【大相撲】遠藤が土俵の下で無心に二の腕を掻く姿がちょっと可愛い【2014.7名古屋場所】

シェアする

2014年7月場所7日目。

遠藤はここまで二勝四敗と黒星が先行していて、少しでも白星を重ねたいところ!!

今日は宝富士戦でした。

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑立ち合いから突っ張る突っ張る!

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑突っ張る!

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑しかし、廻しをつかもうとしてつかめず、バランスを崩しよろめく!

(このシーン、隣で一緒に見ていた母が「アーーッ!!」と大声をあげていました。)

持ち直す

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑けれど瞬時に持ち直した遠藤、宝富士をどんどん押し込んでいきます。

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑そのまま土俵の外まで相手を押し切り、遠藤の勝利(決まり手は「寄り切り」)! 勝ち名乗りを受け、懸賞を受け取り、土俵を降りる遠藤。

今の取り組みが何度かスローモーションで流れ、解説が入ります。

二の腕を掻く

遠藤対宝富士

(画像出典:2014年7月19日放送 NHK 大相撲名古屋場所七日目)

↑そして次にカメラが遠藤を映したとき、遠藤は、おもむろに左の二の腕をポリポリと掻き始めたのです。

口をちょっと開いた無防備な表情で、無心に二の腕を掻き続ける遠藤。よっぽど腕がかゆかったのでしょうか

取り組みそのものよりも、この、ぽちょんとした表情で腕を掻く遠藤の姿の方が印象に残りました(笑)。遠藤って、たまに、このようにこちらが予期せぬ姿を見せてくれることがあるので、目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする