出し」という入れ方。

茶葉を入れた急須に熱湯を注ぎ、ものの10秒もしないうちにさっと湯飲みに出してしまうのです。

「さっと出し」の煎茶は、色と香りはありますが、苦みや渋みはほとんどありません。これだと、飲んでもわりと眠れることを発見したんですよね!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

煎茶のカフェインで黒船来航(眠れない!)

おはぎと一緒に煎茶を三杯飲んだら見事に眠れなくなりました。

記事を読む

煎茶のカフェインで眠れなくなるリベンジ~早い時間に飲めば眠れるか?

午後九時過ぎに煎茶を三杯飲んだとき、煎茶カフェインで眠れなくなりました。そのリベンジとして、昨日は午後七時に一杯だけ飲むということを試してみたのですが……。

記事を読む

有機デカフェでアイスコーヒーを淹れる。カフェイン抜きでも美味しいものだね!

デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)初体験。すっごく美味しいじゃないですか! これならもうずっとデカフェで。眠りたいので。

記事を読む

デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)はホットでも美味しい~味も良く、眠れるし、デカフェっていいね

初めてデカフェをホットで飲んでみましたが、美味しいですね~。

記事を読む

有機栽培の高級煎茶「緑風の舞」は二煎目もたっぷり美味しい

私がいつもお茶を購入している「岩倉製茶」さんで売られている中でも最も高級な「緑風の舞」を初注文してみました。二煎目までたっぷり美味しい!

記事を読む

煎茶を飲みたそうにしていた父に煎茶を淹れた

昨日煎茶を飲めずがっかりしていた父のために、今日、淹れてあげました。

記事を読む

有機煎茶「緑風の舞」とおはぎで新茶パーティー

先日注文した有機栽培煎茶「緑風の舞」が届いたので、手作りおはぎとともに新茶パーティーを開きました。

記事を読む

おやつに手作りおはぎを食べる

おはぎを手作りしました。あんこを甘さ控えめにしすぎて豆の味しかしなくなってしまった前回の経験を生かし、今回は小豆300gに対し粗糖200gにしました。

記事を読む

【有機JAS】緑茶「さやまかおり」は濃厚な苦みと渋みで口の中がさっぱりするのがいい。コスパも良くお気に入り。【静岡県産】

毎日、夕食後に煎茶を飲むのが楽しみなのですが、そのときの定番茶葉が有機の「さやまかおり」。苦み、渋みが強い濃厚な風味で、口の中がさっぱりします。

記事を読む

「有機熟成三年番茶」はティーバッグだけど味は鍋で煮出したのと同じ本格派。香ばしくて美味しい【低カフェイン】【オーサワジャパン】

三年番茶は低カフェインで体に優しいためよく飲むのですが、いつも鍋で煮出すのが面倒でした。ガラスポットに移す際にこぼしたり。けれどティーバッグの三年番茶を見つけてそういう面倒が解決! 味も良い!

記事を読む

深蒸し茶

「深蒸し茶」(有機栽培)が健康に良いと聞いて注文~美味しく淹れる試行錯誤

ためしてガッテンで深蒸し茶の効能について取り上げられていたので、流行に乗って私も注文してみました。有機栽培のものです。旨味があって美味しいです。

記事を読む

緑茶もたまにはいいね

冬に入ってからはもっぱら番茶を飲んでいたのですが、今日は久しぶりに緑茶を飲んでみましたよ! 

記事を読む

お茶を茶葉ごと飲んだら体調が良くなったという話を聞いて試してみた結果

お茶を茶葉ごと飲むようになって体調が良くなったという話題をネットで見かけ、私も試してみました。しかし、ちょっと飲みにくい(笑)。

記事を読む

セレック (CELEC) ティーポットを新調~V字フィルターで、少ないお湯でもお茶が淹れやすい

二人分淹れるには容量が小さかったティーポットを新調してワンサイズ大きくしました。V字フィルターが優れものでとても使いやすい!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るお茶の話題」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る健康的工夫」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細