ネットで見つけたわらび餅の原材料が色々と面白い~糖類のオンパレード

今年五月の伊勢旅行で、おかげ横丁の五十鈴茶屋に立ち寄ってわらび餅と抹茶のセットをいただきました。↓

過去二回の伊勢旅行では節約精神で来訪を断念していた「五十鈴茶屋」に、満を持しての初訪問です! 抹茶とわらび餅のセットをいただきました。とても美味しかったしくつろげました!

↑これが、とても美味しかったんですよね。

あのときのわらび餅の美味しさを思い出すと、「また食べたいなあ」と思います。

けれど、わらび餅を買おうにも、近くに本格的な和菓子屋さんがなくて手に入りません。

そこで、インターネットでのお取り寄せを検討して、色々見回っていました。

スポンサーリンク

無添加

なるべく無添加のものが良いなあと思って探していて、目に留まったのがこちら。↓

わらび餅 原材料
(画像出典:富久屋 わらび餅)

↑原材料を見ても、変な添加物が入っていません。評判もなかなか良いし、これ、候補だなあ~。

糖類オンパレード

と思っていたのですが、よくよく見ると、このわらび餅、色んな種類の砂糖が入っているんですよね。

わらび餅 原材料
(画像出典:富久屋 わらび餅 画像内傍線は筆者)

砂糖、黒砂糖、砂糖、ブドウ糖って、糖のオンパレードや~という感じ(笑)。それぞれの味の違いにこだわりがあるのかな?

……と、ここでふと、おかしな点を発見。なぜか、「砂糖」が二回登場している。

わらび餅 原材料
(画像出典:富久屋 わらび餅 画像内円と矢印は筆者)

どれだけ砂糖を入れるねん!(笑)

もしかしたら、この、一つめの「砂糖」と、二つめの「砂糖」には何か違いがあるのかもしれませんが……。

……でも、まあ、添加物は入っていないし、美味しそうなことは確かです。他ももう少し探してみながらも、このわらび餅は候補に入れておこうと思いました。

追記:原材料変更

2017年11月追記:2015年の時点では上記のような原材料になっていた「富久屋のわらび餅」ですが、今日確認したところ、原材料が変更されていました。↓

砂糖・本蕨・タピオカ粉・澱粉・黒砂糖・ブドウ糖・きな粉(大豆)

↑現在はこんな感じ。「タピオカ粉」が加わり、「食塩」が抜けたのが大きな違いですね。

糖類は相変わらず様々に配合されているようですが、「砂糖」が二回表記されている点については直されました。

進化を続けるわらび餅! レビューも良いし、いつか……試してみたいなあ。

追記2:楽天市場での販売終了

2019年4月追記:今日チェックしたところ、上記のわらび餅、楽天市場では販売が終了になってしまっていました……。

しかし!! 上記のわらび餅に代わるような、無添加のわらび餅を発見!

原材料はこちら。↓

本蕨粉、砂糖、きな粉(国産大豆)、和三盆糖

美味しそうなのでいつか食べてみたい……。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

松柏堂の「あべ川餅」~歯ごたえしっかり、きなこを追加でまぶして食べると美味【安倍川餅2】

静岡に住む親戚から以前安倍川餅を送ってもらって美味しかったので、別の店から新たに取り寄せてみました。小豆、餅米、きな粉、すべて国産。たっぷりの量でお腹いっぱいです。

記事を読む

桜餅 食紅

桜餅に合成着色料(食紅)で色をつけるくらいなら白いままにしてほしい

新聞に載っていた地元の餅屋。桜餅に道産のもち米と小豆を使用、保存料無添加。そこまでは良いのになぜか食紅でドピンクに色づけされていて惜しすぎる!

記事を読む

熊野本宮釜餅

熊野本宮「釜餅」は、あんこが抜群の美味しさ!

熊野本宮「釜餅」という、つぶあんをもち米の薄い衣で包んだ餅を取り寄せました。手作りで丁寧に作られた、とても美味しい餅でした! あんこが甘すぎず美味しい!

記事を読む

梅ヶ枝餅 よもぎ

梅ヶ枝餅にはまりすぎてついに50個入り注文~よもぎ梅ヶ枝餅を初めて食べる

昨年の12月に初めて食べて以来、はまって、毎日のおやつにしている太宰府名物梅ヶ枝餅。30個入りがなくなって、ついに50個入りを買ってしまいました。よもぎ初体験!

記事を読む

醤油 せんべい

国産米使用、化学調味料無添加、喜八堂の「醤油せんべい」が、探し求めていた美味しさ。

せんべい好きの母のために、国産米使用のせんべいを買いました。旨みには、化学調味料ではなく、昆布や鰹など本物のダシが使われています。バリバリ旨い!

記事を読む

やまだいち安倍川もち

静岡銘菓・やまだいちの「安倍川もち」が無添加・国産原料・甘さ控えめで美味しい【安倍川餅1】

静岡に住む叔母が静岡駅限定バージョンの「安倍川もち」を送ってきてくれました。甘すぎず美味しかったです! 無添加で、もち米、大豆、小豆は国産原料使用なところも良い!

記事を読む

【大福】冷凍あん餅を取り寄せ~自然解凍でふわふわ。甘さ控えめ粒あんが美味【無添加】【佐賀県産もち米】

佐賀県産もち米100%使用の冷凍大福を取り寄せました。小豆は北海道産。自然解凍でふんわりシコシコ! 甘さ控えめ粒あんが美味しい!

記事を読む

冷凍庫に長く入れすぎて乾燥しすぎた「冷凍あん餅」(大福)を軟らかく戻す方法~ゆでたら、つきたてのあん餅のように美味しくなる

大事に食べてきた「冷凍あん餅」(大福)が、大事にしすぎて賞味期限を半年過ぎ、冷凍庫の中で乾燥しすぎてしまいました。解凍してもカサカサで固い。どうにか軟らかく戻そうとゆでてみたらこれが大成功!

記事を読む

よもぎをもち米だんごに混ぜた「グリーンおはぎ」を作った

父の誕生日に、よもぎ入りのおはぎを作りました。よもぎ大福のような香りを楽しめました。

記事を読む

梅が枝餅

福岡の太宰府名物「梅が枝餅」を取り寄せる~美味しい上に無添加で国産原料使用

サイト開設6周年記念祝いのために福岡から取り寄せた「梅が枝餅」(焼いた大福)。美味しいのはもちろん、その原材料も素晴らしい! リピート決定!

記事を読む

あんこ減らしてすけすけおはぎ~もち米だんごの全体にうっすらとあんこを塗るとちょうど良い甘さ

あんこが多すぎるおはぎは甘すぎて、少なすぎても味気ない。そこで行き着いたのが「すけすけおはぎ」。

記事を読む

とんかつ定食

【サイト開設6周年記念】「とんかつ定食」に野菜をたっぷり添えて

マクロビオティック羅針盤は2014年12月5日で開設6周年を迎えました! その記念に、夕食はとんかつ定食、食後に福岡から取り寄せた梅が枝餅を食べました。

記事を読む

苺大福ならぬ「苺おはぎ」を作ってみた~和風ケーキっぽい風味

苺大福を作りたいというところから、紆余曲折あって「苺おはぎ」作成に至りました。苺がさっぱり感をもたらすので、あんこは甘めが良さそうです。

記事を読む

翁屋のあんこ菓子「菓音」(カノン)~小豆たっぷり粒あんで餅と栗を包む【北海道産の有機栽培小豆】

お気に入り和菓子「六花の精」を注文しているお店で、初めて別の和菓子を買ってみました。「菓音」(カノン)は、和菓子でここまで甘さ控えめで良いのかというくらい薄い甘さのあんこが美味しい。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るおもしろ」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設11周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細