【大相撲】力士の廻しがほどけたとき、行司の所作が格好いい【髙安VS千代大龍】

シェアする

今日、取組中に力士の廻しがほどけるハプニングがありました。

廻し待った

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑土俵上には、最近けっこう頑張っている髙安(たかやす)と、土俵にまく塩が少ない千代大龍(ちよたいりゅう)、そして、行司の木村玉治郎(きむらたまじろう)。

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑取り組み開始! 髙安千代大龍の廻しを上からつかむ!

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑と、千代大龍の廻しがほどけた!!

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑ここですかさず飛び出してきたのが行司の木村玉治郎。両力士の体に手を添えて「待った」をかけます。「廻し待った」(まわしまった)です。

軍配を口にくわえ

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(画像出典:2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑動きの止まった力士の傍らで、軍配のヒモを口にくわえる木村玉治郎。

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(画像出典:2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑そして、手慣れた様子で千代大龍の廻しをキュッキュッと締め直してあげます。まるで、ずり下がった我が子のズボンを直してあげるお母さんのように……。

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

(2014年9月19日放送 NHK総合1 大相撲秋場所六日目)

↑両力士の体をポンと叩いたら取り組み再開の合図。

行司というものは、どんな事態にも対処できるよう訓練されているのだとは思いますが、それにしてもとっさにこんな動きがとれるとは格好良いです。

特に、軍配を地面に置いたりするのではなく、ヒモをくわえて背中に放るあたりが、粋(いき)だねえ~

木村玉治郎さんの私服

そんな、木村玉治郎さんの私服姿が、今日のツイッターに掲載されていました。↓

↑取り組みを終えて帰る力士が和服(浴衣姿)であるように、行司さんにも、「直垂と烏帽子」とまではいかなくてもできる限り和服でいてほしいのですが……難しいのかな?

私が初めて顔と名前を一致させて覚えた行司、木村玉治郎さん。これからも、土俵上での粋な行司姿を楽しみにしています!

廻し待った 千代大龍 高安 木村玉治郎

↑ちなみに、今日の「廻し待った」後に再開された取り組みは、髙安の勝利で終わりました。やはり廻しがほどけたことによって、千代大龍に少なからず動揺があったのかな……?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする