【大相撲】番付表の実物を初めて見た~新発見色々

シェアする

母の定年退職祝いにいただいた絵番付額。↓

国産桧絵番付額

この絵番付額には、実はちょっとした仕掛けがありまして……

国産桧絵番付額

↑額をひっくり返し、裏板を外すと……。

番付表

↑なんと!! 番付表が入っているのです!!

初・番付表

↑番付表といえば、昇進した力士が会見を開く際に持っているのを見たことがあるくらいで、実物を目の当たりにするのは初めて。

番付表

↑じっくり見ると、「へえ~」と思う発見がありました。

四股名がフルネーム

まず、力士の四股名。「遠藤」であればただ「遠藤」と書かれているのかと思ったのですが、フルネームで「遠藤聖大」と書かれています。

『かつては「姓+名」までが四股名だった』(*1)とのことで、歴史ある書き方なんですね。「姓」だけよりも、より個性がはっきり出て良いなと思いました。(引用:*1wikipedia 四股名

前頭より下でも前頭

番付表

↑また、「前頭」(まえがしら)より下位の力士でも「十両」「幕下」などではなくすべて「前頭」と冠されているのも発見でした。

(ただ、十両より下になると、「以下同じ」を意味する「同」という表記になってはいる。)

『相撲の番付』によると、『本来、「前頭」は、番付に載っている力士全て』を指したのだそうで、現代の番付表にもその伝統が生きているのですね。

行事さん手書き

この番付表、パソコンでこのようなフォントがあるのかと思うくらい字が整っているのですが、行司さんが筆で書いているのだそうです。

こんなに小さな文字を書くのは大変だろうと思ったら、元書きには番付表の四倍の大きさのケント紙を使っている(*2)そうで、なるほど納得。(参考:*2與之吉FAQ

下位の力士は本当に字が細く小さくて、肉眼で読むのが大変なのですが、どんなに小さな字でも番付表に載るのは力士にとっては嬉しく、励みになるのだろうなと思いました。

相撲は、番付表というアイテム一つにも歴史がにじんでいて、奥が深いです。

どんなに時代が流れても、このような相撲の伝統が生き続けてくれたら良いなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする