【大相撲】鰤の里(ぶりのさと)という四股名の力士がいて驚いた

日本相撲協会公式ツイッターで紹介されていた千賀ノ浦(ちがのうら)部屋のツイート。↓

「勝ち越しを決め場所を後にする舛ノ山と」……ふむふむ。

「付け人の鰤の里

……ん?

「鰤の里」? ……ぶ、ブリのさと??

ブリって、あの、ブリ? 魚の? 「鰤の里」が四股名なの? ええ~~??

と思って「鰤の里」について調べてみたところ、ありました!

2010年4月27日の日刊スポーツによると、この「鰤の里」、石川県七尾市出身で、それまでは「能登ノ波」(のとのなみ)という四股名だったのを、父親が「寒ぶり漁」をしていることから「地元の人に親しんでもらえるように」と「鰤の里」に改名したそうです。

確かに北陸の鰤(ブリ)は有名ですよね。鰤の里……インパクト大です。

陰ながら応援

現在31歳。今場所の番付は西三段目70枚目とのことで、取組がテレビ放送されないこともありその名を知りませんでしたが、こうして今回ひょんなことで知れて良かったです。

(番付は、上位から順に
・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭
・十両
・幕下
三段目(←鰤の里)
・序二段
・序ノ口
で、テレビ放送があるのは三段目の35枚目あたりから。)

↑今場所は勝ち越したとのこと。

遠藤と同じ、石川県出身の力士。陰ながら応援したいなと思いました。

頑張れ鰤の里!

追記:2017年の鰤の里

2017年追記:上記記事を書いてから二年。

現在34歳になっている鰤の里は一体今どうしているのか? 現役で力士を続けているのか?

……と気になって久々に千賀ノ浦部屋のツイッターをチェックしてみたところ……。↓

↑おっ! 鰤乃里発見!(2017年一月場所から「鰤乃里」に改名したそうです。「の」を「乃」にした。)

現在は東序二段60枚目で頑張っているそうで、現役でいてくれたことにホッとしました。

ニコニコ笑顔で元気そう。

これからも、納得のいくまで相撲道を突き詰めていってほしいです!

  • 運営者ブログ新着記事