「柔訳 釈尊の言葉」(単行本)に「津軽刺しこぎん」(麻布)のしおりを挟む

柔訳 釈尊の言葉

↑「柔訳釈尊の言葉」という本を購入しました。

谷川太一さんの著作を買うのは「柔訳老子の言葉」以来、二冊目です。

スポンサーリンク

ヒモのしおりが無い

読んでいくうちに、「あ~、この言葉良い。あとでもう一度読み返したいわ……」という部分が出てきて、単行本によく付属しているヒモのしおりを挟もうと私は背表紙を探りました。

すると……。

あれっ。この本には、ヒモのしおりがついていない!

しおりがないんだ。じゃあ代わりに何か、適当な紙切れでも……。

と思ったのですが、この本に限ってはもっときちんとしたしおりを挟みたい!

でもうちに良いしおりなんてあったかな……。しおりなんて普段全然使わないからな……。

と考えを巡らせていると、一つ、「あっ」と思い出したものがありました。

そうそう、確か……。二階に駆け上がり、本棚に置いた小物入れの一番下の引き出しを開けます。すると……。

「刺しこぎん」のしおり

こぎん刺し 刺しこぎん しおり

あったー!!

こぎん刺し 刺しこぎん しおり

津軽 刺しこぎんのしおり。

こぎん刺し 刺しこぎん しおり

↑「刺しこぎん」とは、「麻布に白い木綿糸」で刺繍する「青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつ」。(引用:wikipedia

中学校の修学旅行で青森に行った際、このしおりが生徒全員に配られたのです。

立派なしおりなのでとっておきましたが、一度も使うことなく今まできました。使う機会訪れるのかどうかも不明でしたが、そのときは来た!!

こぎん刺し 刺しこぎん しおり

↑布のしおりってクタッとしないのかなと思いましたが、これは麻布なのでハリがあって、しおりにしたときも良い感じ。

こぎん刺し 刺しこぎん しおり

↑表紙の白としおりの赤の対比が鮮やか。高級感があって良い!

このしおりは、「柔訳釈尊の言葉」に挟まれるために、今の今までずっと引き出しの中で待機していたんだなあ……。と思うと、感慨深かったです!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

パジャマ

ケチになりすぎるとかえって損をする~パジャマ購入を迷ったときに思い出した老子の言葉

パジャマを二着買う予定が、もう一着気に入ったものがあったので合計三着買うことにしました。けれど最後に決めた一着は高価なので、やっぱりキャンセルしようかと迷った結果……。

記事を読む

蘇民将来子孫家門 しめ飾り

【正月2014】伊勢のしめ飾りを取り寄せて玄関にかける(蘇民将来子孫家門)

正月のしめ飾りが玄関からなくなったことが寂しく、一年中しめ飾りを掛け続けるという伊勢志摩の風習を取り入れることに。

記事を読む

【正月2016】蘇民将来のしめ縄、今回は初めての大寸で青物(シダ類の葉)つき

9月末に注文してあった蘇民将来のしめ縄が、指定日の今日届きました。今までは中寸でしたが、今回は初めての大寸です。1.5倍ほどの大きさになり、青物もついて立派!

記事を読む

富貴堂 絵はがき

絵はがきの図柄が虫でちょっと怖い~小さな男の子になら喜ばれるかな

書店で雑誌を買った際、おまけに絵はがきがついてきました。旭川市在住の有名な絵本作家(あべ弘士)さんのイラストだったのですが、その図柄が虫だったので……。

記事を読む

ビスコ

グリコの「ビスコ」箱裏「ハッピービスコ」コーナーの励ましメッセージに癒される

個人的に懐かしのグリコ「ビスコ」を買ったら、箱の裏に応援メッセージコーナーがありました。その励ましの言葉がシンプルでいて普遍的でなかなか気に入りました。

記事を読む

蟹刺し

毛蟹ギフトの蟹刺しを頼もうと思ったら、刺身状態ではなく生きたまま送られてくると知った

母が蟹の刺身が食べたいと言います。ちょうどスーパーに毛蟹ギフトのチラシがあったので蟹刺しを頼もうと思ったのですが、よく確認したら商品は刺身じゃなく生きた蟹でした。

記事を読む

ひのしずく くまモン

熊本県産の苺「ひのしずく」にくまモン

母が仕事帰りに買ってきてくれた苺。そこに、くまモン発見! クマのキャラ=くまモン=熊本県産とわかる、自分の中におけるくまモン知名度の高さにびっくり。

記事を読む

父が「有機JASマーク」を「ピーナツマーク」と言う~確かにピーナツに似ているが…

最近自然派のものに目覚め始めた父がいう「ピーナツマーク」とは……。

記事を読む

否定的な言葉はやわらかな言い回しに変える。心が暗くなるような情報は遮断する。

心の健康道コラム「否定的な言葉はやわらかな言い回しに変える」「心が暗くなるような情報は遮断する」更新情報です。

記事を読む

「めくるめく」を漢字で書くと「目眩く」~目眩(めまい)という字を当てることに驚いた

「めくるめく」という言葉を漢字で書くと「目眩く」となるのを初めて知りました。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る本・雑誌」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細